気分向上

数年ぶりにDVDを購入
IMG_2366.jpg
全編フロッグオンリー

内容的にはダイワやimaのフロッグ動画とやや似ている感じかな…?

まぁ好きな釣り方だし、観ているだけでもテンションは上がったけど

ただ、75分と短い割に3600円+税は…。


テンションも上がったことだし、そろそろ準備でも
IMG_2369.jpg
今年はどの竿の出番が多いかな?

あ、その前にPE買わなきゃ。





上蓋

約10年ほど前に買ったVS3080

酷使した結果、アッパーパネルがとうとう限界に
IMG_2361.jpg
ロック部は破損し、パネル部は割れて穴まで空く始末

まぁ椅子の代わりやら、踏み台の代わりやらと、無理な使い方も沢山してきたから仕方ないけど

こんな状態でも1年程使っていたけど、先日、自室で持ち上げようとしたときに蓋が開いて中身をブチ撒けたのを機に買い替えを決断
IMG_2362.jpg
今回は黒をチョイス

なんか怪しい感じの雰囲気に変わったな…。


また10年(←まだ釣りやってるかな?)頑張ってもらいますかね。

浸水対策

遠征帰りのトレーラートラブルで修理中の為、釣りに行けない週末。

悶々とした気分を発散させるべく買い物へ。


雨の中の釣りで気になるのが、袖口からの浸水。

ある程度のクラスのレインウェア(釣り用)になると、袖の内側にクロロプレン素材の二重袖が付いているが、これでも完璧な防水とは言えない。

そこで、袖口からの浸水を極力減らすために、レインカフスを導入
IMG_2341.jpg
今更ながらって話だけど…。


このカフスの良いところは、内側にスキン素材を採用する事で手首の密着力を高め、浸水を防ぐ効果が高い点。
IMG_2342.jpg


で、装着方法にも一工夫。

通常、ウェアの袖口をこのようにカフスの中に入れるが、これだと、上方向からの水が流れ込んで来てしまうので…、
IMG_2337.jpg
IMG_2339.jpg
二重袖の内側の袖をカフスの中に入れて、
IMG_2340.jpg
外側の袖を戻して完全ガード、かな?

見た目もスッキリ。


う~、なんだか試したくなって来た…。

雨降らないかな~。

D症候群

発表以来、目を付けていた「4g」

ヘッド形状、フック、ガード、サイズ感…これは期待大かも。

こちらも
IMG_2316 (編集済み)
単に名前だけが変わったワケではない模様。

消費の激しいクローラー系には
IMG_2317.jpg
一番出て欲しかったサイズ。

コレは国内販売されるのかな?
IMG_2312.png
ホント商売上手だよな…。

既に幾つかの新機種は導入済みだけど
IMG_2319.png
もう少し知識を深めてみますかね…。


D症候群…恐るべし…。




STEEZ NEWアイテム

ぷらっと立ち寄ったコンタクトスポットでNEWアイテムを物色
IMG_2297 (編集済み)
待望の1/4オンス。

昨年デビューの3/8オンスは、利根のシャローじゃチト重いので購入を見送ってたけど、こいつは使えそう。


ついでに興味本位?それとも怖いもの見たさ?で、コレも触って来た
IMG_2296.jpg
価格が価格だけに触るだけでもドキドキ。

さすがにコレは無理だなぁ…。



2017NEWカマ―

小物を買いにコンタクトスポットへ。

今年大注目?のNEWカマーが
IMG_2259.jpg
ダイワ・セオリー。

15イグジストを彷彿とさせるカッコいいデザインと、それを超える軽さ。

触った感じ、ドラグも回転性能も悪くないかと。

ATDドラグ、ZAION製エアローター、新型ボディetc…。

極めつけが価格で、2500番クラスで23000円前後。

このクラスのリールがこんな価格で買えるとは…。

間違いなく売れるリールとなる事でしょう。

って、現在スピニングタックル自体1つも持っていないんでエラソーには語れないけど…。

スピニングの事はあまり詳しくはないけど、正直コレで十分なのでは?

もし、スピニングロッド持ってたら、コレは欲しいかも。


ついでに自分が好きなウェアメーカーのカタログも
IMG_2263.jpg
ソルト(主にシーバス)とトラウトのイメージが強い、っていうかそれメインだけど、デザイン的にはバサーにも受け容れられると思うんだけどなぁ…。

まぁイメージなんか気にせず着てるけど。


価格も手頃だし、もっとバス向けの展開もしてくれたら嬉しいんだけど…。




爆買い

リールに巻くラインのストックを見ると、メインで使っているサイズも残りわずか。

って事で、通販サイトで爆買い
IMG_2234.jpg
これだけ買っても、およそ1万円程度。

100m巻きの高級ラインを買うのが馬鹿馬鹿しく思える程のコストパフォーマンス。


バルク巻きの特用ラインとは言っても、そこはフロロカーボンラインのパイオニア、
「クレハのシーガーブランド」から出ているラインだけあって品質的には全く問題ナシ。

割としなやか系のフロロなんで、撃ちにも巻きにも使える。

メインで使い出してから4年以上経つが、実釣面で不満に思った事は無い。

この価格帯だと、糸ヨレが気になっても気軽に巻き替えられる。


巻き替えで特に恩恵を感じるのはベイトフィネス。

マイクロガイド故に糸ヨレが出始めると抵抗でガイド抜けが極端に悪くなり、ラインがスムーズに出て行かなくなる。

扱うラインも細目なんで、古いラインをいつまでも使っていてはラインブレイクのリスクだってある。

これらの問題の解決策は、こまめな巻き替えしかないので、100mで1500円以上もするようなラインではとても真似できない。


自分の持論は、高いラインを長く使って糸ヨレを我慢するくらいなら、安いラインをこまめに巻き替える方がストレスなく釣りが出来ると思っている。

まさに自分にとってうってつけと言えるライン。

廃盤にならないことを切に願う。

TEXAS RIG SPECIALTY

スティーズ・17ハスラー
P1230619[1]
初代の08ハスラーから数えること、9年ぶりのモデルチェンジ。

今回はコチラのファーストインプレでも。


ペットネームはテキサスリグスペシャリティー
IMG_2217[1]
まんま分かりやすいネーミング。


ここからは旧モデルとの比較を
P1230621[1]
実際の自重はメーカー公表の110gとほぼ変わらず。
コチラも08ハスラーの120gから約10gの軽量化。


ロッドアクションは、先代がX=エクストラファーストだったのに対し、17ハスラーはF=ファーストアクションに変更

先代より若干マイルドな調子かつハリのあるティップになった事で、カバー抜けが良くなり障害物を乗り越える際もスタックしづらくなった。
IMG_2214[1]
食い込みの良いティップだった08ハスラーとは好みが分かれる所だけど、テキサスの他に、軽めのジグやバックスライド系もやるなら17ハスラーの方が扱いやすい感じ。

使用時はフロロマイスター16lbで使用。

シンカーウェイト的には3.5g台からでも無理なく操作できたけど、そこまで軽いシンカーだとワームのサイズを上げたり、より回転性能の良いリール(ダイワならAIR系)と組み合わせるなど、アングラー側で工夫が必要になってくる。


ロッドのバランスも、若干先重り感のあった08ハスラーから改善されており、よりシャープかつ軽快に振り抜けるように。
IMG_2215[1]
SVFナノプラスという素材の恩恵によるロッドの軽さと、ハリのあるティップのおかげで、感度もさらに良くなった


触った時の衝撃は17ハリアーの方が大きかったけど、コチラも対カバー用ロッドとしての完成度は申し分ない。
先代からの買換えの価値は十分にあるかと。

見た目のカッコ良さだけなら先代の方が好みなんだけどね…。


あとはデカバスをカバーからブチ抜くのみ!

今年中には何とか結果出したいな…。

3rd GENERATION

ブログの編集作業時に、うっかりミスで消してしまったため、改めて再編集。


17モデルのスティーズハリアーとハスラー
P1230618[1]
対ブッシュカバー用ロッド4本→2本に集約したくて、購入を決断。

普通に2本買うと、福沢諭吉がサッカーチーム組んでも買えません(笑)

売却資金が予想以上に良かった事と、幸運なタイミングが重なった事が決め手に。


スティーズユーザーなら気になっている人も多いハズ。

先日2本ともジックリ使い込んで来た(魚は掛けてませんが…)ので、使用感などを。

(※あくまでも個人的主観です)


今回は17ハリアー。

ペットネームは3rdジェネレーション。
P1230610[1]
その名が示す通り、「バトラー・ハリアー」、「06スティーズ・ハリアー」と経て、第三世代へ。
P1230611[1]
自重はメーカー公表の108gに対し1.6gの誤差。
それでも先代の06ハリアーが120gだった事を考えれば10g以上の軽量化は驚異的。

グリップ周りのデザインこそ変わったけど、ロッドアクションやガイドセッティング、グリップエンド長などの基本設計は06ハリアーを踏襲。

逆に、大きく変わった点もいくつか。


まず、グリップ内ジョイントの2ピースとなった事
P1230612[1]
7.1ft程度でなんでわざわざ2ピースに?ある意味、この竿一番の謎。


バットパワーの大幅アップ
IMG_2208.jpg
バットからベリー手前まで施された3DXと、ハスラーと同じく極太のバット径になった事で、06ハリアーでは不安があったブッシュからのゴボウ抜きも安心して行えそう。

負荷に応じてベリー~バットにスムーズに曲がって行くマルチテーパーなので、ロッドに掛かる負荷もうまく逃がしてくれる感じ。

ロッドバランスの変化
IMG_2209.jpg
持った時のバランスが抜群に良く、06ハリアーの時のような竿先にかけての先重り感は皆無で、非常にシャープで軽快な操作感。

軽量リールとのコンボは快適そのもの。

これだけロッドが軽快だと、扱うリグのウェイトが軽くても違和感無し
IMG_2206[1]
5g台のシンカーウェイトのジグやテキサスに3インチクラスのクローワームでも快適に扱える。(ラインはフロロマイスター16lb使用)
スプールレスポンスの優れたリールと組めば、キャストアキュラシーも秀逸。

感度は言うに及ばず。


ロッドの免責金額
P1240627[1]
フラッグシップモデルでこの金額!?

確かスティーズは一律19000円だったハズ。

コレって誤植?
17ハスラーの方は19000円だし…。

折れても6000円で直してくれるのかなぁ…?

誤植かな?誤植じゃないよね、ダイワさん(笑)


とまぁ、ファーストインプレはこんな感じ。


自分は17ハスラーと同時に買ったけど、どちらか1本だとしたら迷わず17ハリアー。

スティーズユーザーなら、一振りしたら確実に欲しくなります(笑)



クリソツ②

以前見つけたクリソツワームに続いてまたしても…
sie01.jpg
今度はロックフィッシュ用らしいです(笑)

何処からどう見たってねぇ…
sie05.jpg
足の数が増えればセーフなんだろうか…?

ヘビネコ

低水温時のリアクション狙いで用いる事の多いヘビーウェイトのネコリグ

1/16オンス程度のウェイトでは出せない「ストン!」という超早いフォールスピードを出すためには、ネイルシンカーのウェイトは最低でも2.5g以上は必要。

しかし、そのクラスのウェイトの物となると、ネイルもかなりの長さ
IMG_2185[1]
御覧のようにかなり不恰好。

先日、こんなグッズを発見
IMG_2179[1]
スクリューキーパーを用いてワームとシンカーを接続する斬新アイデア

2.5gのバレットシンカーセットしてみる
IMG_2186[1]
同ウェイトのネイルシンカーと比べてリグに一体感が出るのはもちろん、接地面積が増える事でボトムタッチ時の感度上昇も期待できる。

バレット形状のシンカーを用いれば、カバーにも入り易そう。


2.5g以上のネイルシンカーって取り扱うショップ自体少ないので、こういった他のシンカーを代用できるアイテムは何気に有難い。

セッティング②

前回に続きタックルセッティング②を敢行。

前回あまりに寒かったのでもう少し寒さが落ち着いてからの方が良かったけど、どうしても試したい2セットが出来た為、ガマンできずにフィールドへ
P1220621[1]
なんかデッカイのがいるね。
段々スロープも賑やかになってくるな(笑)


こう寒いとゲレンデもガランとしており5~6艇ほど。

9時スタート
P1220625[1]
前回は魚を釣るのが目的ではなかったので魚探を付けずに出たが、やはりシャロー侵入時の不安から今回はキチンと装備

水温は5.6℃~6.9℃(木下~3連水門))といったところで、エリアによって大分バラツキが。


今回は対ヘビーカバー用セッティングの検証
P1220626[1]
ある程度自重のあるリグは使い易くて当たり前なので、そのロッドで扱える下限ギリギリで検証

ルアー、ロッド、リール、果てはスプールまでとっ替えひっ替え入れ替えながらブッシュカバーにアプローチ。

この時期では絶対バイトが出ないようなスポットばかりなので、「あわよくば1本…」なんて期待はハナから持ってない。


黙々とキャストを繰り返す事6時間。

結果…、

この2本あればブッシュ撃ちは必要にして十分!
P1220629[1]
さーどじぇねれーしょん?てきさすりぐすぺしゃりてぃー?

我ながらよく揃えたもんだ…。

7フィートクラスのロッドとは思えないほどの軽快な操作性で、6時間近くピッチングしてたわけだけど、腕の疲れは全く無し。

ロッドの進化って凄いな、と実感。

まぁ、この2本の為に多くの仲間たちが旅立ったワケだけど…。


あ~魚掛けたい…。

早く暖かい季節にならないかなぁ。


しかし…
これでもう、釣れないときは道具のせいに出来なくなったな…。


お色直し

ベイトフィネス専用機として使っているKTFチューンのアルファスとPX。

タックルセッティングの傍ら、リールメンテの方もボチボチ始める事に。

せっかくバラすのなら、ついでにカラーパーツの組み込みも
P1110607[1]
アルファスとPXは共通で使えるパーツが多い。

サクッとメンテを終え、お色直しも完了。

マグダイヤルとダイヤルリングはスティーズ系(SS SV、AIRも含む)を流用。
P1150608[1]
ただしアルファスやPXはスティーズ系とはダイヤルのポジションが違うので、

PX、アルファス左巻き、右巻き共に→スティーズ系左用ダイヤルで組む必要がある。

クラッチレバーもスティーズ系(スティーズ用はロゴが入ってるので、SSAIR用を使用)の物に変更
P1150609[1]
スティーズ系の方が若干レバーの面積が広いので、クラッチを切った時の感触が良い。

一番やりたかったレベルワインドとメカニカルノブはアルファスAIRの物にチェンジ
P1150614[1]
メカニカルノブも赤(7.2ギア用)があるけど、メカニカルベースが赤い所に更に赤いノブを持ってくるとクドくなるので、敢えて黒をチョイス。

費用も1台辺り4000円弱と、サードパーティーのカラーパーツをゴテゴテ組むよりも安いかも。

リールの性能がUPする訳ではないけど、使っていてテンションはUPするのである意味有効なチューンかも?

セッティング

愛艇のメンテが完了したとの事で、引き取りに
IMG_2171[1]
約1ヵ月ぶりの再会。

今回は、いつものオイル交換の他に、トレーラーのハブのメンテも依頼。

ハブからのグリス漏れを減っては注ぎ足しながら誤魔化し続けて3年、さぞベアリング類にダメージが行ってると思ってたけど…
IMG_2172[1]
アウターレースに若干の摩耗が見られた以外は、大してダメージも無く、まだ使えたとの事。

勿体無いけど、ここは新品に交換。
ま、安心を買えると思えば安いもんか。

べアリング等のパーツ代は大したことなかったけど、両側のハブのフルメンテって事もあり、工賃は自分の予想以上に掛かってしまったのは誤算…。

でも、これで当分は安心してトレイル出来ると思えばね…。


ボートを駐艇場に戻しに行く前にゲレンデへ
IMG_2174[1]
現在、タックルセッティングを煮詰めているものの、狭い部屋で竿を振った程度ではよく判らず。
IMG_2173[1]
やっぱりフィールドで試さないとね。

魚狙いではないので、釣行としてはノーカウント。
あくまでもガチの釣りは3月から。

釣り目的では無いので魚探は持って来ておらず水温は不明。

まぁ、時期的に4~5℃台ってところだろうけど。


出船前は穏やかだったのに、浮いた途端に北風が(-_-;)

終いには雪まで降り出す始末…(すぐに止んだけど)


寒さに震えながらも、黙々と検証を続けて、
IMG_2175[1]
この3セットの検証が出来ただけでも収穫。

キャストが難しいコースにも難なく入れられる精度は快感そのもの。

シーズンインが楽しみ!(^^)!


冬は、「釣れない→ムキになってキャストをする→ルアーをロスト⏎」の負の連鎖が嫌になって休業する事にしたけど、キャストの練習目的でフィールドに出るのもアリかも…。

これなら時間も釣果も気にせず楽しめるし。


他にも煮詰めなきゃいけないタックルもまだあるし、気が向いた時にでもまた来ようかな。







1.5

あー余計なモン見てしまった…。

来季デビューのタイプ1.5
IMG_2147.png
STZ_661MFB.png
今更こんなの出すなんて反則だよぉ…。

これが出るからか、タイプⅠはラインナップから外れてるし。
うーん残念。良いロッドなんだけどな…。
大事に使って行こう。

気になる価格は…。定価6万!?マジか…。


来年中に買えるかな…?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR