偏光グラス遍歴

今日から9月。
先月は何かとバタバタして、お盆休みが10日間もあったにも関わらず、8月は釣りに行けたのはわずか3回。
今月はもう少し多く行きたいな。

さて…、
釣りにおけるマストアイテム、偏光グラス。
様々なブランドからリリースされているが、自分が長年愛顧しているのはティムコのサイトマスターシリーズ。
かれこれ10年近く前からこのメーカーの物を使用している。
過去の買い替え回数は4回。
1本目は、
1390209714-756492_1.jpg
バタフライ。
初めて購入した偏光グラスで、それまでの通常のサングラスとは水中の見え方の激変ぶりに感動したもの。
しかし金属フレームの為掛け心地が重く、疲れやすかった記憶が。
印旛沼で胸元に引っ掛けて釣りをしていた時に、ポロっと水中に落ちて殉職。初めてサングラスに高い金額を掛けて購入した物なので、あの時はマジでショックだった。
2本目は、
IMG_0870.jpg
スティングレイ。
購入当時はカーブのきついデザインがかっこよく、赤いフレームは当時は人気があって品薄で買うのに苦労した。
このモデルから、フレーム素材は軽い樹脂製を選ぶようになり、ガラスレンズを使用しているにも関わらず掛け心地が軽くなった。
ただ、デザイン優先で購入した為、自分の顔にはフィット感はイマイチで、下を向くとすぐにズレてくるのが欠点。
現在も所有しているが殆ど使わなくなり、無くしたときの予備として持っている感じ。
3本目は、
20134550.jpg
ワンエイティーマッハ。
2本目のスティングレイでのフィット感での失敗を教訓に今度はフィット性重視で購入。
確かにフィット感は抜群でズレは皆無であったが、今度は逆にそのフィット性が仇になる事に。
店頭での試着時は短時間の為、気にならなかったのだが、実際フィールドで長時間掛け続けると、テンプル部の締りがキツめな為、耳の裏側が痛くなってくる為、1年も使用せずに売却。
これは誤算であった。
その後はしばらくはスティングレーを我慢して使っていた。
4本目、
IMG_0869.jpg
インテグラル。
現在メインで使用中なのだが、これまで自分が購入してきたモデルの中では、ダントツで良い。
軽い掛け心地は当然として、絶妙なテンプルの締め付け感で痛くも無く、それでいてズレない。
正直、自分の顔に合う偏光は無いと、諦め半分であった所もあったので、大げさではなく感動モノであった。
フレームの視界も広く取られているので見やすいのも良い。
また、最近になり気づいた事が、
IMG_0872.jpg
アームの後ろ部分がチタン素材のフレームで曲げる事が出来る為、より自分の顔にフィットする様に微調整出来る。

このサイトマスターシリーズは名だたるプロアングラー達に愛用されていることからも、性能の高さがうかがえるが、店頭価格で2万半ば~2万後半と比較的手を出しやすいのも良いところ。
また、ガラスレンズを採用しているため、レンズを拭いた時の拭き傷にも強い。

今季、新たなラインナップとして加わったコチラも気になる所。
Kinetic01.jpg
ティムコのサイトで青木プロの動画解説を見ている感じでは良さげな感じ。
しかし試着でもしようものなら、勢いで買ってしまいそうだが、金欠中なのでココはグっと我慢、我慢。
あ~、しかし気になる~( ;∀;)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR