中毒症状

プロフィール画像を見ても分かる通り、「大」のフロッグゲーム好きな自分。
本格的なトップのシーズンも間近に迫り、ソワソワしだす今日この頃。

これはお気に入りのブロンズアイポッパー。
ビフォー、
IMG_0368.jpg
アフター、
IMG_0339.jpg
3シーズンほど投げまくった状態。もう何本のバスを釣ったであろうか…。
ボディには穴が開き、スカートはボロボロ。しかし、これが非常に良い動きをし、持っているフロッグの中ではダントツに実績が高い。
しかし、コレばかりに頼っても仕方ないので、現在は使わずにBOXの中に、お守り代わりに忍ばせている。

自分がフロッグの中で一番好きなタイプはポッパータイプで、様々なメーカーの物を使ってみたが、今のところブロンズアイポッパーに勝るものは自分の中では無い。しかし新製品の中に気になるモノが…
D-PopperFrog_green-T.jpg
ダイワ・D-ポッパーフロッグ。動かしやすさで好評のD-フロッグのポッパーバージョンとあっては、期待せずにはいられない。あ~早く使ってみたい。

タックルは、これまでブラックレーベルPF701MFBのグリップエンドを短くカットし、ドッグウォークしやすいように改造したものを代用してきた。
IMG_0384.jpg
しかし満足できずに、とうとう専用のロッドにまで手を出す始末…。
IMG_0379.jpg
コレはホントに¥高かった…。しかし使用感は最高で、軽快な操作性、絶妙なレングス、フッキングパワー、キャストアキュラシー、PEの使用を考えられたガイドセッティングなど、どれをとっても自分の求めたフロッグロッドに対する要求をパーフェクトに満たしている。流石だぜ~、T.Namiki~。

フロッグゲームの醍醐味は、通常のプラグでは到底打ち込めないようなスポットに打ち込んで、いつ出る!?といった、ワクワク、ドキドキ感がなんとも言えず楽しく、「投げる」、「誘う」、「掛ける」、「獲る」という一連の動作にアングラーの技量がモロに影響するため、釣った時の満足感が半端でない。これが面白くない訳がなく、中毒性の高いゲームである。
まあ、今季からはライトリグの導入&練習もあるので、コレばかりやってる訳にもいかないが。

これから、梅雨時になり、曇天、雨などであれば、期待感は更に高まる。

調子に乗ってカバーの奥まで突っ込み過ぎると、こうなるハメに…。
p6151453.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR