ベアリング

今日から11月。バスフィッシングのシーズンも終盤

シーズンオフに備えて(1年中釣りしてるのでシーズンオフなんてないけどw)リールメンテ用のベアリングの予備が無くなってきたので大量に注文。
PA300202[1]
今回は予備を含めて70個以上の数になってしまった…(汗)

ベアリングの代金だけでこの金額…。
PA300199[1]
2万越え…(汗)
1個辺りの単価は大したこと無いが、塵も積もれば山となる。
これでも釣り具メーカーのモノを買うより遥かに安いけど

これだけストックしておけば当分メンテナンスには困らないだろう

因みにリールやラジコンなどに使われるタイプの小径ベアリングの正式名称は「ミニチュアベアリング」と呼ばれ、「ミネベア」はミニチュアベアリングの分野ではトップシェアを誇り精度や品質を含めて信頼できるベアリングメーカー。

ベイトリールの場合、ハンドルノブの部分だけでも1台あたり4個使うので、ここのベアリングが注文の大半を占める。
PA300204[1]
今回は、スティーズ系(ssAIR含む)5台、T3系(SV、AIR含む)3台、アルファス系2台のストック分。
流石に1度のメンテで全ての箇所のベアリング(9~11個)を交換することは無いけど

ダイワのリールを使うようになってからはリーリングノイズがやたらと気になるようになり、巻き物リールなんかはノイズがあると許せないレベル。

自分のメンテナンスの経験上、1度でもノイズが出始めたベアリングって、ベアリングをパーツクリーナーで洗浄し異物を除去して回転が良くなったとしても、ノイズまでは改善されることは無いので、勿体ないが使い捨てる事にしている。
以外にベアリングってデリケートなパーツなのだ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR