ひろIZM

5thシーズン

2018/05/15

フッ素コーティング

貫通力に優れるフッ素コーティングのフック

カバー撃ち(近距離)に関してはもう100%ストレートフックの使用率なんで、フッキングの底上げを図る上でもフッ素コーティングのストレートフックが望ましい

オフセットやトレブルなんかは各メーカーフッ素コートのラインナップが増えて来たけど、ストレートフックに関しては非常に選択肢が少ないのが現状

まぁ日本だとオフセットに比べて売れないんで、メーカーも力を入れにくい分野なんだろうけど…

それでも近距離戦におけるストレートフックのアドバンテージは捨てがたい

色々調べた結果、かなりイイ線行ってるフック達を見つけたので調達


普通サイズのボディにはダイワのパワーストレート
IMG_0774[1]

バルキー系にはオーナーのジャングルフリッピング
IMG_0792[1]
どちらも針先は超キンキンの鋭さ

これなら自分のへなちょこフッキングでもバッチリかかりそう!

でもこの2種類のフック、残念なのがサイズ展開

どちらも最小サイズが3/0からで、1/0や2/0と言った小さいサイズが無い

そこで同様のフッ素系で小さいサイズを探した所

こんなの発見
IMG_0791[1]
太刀魚用のストレートフック

ナローゲイプ形状のストレートフックだけど実際フッキングはどうなんだろ?

初期掛かりは良さそうだけど…

ダイワのやつにリバーブ付けて完成
IMG_0793.jpg
太刀魚ストレートの掛かり具合が気になる…

次回試してみよう



2018/04/09

針金細工

ナイスアイデア!なコレ
proshopks_p20180228p02.jpg
リールのビスに共締めして取り付けるタイプのフックキーパー

コレ考えた人アッタマ良い〜(^o^)

使ってみたかったんだけど自分が立ち寄る釣具店に無いし、ネットで手数料払うのもなぁ…と

一個辺りの単価も、フックキーパーの割に結構するし…

見ての通りのシンプルな形状なんで、材料さえあれば自分でも作れるんじゃね?という訳で
IMG_0648.jpg
ホームセンターで材料調達
IMG_0652.jpg
ペンチでテキトーに形成

でもって取り付け
IMG_0651.jpg
リールのデザインに合うように、オフセット形状にしてみた(^^)

こんな感じでプラグ、ワーム問わず掛けられる
IMG_0650.jpg
引っ掛けやすいし、邪魔にもならない

バックラッシュを直す時など、ラインを手元でダルダルに出せばさすがに引っ掛かるけど、普通に使う分にはトラブルは無さそう

なにより見た目がスマートなのがイイ!

かなり気に入ったんで、手持ちのリール全部に採用決定!
2018/04/02

先行投資

リールメンテナンスに長年愛用しているケミカル用品

オイルとグリスだけでこの価格
IMG_0629[1]
まぁ、信頼しているからこそ出せるワケだけど

価格もさることながら、扱い(塗布量)も大変シビアなんで万人受けするような代物ではないけど、その良さを理解すると手放せなくなるほど

1度買えばリール30~40台分は余裕で持つので、先行投資と思えばね

もはやコレ以外でのメンテナンスは考えられませんわ
2018/03/03

消化不良メンテ

もう何度目の依頼だろうか

今年も「お得意様」からメンテの依頼が

割安で請け負ってるとは言え、もう結構な額を支払いしてるのでは?

なお、過払い金は発生しておりませんのであしからず(笑)


さて、今年はベイトの他に、スピニングリールの依頼も
IMG_0490.jpg
ベイトのメンテの模様は何度も記事にしてるんで、もはや割愛

問題はスピニングの方
IMG_0491.jpg
マグシールド以前の機種(リアルフォー)を弄るのは初めて

しかも、当時の超ハイエンドモデル

預かった段階で、ハンドル回すとゴロツキ感が

中古品購入してからノーメンテと聞いて嫌な予感はしてたけど…

予感的中
IMG_0492.jpg
ギア周りのグリスはスカスカ

ゴロツキ感の正体は、グリス切れによるギア摩耗の線で間違いなさそう

こうなるとギア交換でしか対応できないんだけど、ここで厄介なのがSLPがギアの販売を行っておらず、取り寄せが出来ない点
IMG_0504.png
IMG_0505.png
自分みたいにセルフメンテナンスしてる側からすると、メーカーのこの対応は実に腹立たしい

リール直したかったら、メーカーに工賃払えって事だからね

修理時間も掛かるわけだし


こんな所まで商売上手になら無くても…


だからと言って、ハイ終了って訳にもいかないんで、これまで培ってきたノウハウを全て投入し挑んでみたものの…

幾分マシにはなったけど、やはりゴロツキ感の解消には至らず…

むう…

消化不良感ハンパないわ


これ、今回だけの問題ではなく、ここ数年リリースされたほとんどのリールにも言える事

マグシールドの分解禁止といい、パーツの販売制限といい、よほどメーカーはユーザーにリールを弄らせたくない模様

このユーザビリティ―の悪さは、いかがなものか

メーカーが意図的にやってる事なんで、改善も期待出来ないし…

でも現状こうなっている以上、ユーザーに出来る事はギアの摩耗を極力抑える意味でもメンテナンスの頻度を上げるしかないんだよなぁ…

はぁ…
2018/02/20

原因究明

初バスゲットに貢献してくれた17セオリー

巻き抵抗のあるシャッドを巻いた時に、手元に不快なコツコツ感が

購入前はキチンと動作確認してから購入したけど、実際にラインの抵抗掛けてルアー巻くまで分からなかった

どうもこの2箇所が怪しい感じ
IMG_0445.jpg
IMG_0467.jpg
上位機種のスティーズ(スピニング)と比べるとメインシャフトとベールアーム可動部のアソビが大きい模様



IMG_0468.jpg
この辺の作りの甘さは、やっぱり中堅クラスのリールって感じかなぁ

という訳で…

買って間もないというのに早くも全バラ
IMG_0444.jpg
マグシールド機種はあまり弄りたくないけど…

マグシールド部の取り外しは慎重
IMG_0443.jpg
今回は何とかマグシールドを殺さずに外せたけど、次に上手く行く保証はないな…

アソビが大きい箇所のシム調整&芯出し

この辺は自分センスが試される


ザイオンボディーのリールはタッピングビス(木ネジ)なんで、ボディカバーの締め加減もシビア
IMG_0470.png
締めすぎると回転が重くなるし、緩くても外れやすくなるしで、さじ加減がムズイ

組み上げ後、ラインテンション掛けた状態でラインを巻いて動作チェック

うん!バッチリ!

コツコツ感は消えて、バラす前よりもカッチリ感が出た

これでまたメンテスキルも上がったかな?


2018/02/16

磁力強化

SLPWORKSにて7泊8日の強化合宿?
IMG_0450.jpg
合宿先で鍛えられたようで強力な磁力を纏って帰って来た(笑)

今更パワーマグチューン?

ただでさえブレーキが良く効くSVなのに、なんでそんな事したのかと言うと…

目的はコレ
IMG_0460.png
このスプール、イイ線行ってるとは思うんだけど、如何せんブレーキの効きが弱めなんで初速の付いた鋭いキャスト時やスキッピング時などはブレーキMAXでもバックラッシュ気味になる事がしばしば

そこで思い付いたのがパワーマグチューン
IMG_0451.jpg
これで思いっきりキャスト出来るって寸法

SVスプールを上回るレスポンスと、しっかりと効くブレーキになった事でようやく理想のセッティングに
IMG_0406[1]
目指したコンセプトはまさにコレと同じ

次回の釣行が楽しみ~♪


2018/02/08

一段落

空き時間を見つけてはコツコツと作業
IMG_E0359[1]
計7台の巻物用リールのメンテ完了

前回OHをしっかりやった事もあり、簡単なクリーニングとグリスアップ、ベアリング交換もリール1台につき2~3箇所程度で済んだんで、割と早く仕上げられた

ストック切れしたベアリングを補充するついでに、スピニングメンテ用のサイズも発注
IMG_0420[1]
使うのは来年かな?


シーズン開幕に向け、スタンバイOK
IMG_0415[1]
早くコイツらがバンバン活躍する季節にならないかな


あとは、怪しいスプール入れたコイツ
IMG_0406[1]
現在、色々と画策中

目指しているコンセプトは一緒なんだけど、果たして…


2018/01/28

殉職&入れ替え

晴天時に使ってたサイトマスター・キネティック
IMG_0323[1]
初釣りの際、コンクリートの上に落下させてレンズにヒビが(T_T)

当初はティムコに修理を依頼しようとしたけど、調べてみるとレンズ交換だけでも1万以上掛かる事が判明

タレックスのレンズって高いのね…

修理すべきか悩んだけれど、正直キネティックは自分にはフィッティングはイマイチ
(じゃあ買うなよって話だけど…)

ローライト用に使ってるインテグラルが自分には完璧にフィットするんで、修理よりもう少しお金を足して買い替えた方が後々後悔しないと思い買換えを選択
IMG_0356.jpg
レンズカラーはキネティックの時はスーパーライトグレーだったけど、より晴天時に特化させるべくライトグレー&シルバーミラー

ワイドレンズのキネティックと比べると若干視界は狭くなるけど、それを差し引いてもこのフィッティング性能は捨てがたい
IMG_0357.jpg
この方も愛用してるしね(^^)

2018/01/27

メンテ時期

大寒波襲来中

今週末は特に出かける予定も無いし、こんだけ寒いと外にも出たくないのでリールのメンテでも

人のリールばっか弄ってて自分のはほったらかしだったんで、ボチボチ始めよう

対象は巻き物専用の右巻き
IMG_0236[1]
巻き物系のリールはラインが拾って来る水滴も多いんで、どうしても水入りしやすくメンテのサイクルも早い

1シーズン巻き倒したリールなら、メンテは必須

スピニングリールのメンテは来年以降かな?
IMG_0348.jpg
まだメンテの必要無いけどベアリングサイズは把握しとかないと
IMG_0351.png
IMG_0355.png
ダイワはサイズ調べるのがホントめんどくさい

どちらも2500番クラスだからベアリングも共通かと思ってたけど、微妙にサイズが違う…
IMG_0352.jpg
これだけ多いと注文も面倒だな…

個人的にグッと来た画像
IMG_0353[1]
ハイエンドクラスのメンテとか、考えただけでゾクゾクしますな(^^)


2018/01/13

2018NEW

そろそろフィッシングショーの時期

いい加減開催場所も不評のパシフィコからメッセに戻してくれないかなぁ

もっと近ければ行くんだけどな…

さて、フィッシングショー開催に伴い新製品の情報も解禁

毎年何かしら新製品には手を出してるけど、今年の個人的な目玉は…
2018011100224154c.jpeg
コレとか

2018011304063901a.jpeg
コレとか

201801130354163d1.jpeg
コレとか

20180111002024126.jpeg
コレ…は無理だわ

欲望は尽きない訳でして

ま、買うにしても、ロッドかリール一つが現実かな…

もし、全部買ってた場合は、

臓器売ったか、離婚したかと思って下さい(笑)




2018/01/11

防寒対策

厳寒期の釣りで最も辛いのが指先の冷え

末端部分が悴んでしまうと痺れるわ痛いわで、正直釣りどころではなくなる
20180111192630119.jpeg
これまで様々なタイプのフィッシンググローブを試して来たけど、満足の行く物には出会えず

現在使用中のサイクリング用のフリースグローブ
2018011119262832a.jpeg
やっぱり5本の指先全部を覆うフルフィンガータイプが一番暖かい結論に

流石フリース素材のグローブだけあって、昨年から使ってるけど一度も指先が悴んだ事は無い
201801111926313b1.jpeg
掌側は滑り止めが付いて、しっかりとタックルをホールド出来る

人差し指と親指先端はスマホの操作を考えたツルツルした素材なんで、サミングも可能
20180111192634731.jpeg
2018011119263255c.jpeg
※スピニングはフェザーリングでしたな

欠点は防水性と細かい指先の作業が出来ない事

防水性に関しては、衣類にも使える撥水スプレーで対策
201801111939039e8.jpeg
流石に雨までは無理だけど、そもそも真冬の雨の日に釣りなんてしないし 、ピッチングやサミング等で付着した水滴程度ならこれで十分

また、ルアーチェンジやラインの結び変えと言った細かい作業は、多少面倒でも潔くグローブ外して行えばいい

タイトなフィッシンググローブに比べればゴワつくし、感度や操作性は当然落ちるけど、そんな事よりも指先が悴んで釣りに集中出来なくなる方がよっぽど問題だと思う

用途を割り切って使うことで長年悩んできた「手」の防寒対策に、ようやく自分なりに一つの答えが出たかも


2017/12/26

TYPEⅡ

導入と同時にシーズンOFFを迎えたスピニングタックル

釣果は来年に持ち越しか…

使い始めてまだ間もないけど、リールの感想でも

これまでダイワのバス用スピニングリールと言えば、フロロ使用時のトラブル軽減目的でスプールのテーパー角度をキツくした逆テーパー
IMG_0205.png

それに対し、17スティーズTYPEⅠ、Ⅱのスプールはストレートテーパー
IMG_0203[1]
その代わりに、スプールリングの1段下に小さなテーパーを設ける事でトラブルの軽減を狙っている模様

スプール自体のテーパーはストレートなんで、理論上では逆テーパーよりも飛距離は出るハズ

この辺はシマノのAR-Cスプールと狙いが似てるかな

フロロマイスターの6ポンドと太めのラインを巻いてるけど、飛距離に不満は無いし、今のところバサッとラインが出るようなトラブルも無い

ベールアームはイグジスト同様に継ぎ目の無いワンピースベール
IMG_0202[1]
剛性アップへの寄与だけでなく、ベールを戻した時のライントラブルにも貢献

2500番クラス最軽量の自重
IMG_0148[1]
IMG_0151[1]
ラインを巻いて、ZPIの軽量リールスタンドを付けた状態でも180g前半の軽さ

軽量ベイトリールばかり使ってたので、この自重がどれだけ軽いのかは実感は湧かないけど、スピニングは重心がリールシートの下に来るので、ココが軽くなるのは操作性に大きく関わって来るハズ

自分が感じたイイ部分はこんな所かな

次に残念だった部分も2つほど

まずは巻き心地

イグジストと同じフルベアリング仕様(12BB)で、更にマグシールドレスと来たものだからさぞ軽く滑らかなのかと期待してたけど、そこはやっぱりハイギアの宿命か、巻き心地はそれなり

17セオリーのノーマルギアと比べても明らかに巻きは重め

ただ、巻き感度は良いのでリップレスミノーやプロップベイトの様な巻き抵抗の無いルアーなんかにはリトリーブ中の変化を捉えやすい


もう一つはドラグ音

正直コレが一番萎えた部分で、「チキチキチキ」とハッキリ言ってかなり安っぽい音

17セオリーの方が「キンキンキン」と金属的で甲高く響くので、音だけならこっちの方がよっぽどいい

まだ魚を掛けてないので何とも言えないけど、このドラグ音でテンション上がるかなぁ…

とまぁ、最初の印象はこんな感じ

購入時は17セオリーと最後まで迷ったけど、底モノ専用で考えてたんでハイギアの中で一番軽い自重って事でスティーズに

せっかく本気で導入を考えて選んだタックルなんで、来年はしっかりと使い込んでモノに出来るようにならないとな
2017/12/08

本格導入

利根川では、これまで必要性の無かったスピニングタックル

過去、1、2度所有した事もあったけど、扱うリグやタックルが繊細過ぎてスタイルに合わず

今までライトリグの釣りはベイトフィネスで十分事足りていたけど、近年はオープンエリアで釣リする機会も増えて来てライトリグでの飛距離も必要に

又、ラインスラックを利用したり、移動距離の少ない細かい誘いはベイトだとどうしても引っ張り過ぎてしまいイメージ通りに行かない

以上の反省を踏まえ、少し強めのMLクラスを導入
IMG_0112.jpg
ライトリグと言っても扱うリグはあくまでもベイトフィネスの延長線なので極端に小さいリグは扱わず

ラインもスピニングにしては若干太目

自分のスタイルから大きく外れる事もないんで、これなら持続出来そう


あと、モノがモノだけに、値段とか軽さとか色々と凄い(;'∀')

久々に扱うんで、週末じっくりと練習してきますかね
2017/11/24

6.3→5.7

巻物ルアー専用の右巻きのスティーズSV6.3R

標準の80mmから90mmハンドルに変更して多少巻き上げ力アップはしてるものの、3/8oz~1/2ozクラスのチャターやスピナベなんかになるとハンドル長くしただけではやや力不足

過去、TD-Z103Pの5.1ギアに変更したローギアスティーズを作り、引き抵抗の強いルアーでも楽に巻いてこれるようになった
IMG_0076.jpg
ただギア比5.1だと、ハンドル1回転辺りの最大巻き上げ長が55cm程度なんでディープクランク巻くには良いけど、チャターやスピナベなんかには 少々かったるい

当時TD-Zには「5.1」、「5.7」、「6.3」と3種類のギアがラインナップされていた

そこで今度は中間の5.7ギアを入れてみることに
IMG_0058[1]
5.1ギアを注文した時も思ったけど、今だにTD-Zのパーツを注文出来るとは…


IMG_0061.jpg
左がスティーズの6.3、右がTD-Zの5.7のピニオン&ドライブギア
IMG_0062.jpg
サクっと交換

実釣で使って見た所、
PB111109[1]
巻き上げ長も60cmくらいと早過ぎず遅過ぎずで丁度良い感じ
(ハイピッチャーMAX1/2oz使用)

6.3→5.7とローギア寄りになった事と、ギアの材質が軽いジュラルミン製から重いブラス製に変わった事で巻き上げトルクもアップして、上記の様なある程度巻き抵抗のあるルアーでも楽に巻いて来れるようになった

巻き疲れが無くなれば自然とキャストの回数も増え、釣果にも直結すると信じている

言うなれば、「釣る為のローギア」

IMG_0065.jpg
ギアの材質が重いブラス製の為、リールの自重は10gほど上がってしまったけど、この位の重量差なら巻物には問題無し。

これで巻物用リール4種が揃い踏み(自分は巻き物は右ハンドル派)
IMG_0075.jpg
左から「5.1」、「5.7」、「6.3」、「7.1」

あとはフロッグ用に右巻きの8.1が欲しい…


シーズン終盤、もう少しコイツらには頑張って貰いますかね
2017/11/22

射程距離UP

タモの柄を利用したルアー回収棒

上から2番目の継ぎ目が引っ込まなくなったんで、竿尻をデッキにガンガン当てて無理やり戻そうとしたら…
IMG_0015.jpg
継ぎ目に負荷が掛かってバキっと逝ってしまった…

後から分かった事だけど、こういう場合はプラスチックハンマーなんかで上からコンコンと瞬間的な力を加えれば簡単に引っ込むみたい

実際やってみたら、スコン!と簡単に戻った

前もって対策を調べておけば良かった…

今まで使ってきた棒タイプの回収機の中ではダントツの回収率を誇るので無いと困る

そこで新たなタモの柄を物色
IMG_0018.jpg
今度のは6本継ぎで6m30まで伸びるタイプ

以前の11本継ぎ5mより少ない回数で長く伸ばせ、射程距離もアップ

仕舞い寸法は60cm→114cmにアップしたけど、ボートでしか使わないし座席の下に置けば邪魔にもならない

取り回しは悪いけど、オーバーハングの奥の方まで届くので、よほど枝にグルングルン巻きにならなければ回収可能

水中の根掛かりも、届く範囲内なら9割以上の回収率

1日で数回は使うので、2~3釣行もすれば元は取れる計算


でも…それだけスポット潰してるって事だよなぁ…

もっとキャスティングテクニックを磨かなきゃな



次のページ

FC2Ad

まとめ