雨天釣行

シトシト雨の土曜日。
IMG_0836.jpg
今日はmuraさんと、久々の同船釣行。
お互い仕事が多忙でお疲れとモードと言うこともあり、のんびり7時に出船することに。

週始めからの涼しい陽気に加えて長雨の影響で増水タップタプ、水温ガタ落ちで22度台と、この時期にしてはかなり低い。
それでも予報では午前中は雨ということで、雨パワーに期待して中流域メインで探るが、どうもパッとしない。
IMG_0838.jpg
普段自分ではやらないようなスポットをmuraさんに案内してもらいながら探るが、午前中はmuraさんがノンキー2本、自分はキーパーサイズ1本のみ
IMG_0837.jpg

正午からはエリアをガラリと替えて探っていくと反応が出始めだす。
IMG_0840.jpg
☝700g前後のキーパーサイズがポツポツ釣れ出すもののサイズアップが難しい。

そのまま流していくと、濁った水に薄っすらと同化する様にバスを発見、アプローチするとすぐさまバイト。
IMG_MKK3.jpg
長さの割にはウェイトが無く900gのガリガリ君。
結局この日の自分は、計8本キャッチで上から5本のトータルは3キロチョイ。

一方mura さんは、
IMG_0851.jpg
パターンをつかんでからはキーパーサイズを次々とキャッチ。

自分はエントリーしてないが、プラも兼ねたmuraさんはTBC1週間前ということもあり、スポットや釣れ方は今回は㊙。
IMG_MKK1.jpg
途中、フッキングするのが難しいんじゃないかというサイズ(70ℊ)☝や新種?のバス☟もキャッチする。
IMG_0846.jpg

やはり今日のコンディションではmuraさんでもサイズUPは厳しいかと思われたのだが………
IMG_0854.jpg
IMG_0MKK2.jpg
後半、バックシートから怒涛のラッシュを決めてキロフィッシユ連発!9本キャッチして上から5本のトータルは4キロ越え!(゚Д゚;)
流石です。

IMG_0855.jpg
結局、日がドップリ暮れるまで大人げ無く粘って、18時30分終了となった。

今日は厳しそうだなぁ…と思いながらのスタートであったが、蓋を開けてみれば、2人で船中17本とここ最近では1番の釣果となった。
フィールドコンディションの悪化をネガティブに捉えていたが、釣り方やエリア選択をキチンと行えれば今日のような釣果もあり得るのだから、バスフィッシングって奥深い。

muraさん、お疲れ様でした!相変わらず同船してもらうと色々と勉強になります(^o^)/
また宜しくです~👍

カット!②

久々?のブログ更新。
ネタにするような事が無く、盆明けの仕事が激務だった事もあり、疲れて書く気力も無かったこともあるが。

さて、今日は利根川でBEAT第5戦の予定なのだが、自分は午前中は仕事絡みでの用事がある為、今回はパス。
BEAT戦の不参加は久しぶりだが、まぁ仕方ないか。

昼前に帰って来てからは、前々からやりたかったマイボートのエレキのシャフトカットを敢行する事に。以前、レンタルボート用のエレキを自分でカット出来たので、今回は楽勝と思ってたのだが…。
IMG_0829.jpg
ボート購入時から付いてきたTR82V。今まで42インチのシャフト長と思い込んでいたのだが、どうもシャフトが長いような気が…?そこで実際に測ってみると45インチのシャフトだった事が判明。
イーグルは浮き姿勢が割とフラット気味で、スタンヘビーなバスボートと違ってバウ側の喫水が低めな為、45インチではシャフトが長過ぎる。
このままの長さでは、ヘッドを下げるとシャフトベアリングが水没してしまう上に、シャローではボトムの泥を掻いてしまう。
逆に上げるとキャストの邪魔に。(以前、コレが原因でエレキのヘッドにロッドをぶつけてハリアーを折った経験あり)
なのでカットすることに。
IMG_0817.jpg
取り敢えずボートからエレキ本体を外し、バラす事に。以前カットした時と同じ作業内容なので詳細は割愛。
今回は45インチから4インチカットした41インチ仕様に。エレキのヘッドも目一杯下げる為に、アウターチューブ側も10cmカット。

一通りの作業を済ませ、動作確認する為バッテリーに繋ぎスイッチオン。
………。アレッ動かないぞ?なんで?配線間違えたか?。
ヘッド内部の配線を確認するが、接続は間違ってない。もしかしてシャフト内の配線を引っ張った時に、モーター側の配線が切れたか?。
あまりモーター側は開けたくないが、仕方ないので開けて確認してみるが、異常なし。

インジケーターのランプは点灯するのに、モーターが回らない。訳わからん…。
ここで作業を中断してネットでエレキ不動時の修理対応を調べ、色々と試してみるが、どれもダメ。
はぁ~やっちまった。修理に出すしかないか…、と思い始めた時、ピン💡と来て思い当たる事が。
そういえば、ピニオンギアを固定する為のリベット穴をシャフトに空ける時、ドリルの刃が配線をかすめた様な気が…。
IMG_0818.jpg
そこで再びばらしてピニオンギア周りの配線を確認すると、ビンゴ!モーター側の基盤から伸びている3本の信号線の内、1本がシャフト内で断線していた。
断線した信号線を接続し直して、元通り組上げ再び動作確認、今度は動いた!
あ~良かった…。しっかし今回は自分のミスとは言え、こんなに苦戦するとは思わなかった。
1度くらい上手く行ってるからって舐めちゃいけないな。

1時間半もあれば終わる作業が、原因の追究を含め5時間以上も掛かってしまうとは…疲れた…。
何はともあれボートにエレキをセットする。
IMG_0830.jpg
IMG_0828.jpg
これでヘッドを一番下まで下げてもシャローで泥を掻きにくくなり、シャフトベアリングも水没しない高さに上がりいい感じに♪。

苦労した分、達成感もひとしお。今回の一件でチョットはDIYスキルも上がったかな。

お盆釣行②

お盆休みも終盤に差し掛かろうとしているのに、まだ1日しか釣りに行けてない。
これではイカンということで、今日も利根川へ行くことに。

とは言っても起きたのが9時過ぎ、ダラダラ身支度済ませてゲレンデ到着したのは11時過ぎ。
まぁ、ノンビリと行きますか。

相変わらず水色も悪いままで、風も強め。
IMG_0800.jpg
本流は風が抜けてザブザブでエレキがキャビって釣りにならないので今日は支流オンリー。

午後になると雲が出て来て、ローライトコンディションになり雰囲気はいい感じ。フロッグメインで釣り上がるが、バスからの反応はあるものの、相変わらず乗らない。
なんだか、ここ1ヶ月位はフロッグには出るものの、乗らないバイトばかり。なんなんだ一体?
乗らないバイトに苦戦しつつ、支流をかなり奥まで進んだところで、ようやくフロッグでキャッチ。
IMG_0808.jpg
しかしサイズが…。

風向きが北寄りに変わり、肌寒い。どうもトップでは分が悪いので撃ち物にシフト。
テキサスで葦際を流して数頭目、モソッとした感覚が。一呼吸置いてフッキングすると、
IMG_0813.jpg
ようやくキロフィッシユをキャッチ。
久々にハスラーがひん曲がってくれたな~。

16時半頃には雲行きが怪しくなってきた。
IMG_0814.jpg
この後すぐに本降りの雨に。
また、雨パワーに期待してひたすらバズを投げ続けるが、1回デカそうな奴が出ただけで、その後は反応も無く、18時終了となった。

なんだか最近は釣りが雑になりがちで、ヘタになった気がするな…。
チョット自分のスタイルを見直さないとな…。






映画鑑賞

今日は数年ぶりに映画館に足を運び、コチラを鑑賞。
poster2.jpg
人気シリーズ4作目。
過去3部作の内容は多少は覚えているが、最新作を見る前に、レンタルで借りておさらいしようと思っていたが、劇場公開や第1作が先日、地上波(金曜ロードショー)で放送された影響もあってか、どこのレンタルショップに行っても全て貸し出し中…。
そこで2~3度タイミングをずらしレンタルショップに足を運んだが、相変わらず過去3部作全て貸し出し中…。旧作なのでレンタル期間も長い為、利用者が中々返却しないのも借りれない要因の一つに思う。
なのでいい加減諦め、(我慢できなくなったとも言うが)新作を見に行くことに。

内容はネタバレになるので書けないが、やはり今作も見ごたえ十分!
特に劇中で乗り物から、ロボットにトランスフォームするおなじみのシーンは圧巻で、過去作含めて何度見ても飽きない。
また、登場する車がとにかくカッコ良く、メカ好きにはたまらない内容でもある。
007l.jpg
中でも一番好きなキャラクター(車)が、シリーズを通して登場する人気キャラクター、バンブルビーが変形するシボレー・カマロ。
model_camaro.png
あ~、カッコいいなぁ…( ;∀;)
1度でいいから乗ってみてぇ~。

お盆釣行

約4週間ぶりに利根川に出撃。
IMG_0781.jpg
世間一般は、いつからお盆休みなのかは知らないが、今日のゲレンデは閑散としていて、自分を入れても出撃しているのは5艇ほど。

6時過ぎスタートの段階では水温26度台、昨日上流域でかなり降ったらしく、その影響か、かなりの増水で白濁としている。
今日は南寄りの風が強く、午後からは雨の予報。

この濁りようでは、何処に行っても状況は変わらないだろうが、少しでも水の良い所を探すべく下流にバウを向ける。
IMG_0782.jpg
根木名周辺の連杭が見えなくなるぐらいの増水っぷりで、カレントも強い。

常総大橋下流まで下った所で一旦ボートを止め、水質の確認をするが、この辺りも白濁している。取り敢えず近くのブッシュエリアを打つが反応ナシ。再び移動、今度は神崎下流まで下る。

移動後、実績のあるブッシュエリアでフロッグを投入すると、ガバッ出た!しかし枝越しでのヒットの為フッキングが甘く、引ッぱり出そうとしたところでバラしてしまう。
更に同様の条件で再びフロッグにバイトがあったものの、今度は乗らない。

それからは、水色を確認しながら小移動を繰り返し、東関道まで下る。
IMG_0783.jpg
やはりこの辺りも白濁としていて、スロープ周辺と変わらない。ここまで来るころには、水位もかなり落ちており、シャローではエレキで泥を掻く始末。
結局、水質の確認だけでガソリンを無駄に使ってしまった…。

午後になると風に加えて雨も降りだしてきた為、一気に中流域まで戻り支流に入る。
支流も濁りはきついが、本流に比べれば釣りしやすいので、雨パワーに期待して岸沿いをバズで流していくと、よそ見している最中に出た。
IMG_0787.jpg
やたら引いて走るので、キャットかな?と思ったが、バスだった。何気に今季、初バスならぬ初「バズ」。

そのまま流していくと再びバズに、
IMG_0788.jpg
バズベイトと変わらないぐらいのかわいいサイズ。
17時近くには空模様が怪しく、冷たい風と共にドス黒い雨雲が辺りを覆い始めて来て、土砂降りになりそうな予感がしたので帰る事に。

帰宅途中で前が見えなくなるほどの豪雨に。
IMG_0789.jpg
早目に帰還して助かった…。

しかしこの様子では水が回復するまで時間がかかりそうだな…。
今後の釣行はどうしようかなぁ…。


デッキ構想

まだ台風の影響が残ってるのか、今日も爆風で釣りに行けない…。
仕方なくボート整備。

さて、ボートデッキを眺める事3分、前々から気に入らない形状のオフセットマウント
IMG_0770.jpg

気に入らない理由は、オフセットトレイ前部のスロープ形状。フロント全体がスロープ形状の為、ペダルが前寄りに付けられない。
06006-777100.jpg
この為、ペダルの踏む位置(エレキ操船時の立ち位置)が後ろ寄りなのだ。
ペダルをもっとバウ寄りに出来ればキャスト時にエレキのヘッドに気を遣わなくて済むのでキャストしやすくなる。
ということでネットを駆使し、様々な形状のオフセットトレイを探していたが、意外な所から理想の形状のトレイが出て来た。
IMG_0762.jpg
これはサウザー450のオフセットマウント。この形状ならケーブルを逃がすスロープ部分が最小限だし、トレイ前側が垂直なので、ペダルもかなり前までずらして付けられそう。
そこで450乗りの大ちゃんにサイズを調べてもらい、素敵な図面(笑)を送ってもらう。
IMG_0760.jpg
この寸法なら、自分のボートの現在空けてあるオフセットの穴にフロント凸部のスロープ部分のみデッキをカットするだけで
付けられ、ペダルの位置もかなり前寄りに持って来れそうな感じ…。
ただ、通常販売している395用のトレイと違い、450のトレイは一般販売してないので、単品で注文しても販売してくれるかが疑問。
取り敢えず注文できるかはショップからの回答待ち。

ひとまず寸法通りに枠を囲んでみることに、
IMG_0779.jpg
思った通り、かなりバウ寄りまで持っていける。
しかし、トレイ後ろ側の元穴が残るので、処理を考えなくては…。
などと思っていたら、同じ考えを持っていた勇者が実行に移した模様。
IMG_0769.jpg
大ちゃん…、思い切ったね…(;'∀') 高価な450艇のデッキを切るのは、さぞ勇気が要ったことでしょう!。
しかしコレは凄い!これだけ前にポジションを取れれば、キャスト時もエレキの存在が気にならなくなるだろうし、デッキ後方が広く取れるから、15フィートクラスとは思えないデッキの広さになるんだろうな。
こちらもやはり、元穴の処理に悪戦苦闘する事だろう。

バウ寄りのポジションでエレキを操船することになるので、落水のリスクは高まるので、注意しないとね(゚д゚)!

タックルBOX変更

お盆休みに入ったというのに、台風襲来の影響で爆風の為、釣りに行けん…。
明日も影響が残って風が強いみたいだしダメだな…。
仕方なく今日はタックル整理して大人しくすることに。
IMG_0765.jpg
今までは右の派手なラッピングを施した↑VS3078をプラグ専用で使用しており、↓ワーム類はバッカンに収納していた。
IMG_0768.jpg
プラグ用のVS3078はボートデッキに、ワームを入れたバッカンはセンターストレージ内に置いて分けていたのだが、別々で使うのがめんどくさくなってきた。
そこで無い知恵絞り、左側のVS3080に全て収納してみた。
IMG_0766.jpg
VS3080の上段は、プラグ類を、
IMG_0767.jpg
下段はワーム類(シンカーやフック、ラバージグ,スピナベなどを収納)。
ワーム類が少なく感じるだろうが、以前ワームの整理で1パックに3色混ぜて集約しているので、このスペースでもかなりの種類のワームが入っている。

1つに纏めた事で、レンタルボート時や、人の船に同船させてもらう時など、BOX一つ持っていくだけで済むので、いちいちルアーの入れ替えを考える必要が無くなったし、場所も取らない。

ただ、これは現時点での考え方なので、また心境の変化や、ルアーの増殖があれば、変わる可能性がある。
タックルBOXの整理って、永遠のテーマかもしれない…。

早期完成

先月下旬に改造依頼でショップに出していたリトゲー。
IMG_0751.jpg
☝予定よりもだいぶ早く完成して戻ってきた♪
随分と可愛くなったね~。

サイズ比較してみる。
IMG_0756.jpg
長さは変わらないか…。
でもかなりスリムで、重量も21ゲーター改の6㎏→リトゲー改の4㎏になり持ち運びは更にしやすくなったかも♪
わずか2㎏の差だが、持ち比べると数値以上の軽量感はある。
IMG_0754.jpg
今回のリトゲーは完全に倒すことが出来る仕様に。これならプロペラにゴミやラインが絡んだ時は、エレキを完全に上げる事が出来るので、21ゲーター改の時より、更に取除きやすくなるかな。
IMG_0753.jpg
取り敢えずスモールバウデッキにセットしてみた。
なかなかイイ感じ~♪

ただ、現在の魚探の位置だとエレキを上げた際に、魚探に繋がるコード類が引っ張られて、使い勝手が悪いので、ゲーターの上に架台付けて乗せようかな…。
ローカルの間で流行ってる付け方みたいだし。

すぐにでも使いたい所だが、現在のレンタルフィールドは軒並み減水状態で、
自分の好きな釣りが出来ない状況…。
もう少し水が増えて、涼しくなる秋頃に活躍してもらおう。

ストレージ改善

一昨日のダンパー取り付けに続き、昨日もボートいじり~。
前日に比べて風も有って作業はしやすいが、暑い事には変わりないので短時間でサクサクっと済ませる事に。

今回はバッテリーストレージの更なる改善。以前、バッテリーレイアウトの改善で1発をフロントに持っていき、広大なスペースを確保できたのだが、バッテリーの搭載位置が両サイド共、若干センター寄りであと少し端に詰められそう…、そこでプラスチック製のトレイが割れてきたこともあり、アルミの頑丈なL型アングルでトレイを作成し、バッテリーの搭載位置を両端限界まで詰める事に。
IMG_0747.jpg
バッテリートレイって買うと意外に高く、2つで4000円弱とバカにならない金額だが、アルミのアングルでDIYすれば材料費も2000円弱。アングルに滑り止めを付けた簡易的な作りだが、これでもバッテリーがずれることはまず無いので、無問題。
費用も浮いたし、更にスペースが取れたりとイイ事尽くめ♪

続いて、接続が煩わしかったバッテリー周りの配線の改善。
IMG_0750.jpg
エレキ(24V)とパワーポールの配線を集約して、ワンタッチコネクターに変更。
コネクター自体は長年使っていると摩耗でガバガバになるので、消耗品と割り切る事に。

後は船体を掃除すれば終わり。
ここの所、レンタルボートやら、ボートいじりやらで、しばらく利根川はご無沙汰。
なので、お盆休みは久々に利根に浮くぞ~(^o^)/と、思っていたが、台風の進路が気になるな…。

ストレージダンパー

愛艇のフロントストレージ。
IMG_0746.jpg
両舷のロッドストレージとセンターストレージ共に、開閉時に支えが無い為、片手で閉まらないように支えながら荷物を取り出していたが、不便なのでダンパーを取り付ける事に。
IMG_0739.jpg
ダンパー自体は前もって購入していたが、このクソ暑い中、取り付ける気にならずしばらく放置していたのだが、重い腰を上げて取り付け作業する事に。
IMG_0744.jpg
今日も屋外での作業には厳しい陽気だが、南西の風に期待して涼みながら作業するはずが、予報が外れて風なんてちっとも吹きやしない。
IMG_0742.jpg
暑さにヒーヒー言いながらも何とか取り付け完了。素人大工な為、位置合わせがうまく行かず失敗穴があるのはご愛嬌。
きっと暑さのせいで手元が狂ったに違いない(笑)。

本当はセンターストレージだけ付ければ十分なのだが、滅多に使わないロッドストレージ側にも取り付けることにしたのは、
ロッドの出し入れがあった場合、ストレージのフタでロッドをギロチン!、なんてことも有り得るので、泣きを見る前に予防策を取る事にした。

しっかし、カンカン照り&無風での作業はホントにキツかった…。
屋外で仕事してる人達ってホント凄いわ( ゚Д゚)






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR