SS AIR感想

先日購入したSS AIR8.1L
IMG_0188.jpg
先日行われた交流戦で実戦投入したので、その感想でも。
機種の比較の為、こちらも用意して投げ比べてみた。
IMG_0184.jpg
画像左のT3AIR8.6Lにはスティーズ・ハーミットを、右のSS AIR8.1Lにはスティーズ・ハリアーFスペックをそれぞれ付けてみた。
2台とも、ラインはフロロ8ポンドを30mほど巻いてみた。
ブレーキセッティングは、T3AIRがオールラウンドモードで、マグダイヤル9、
SS AIRはマグダイアル4.5。メカニカルは、フリーから1クリック締めた状態で、このブレーキ値が、自分の場合、キャスティング&ピッチングでストレスなく投げることが出来る基準のセッティング。

投げてみたルアー達。
IMG_0186.jpg
後日、デジタルスケールで測ってみると、画像上から順に、「海爆シャッド」2.5g(メバル用)、「ドライブスティック3インチ」3.1g、
「との」3.8g(管釣り用)、「スモラバ&BFシュリンプ2.8(トータルで4.5g)、「ドライブクローラー4.5インチ0.8gネコリグ」5.5gという重量であった。

で、結果だが、個人的にはリールの違いによる性能差はほとんど感じられなかった。
どちらのリール共、単純に投げるだけなら、上記のルアー全て投げる事は出来るのだが、
正確なキャスティングをするなら、やはりそれなりのウェイトは必要ななってくる。
オーバーヘッドや、サイドキャストなら、3.5g位からが投げ易い印象。
ピッチングで正確にピンスポットに打ち込むなら4g位からが、やり易かった。
厳密には、Tウイングシステムや、ブレーキを細かく調整できるマグフォース3D、8.6ギアの超ハイスピード回収を備えたT3AIRの方に分がありそうだが、実釣面では体感出来る程の差は感じられなかった。
どちらも似たようなキャスト感覚で、回収スピードも若干の差はあるにせよ、体感的には同じようなものである。
ベイトフィネスで打ち込み系の釣りに使うのなら、3万円台そこそこで5万円台のT3AIRに迫る性能なので、
とてもアリだと思う。
リールも非常に軽く、握りこみやすい形状なので、使用感も良好であった。
IMG_0126.jpg
小さいながら、入魂も完了。

………。試合中にこんな事してないで、魚釣って来い!というツッコミは無しで。(笑)
以上、自分なりのインプレでした。



渋滞懸念

世間では、早い人はもうG.Wに突入している人もいるが、自分の会社は、
カレンダー通りの5/3~/5/6の4日間のみ。いや、祝日休みのほとんど無い
ウチの企業は4/29の祝日が無いので、一般でカレンダー休日の人より実質、1日少ない…。
連休中も釣りには行くつもりだが、一つ懸念材料がある…。
G.W中の渋滞である。まあ、これは自分だけに限った話ではないのだが。

自分が利根川まで往復でメインに使うルートは、道幅の狭い箇所があるものの、渋滞個所も少なく、
信号機の少ないルートなので、距離の割には、短い時間で到着できるのが魅力であった。
しかし近年、このルート上にこちらが完成した。IMG_0241.jpg
酒々井アウトレットパーク。
自分も何度か立ち寄って買い物をしたことはあるし、好きなアパレルブランドのショップも数店入っている。
オープン当初は、周辺の道路は大渋滞だったが、最近では落ち着いてきたのか、週末でも
そんなに混むことはなくなった。しかし、G.Wともなれば話は別。周辺道路はたちまち混雑する。

出発は時間帯が早いので、混まないが、問題は帰り。夕方ともなれば、確実に渋滞にハマる。
釣りでクタクタに疲れた帰りにこの渋滞にハマるのは辛い…。
4日間の内、2日間は釣りには行きたいが、最終日は体を休めたいので、実質3日間で考えなければならない。
IMG_0242.jpg
車中泊で2日連荘でやるか、飛び石でやるか、悩むところだ。


サンデーメカニック

昨日連れて帰ってきた愛艇、通称「腹黒イーグル」。
今日はコイツのメンテナンスを早朝から開始した。
本日のメンテナンスメニューは、以下の通り。
①船体補修、②ライブウェルの水漏れ調査,③バッテリーレイアウトの変更

まずは、①の船体補修から。IMG_0154.jpg
ぶつけたのは、左舷後方のエッジ部分。2週間前のBEAT戦のプラで、小貝川に行ったときにやってしまった…。
FRPが欠けて中のグラスファイバーが見えてしまっている。
しばらくは、ガムテープを貼りごまかしていたが、どうにも見栄えが悪いのでパテ盛りすることにした。
IMG_0162.jpg
補修箇所の汚れや、油膜などをクリーナーで飛ばし、マスキングで養生する。
IMG_0160.jpg
補修に使うパテはこちら。以前、カートップ時代に船底に空いた穴を補修する時に使っていたもので、
通常のパテとは比較にならない強度を持つ万能パテである。
IMG_0163.jpg
ベース剤と硬化剤の2種類を配合し、硬化が始まる前に手早く盛り付けていく。
IMG_0164.jpg
ある程度硬化した所でマスキングを剥がして、いったん終了。完全硬化後、ヤスリでならせば、補修は完了。
塗装はどうしようか…。
IMG_0155.jpg
お次は②の、ライブウェルの水漏れ。リモートバルブをCLOSEにしても、水が溜まらないのだ。
バルブ本体を外して調べてみた。
IMG_0156.jpg
構造自体は単純な作りで、バルブ内部の止水栓が90度回る事で水を出したり、止めたりするだけ。
止水栓はバルブ上部の弁を介してワイヤーでリモートバルブのノブとつながっており、OPENで左に90度、
CLOSEで右に90度回る仕組み。コレで水の通りを調整しているようだ。
で、原因は、止水栓の上に付いている弁の留めネジが緩んでた事で、止水栓が中途半端にしか動かず、
半閉状態であったのだ。
IMG_0157.jpg
しっかりネジ止めして、本体を元の場所に戻す。
IMG_0158.jpg
リモートバルブをCLOSEにして、ライブウェルに水を張る。IMG_0159.jpg
最後に排出口をチェックし、水漏れが無い事を確認して作業完了。
IMG_0168.jpg
最後の③はバッテリーレイアウトの変更。以前はバックシート後部のバッテリーストレージに3発積んでいたが、
プロペラのセッティングを変えた事で、プレーニングが悪くなった為、荷重を分散させて、立ち上がりを改善する為、1発だけ、フロントストレージ右舷側の手前に位置変更をした。
画像はないが、配線をフロントストレージ側まで引いてくるのは、かなり苦戦した(汗)
バッテリートレイをしっかりビス留めして完了。
IMG_0166.jpg
バッテリー1発分のスペースが空いたことで、広大な空間ができた。
IMG_0166.jpg
17リットルのクーラーBOXと40cmサイズのバッカンを余裕で飲み込むスペースなので、
荷物が多くなるこれからの時期でも、同船したゲストの荷物の置場に困る事はなさそう…。
真夏のクソ暑い中、こんな作業はやってられないので、早めの終わらすことが出来て良かった…。
日差しの強い中、作業していたため、釣りに行ったわけでもないのに、かなり日焼けしてしまった。




クラブトーナメント参戦

自分がボートを降ろしている北総スロープ&ゲレンデ。ここには大小様々なクラブチームが存在している。
自分もそんなチームの中の1つ「BEAT」に在籍している。
今日は、そのBEATと、利根川の強豪チーム「エゴイスト」さんとで、交流戦を行った。
チーム間のパイプ役を務めてくれたのは、我らがリーダー裏ばすさん。
IMG_0117.jpg
スタート前のミーティング風景。参加者11名、9艇で試合開始。
今日のレギュレーション説明が終わり、各自、準備が出来た者からのスタートとなった。
IMG_0118.jpg
大人げない自分は、我先とばかりに1番フライトでテイクオフ(笑)
先週反応の良かったエリアにエンジン全開で直行。
支流に入り、まずは周辺からチェック。水温18度台、水質は田植えの準備の影響で、かなりマッディー。
IMG_0121.jpg
季節を先取りし過ぎたルアー達で探るが反応無し、そのまま上流に釣り上がって行く。
IMG_0124.jpg
岸際では、鯉が激しくノッコミでMAKE LOVE(汗)
30分程でメインのストレッチに到着、その15分後に待望のバイト!張り切って合わせるも、
スッポ抜け、ワームの頭だけ取られてしまう。
しかし先週と魚のポジションは変わってないと確信、丹念に探りを入れる。
それから3投目、ラインが走るバイトでフッキング、ようやく1本獲ることが出来た。
IMG_0126.jpg
しかしサイズは小ぶりで500g程度、サイズUPを図るもその後は反応ナシ、時間だけが過ぎていった。
帰着時間が近づき支流を後にした。
IMG_0189.jpg
最後の悪あがきにと、本流のテトラ帯をやるもノー感じ、あえなく帰着となった。
大人の事情で他の参加者の方達の魚の画像はないが、
優勝者は、本流上流域のテトラ帯でのクランキングとの事だった。サイズは1300g台との事。
参りました。m(_ _)m
最後は全員で集合写真を撮り、解散となった。
クラブチーム同士の交流戦は自分は初めてであったが、BEATメンバー以外の方の釣り方など、参考になる部分が多く、新鮮味がある大会であった。
主催されたエゴイストの皆さん、有り難う御座いました。機会があれば、又、参戦したいと思います。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
ボートメンテナンスを地元で行う為に、ボートを牽引して帰る事に。IMG_0267.jpg
「まったく、めんどくせ~な~」(笑)
明日は忙しくなりそうだ。

人の振り見て…

開始早々、早くもブログネタの枯渇に喘ぐひろです。
今日はヒヤリとする出来事があったので、その事について少々…

自分が利用するコンビニエンスストアが、バイパスと県道を結ぶ交差点の一角にある。
大通りであるバイパスに比べ、県道の交通量は少な目の為、信号機の切り替わる
タイミングが県道側は早い。
そういった道路事情から、県道側から、バイパスへ左折する為にコンビニの
駐車場を利用したショートカット行為が日常的に横行していた。
駐車場には、そういった行為に対する注意喚起を標示した看板もあるが、効果は薄い…。

今日もそのコンビニで買い物を済ませ、駐車場から出ようとしたその時、
突然、死角から、軽自動車が猛突進してきた!
どうやらこの車両もショートカットを行おうとしたらしい。
お互い、急ブレーキをかけ、事なきを得、ドライバーに視線を向けると、50~60歳くらいの、
年配のオジサンであった。
バツが悪そうにこちらに一瞥をくれると、そそくさと通り過ぎて行ってしまった…。
まったく(怒)

自分もこういったショートカット行為は一度や二度、経験があるので偉そうなことは言えないが、
今後、こういう行為はやめようと思う。やはり、近道行動には、落とし穴が潜んでいるものである。
「人の振り見て我が振り直せ」という、ことわざを思いだす出来事であった。

新規購入

自分の勤め先の近くには、大手釣り具チェーンのこちらがある。20120804_2200859.jpg
帰宅時のコンタクトポイントとしては、申し分のない品ぞろえとなるため、自然と足を運ぶ機会も多い。
先日の利根川釣行の際に、消費したワームを補充するため、今回も足をはこんだ。
お目当てのワームはコレ。IMG_0303.jpg
お目当てのカラーも見つかり、会計のためレジに移動しようとした時、リールコーナーで足が止まった。
以前から気になっていたSS AIRが店頭価格よりさらに10%引きのセールを行っていたのだ…。
ショーケース前で悩むこと2分…。(短かっ)結局購入することにした。
IMG_0300.jpg
帰宅後、ラインを巻き、早速ロッドにセットしてみる。IMG_0188.jpg

う~んカッコいい。
この、SS AIRはT3AIRの血統を受け継ぐベイトフィネス専用機の決定版として、発売前より注目を浴びていたリールのため、リリース直後は、品切れ状態が続き、中でも左巻きの8.1Lは再入荷後も、あっと言う間に売り切れてしまうため、購入のタイミングを逃していたが、ようやく入手することが出来た。
IMG_0302.jpg
スティーズベースのコンパクトボディでパーミングも上々♪
そして、異常なまでに軽い!
次回の釣行が、今から楽しみである。
使用感などのインプレは後日に…。

ブログ始めます。

ブログを始めることにしました。
釣行記をメインに日々、感じたことなど書いて行こうと思います。
このブログを読まれる皆さん、どうぞ宜しくお願いします。
pc152251 (2)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR