ワームフック

ここの所カバー撃ちで良く使うワーム。
P9180067.jpg
どれもフックを通す胴の部分がスキニーなタイプばかり。
オフセットフックはフッキング優先でワームの種類問わずワイドゲイブばかり使ってきたが、ゲイブが広い分ワームがズレ易かったり、引っ掛かりやすかったりで手返しが悪い事も。(自分がヘタなだけ?)

スキニーなワームのボディなら、ナローゲイブタイプのオフセットフックを使えば良いのだが、カバー撃ちで使う事を考えると太軸でないとダメ。
しかしナローゲイブタイプのフックではあまり太軸の物は見かけない。
全く無い訳でもないが、個人的に形状が気に入らなかったり、ナローゲイブと謳っておきながら、「コレ、ワイドゲイブじゃね?」みいたいなのがほとんど。

しかし最近になり、おっ!コレは?というフックが出て来た。
HLI052_main01.jpg
RYUGI・リミット。
太軸で刺さりが抜群と好評らしく(まだ1度しか使ってないので)形状も個人的にGOOD。
P9180070.jpg
どちらもRYUGIの3/0サイズのフックで、左がワイドゲイブのインフィニ、右がナローゲイブのリミットでゲイブの幅もこれだけ違いがある。
実際にリグってみた。
P9180061.jpg
ワイドゲイブに比べてフックの収まりが良く、ワームとの一体感が出るためカバーのすり抜けが良さそう。

他にもこんなメリットも。
P9180062.jpg
直リグタイプの場合、ワームとゲイブの間にシンカーが入り込むトラブルがあるが、
P9180064.jpg
ナローゲイブだと隙間に入りずらくなるので使い勝手が良くなりそう。

まだ魚を掛けてないので判断できないが、フッキング性能やカバーでの使用感などは追々確認していくとして、これで良ければ太軸のフックに関してはこのメーカーをメインで使っていこうと思う。
(因みにワイドゲイブのインフィニは何度か使っているが、バルキーワームにはGOOD👍)
デメリットって訳でもないが、自分が利用する釣り具店だと扱ってるところがまだ1店舗でしか見かけないので、他に置いてある所をリサーチしとかないダメだな。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR