アクセス内容

前回からの続き。

当ブログ内で最も関心の多かったのがタックル関連の記事
その中で検索ワードの上位に最も多く関心を寄せられたタックルTOP3の紹介でも。過去に1度インプレしているが、その後の使用での感想を踏まえ、改めて紹介でも。

1位、SSAIR
P4260431[1]
ブログ内のアクセス解析での検索ワードの中でほぼ毎日、検索にひっかかるくらい関心の高かったリール。
発売から1年以上経つが、いまだに多くの方の関心を集めると言う事は、それだけこのリールの人気の高さがうかがえる

自分が所持していたベイトフィネスリールではT3AIRが1番軽量リグを扱うことに長けていたが、利根川メインとなっている現在では4g以下といった極端に軽いリグにそこまでの必要性は感じず、売却してそっくり入れ換え。

性能的にはT3AIRに限りなく近いが、こちらのリールのほうがブレーキ力がほんのわずかだが強めのセッティング。
自分がベイトフィネスでよく使うリグの総重量は4.5g~7g未満までのネコリグやスモラバ、ジグヘッドワッキーといった具合なので、風の影響を受けやすい利根川で使う場合、こっちのほうが個人的に好みで 、ラインはフロロの8~10ポンドを30m巻きで使うことがほとんど。

ストラクチャーに絡めて使うことが殆どなので、セットするロッドもハリアーFスペックやブラックレーベルPF6101LRBといった長く強めのロッドをセレクト
P4260432[1]
リールの自重もT3AIRより更に軽く、メインで使っているスティーズとパーミング感が一緒なのも良い所


2位、ブラックレーベルPF701MFB
P4260434[1]
もはやバーサタイルロッドの定番と言っても良いロッドだが、今では3/8~1/2ozサイズのスピナベ、チャター、バズベイト以外には使わない。というか、それ専用に。ティップにウェイトを乗せやすいので上記サイズのルアーがとても投げ易い。
使うシチュエーションも広範囲に広がる連杭やテトラ帯のサーチがメイン。

Mアクションにしてはかなり強めのロッドで、テトラ帯や連杭の中でバスを掛けても1500クラスくらいなら余裕で引っ張り出すパワーを持つ。
元々撃ち込み系のロッドなのである程度のディスタンスを取ってのバイトでもしっかりとフッキングに持ち込むことが出来、シングルフック系の巻物ルアーでのバラシは今のところゼロと素晴らしい結果。
IMG_0976[1]
今年のナイスバスもこの竿のおかげでキャッチ。

ロッドの自重が150gと重めだが、先重り感はなくグリップ側に重心の来るロッドなのでスティーズのような軽いリールと組めば巻物ロッドとして使う分にはそんなに重さも気にならない。
ラインは使用する場所でのノリとフッキングを両立する為ナイロンの20lbがメインで、レンジを落としたいときはフロロの14lbを使用。


3位、スティーズ・マシンガンキャストTYPEⅢ
P4260441[1]
SSAIR同様にこちらも昨年から導入したロッド。
世界のT.並木が作った第三のロッド。強めのバーサタイル仕様のようだが、ファーストテーパーでHMH(MHのティップにHのバット)というかなり強めのパワーなのでどちらかというとジグやテキサスといった撃ち込み系の釣りのほうが相性が良い

軽くシャープな操作感を持ちながらも、トルクのある粘り強いパワーも併せ持つので中空タイプのフロッグを扱うのにもとても相性の良いロッド。

最近のバス用フロッグロッドというと、7フィートでMHアクションのものがほとんどだがオーバーハングの奥に叩き込んだり、葦際のポケットギリギリにキャストする為の精度を考えれば7フィートクラスの竿では個人的には長過ぎ。加えてドッグウォークを主体とするロッドワーク命のフロッグゲームでは、長時間の操作を繰り返すだけに長くて重いタックルは避けたい所。
その点この竿は6.9フィートという長過ぎず短すぎずの絶妙なレングスでフロッグを動かしやすく、精度の高いキャストも可能。自重も111gとフロッグ竿としてはとても軽いので軽量リールと合わせれば、はっきり言って丸一日ドッグウォークを繰り返しても疲れないだけの素晴らしいバランスを誇る

又、フロッグに使って下さいと言わんばかりにPE対応のガイドセッティングになっている点も見逃せない
P4260443[1]
昨年のフロッグメインの琵琶湖遠征では琵琶湖のバス相手に(50アップ止まりだったけど…)とても活躍してくれた

以上の3件が当ブログで関心の高かった記事内容。
まぁ、タックル関連の記事は気になっている人から見れば、他者のインプレは参考になる情報源だし、高額な道具であれば尚更で失敗のリスクを回避できるのでアクセス数が伸びるのも当然といえば当然。

でも、道具の使い方なんて十人十色、人によって好みは違うのであくまでも参考程度にしてもらえれば幸いです。
あと、自分はメーカー関係の回し者でも無いのであしからず…(笑)

1周年

気付けばこのブログも開始から1年が経過した。

飽きっぽい?自分にしてはよく1年も続けられたな、と思うが始めて見るとこれが結構楽しくてネタがある時なんかは早くUPしたいな~なんて思う事も。
流石に毎日更新できるほどのネタも時間も無いが、それでも年間で130件以上更新できたのは自分でも上出来。

ブログ開設時に比べると更新回数は諸事情により月に数件程度になってしまうが、自分のペースで今後も更新を続けていければ良いかと…。

因みに文章の末端が「~です」、とか「~でした」みたいな丁寧語ではなく、「~である」とか、「~であった」みたいな硬い表現なのは、このブログがあくまでも自身に対する日記的(備忘録)を目的としている為。
他者に対して同意を求めるような表現をする時はキチンとですます調を使うようにはしている。

こんな零細ブログですが、今後も宜しくお願いいたしますm(__)m

さて、開設から1年、アクセス解析を進めると過去の自分のブログ記事の中でどんな内容がよく読まれていたかが分かるが、このブログで1番関心の高かった内容と言えば、やはりタックル関係の記事が断トツで多かった。

なので明日はアクセス解析のキーワード検索で最も多かったタックル関連の記事内容の紹介でも。

再会

今週は私用で釣りはお休みの予定だったけど、予定が翌週に変更になり今日は空きが出来た。ならば当然、釣りに行く事に。行先はモチロン利根川
P4190408[1]
前日にロクに準備をしてなかったので支度に時間が掛かりスタートは8時と遅め。
まぁ、低血圧な自分は基本、早起きしてまで釣りはしないスタイルなんでいつも通りと言えるが…。

前日までの爆風は収まり今日は穏やか。この曇天な天気が吉と出るか凶と出るか?

スタート後、しばらく中流域で反応を見るも、魚からの返事は無い。
上流からの濁り水が下まで降りて来たのか、所々水質は悪いので一気に下流まで下る事に。

移動後、神崎大橋下流のジャカゴストレッチを流していたら思わぬ再会が待っていた。
P4190410[1]
岸に打ち上げられた白いクーラーBOX。実はこのクーラーBOXの落とし主は自分。
2週間前の平日釣行時に爆風でラフウォーターと化した利根川を走行時に飛ばしてしまい、無くした事に気付いた時にはもう手遅れで、半ば諦めかけていた。

上陸して回収しようと思ったが、今流していたストレッチが良いスポットだったので取り敢えず撃ってから岸に接岸しようと思いジグヘッドワッキーを投げた1投目で「コン」とアタリが。
P4190409[1]
なんとクーラーBOXの前に魚をキャッチ(笑)こんな事ってあるんだね~

無事クーラーBOXも回収
P4190412[1]
シマノ製のフィシングクーラーで容量は9ℓと小さいが、今時期ぐらいにはこれが丁度良いサイズで使い勝手が良く、気入っていた。無くした時は、「今頃は海まで流されているだろうなぁ…」と諦めており、まさか見つかるとは思っていなかっただけにこれは本気で嬉しかった

流石にまったくの無傷という訳にはいかず、サイドのペットボトルを入れる小窓の取っ手が無くなっていたが部品で取り寄せできるので、ひとまず安心。今度からは気を付けないと。
買えば1万位はする高価なモノだけに、これだけでも下流まで来た甲斐があったというもの

その後、釣り再開と思いきや、ポツポツと雨が降り出してきた。レインウエアを車内に忘れたので急いでスロープまで引き返す

レインを着用して釣り再開、しかしこの後3時間以上ノー感じ…。

風も流れも止まり、プラス要因となるのは雨くらい。スローな釣りでバイトを待つが反応ナシ。
そこで気分を変える為、巻きの展開にシフトする事に。

テトラ帯に移動してスピナベを投入すると、
P4190416[1]
P4190414[1]
テトラのインサイドからアウトサイドに差し掛かる所で引っ手繰ってバイト!
ものの5分程度であっさりと2連荘。さっきまでの苦戦は何だったんだ…。
これで気分良く終了する事に。

「早起きは三文の徳」と言う言葉があるが、早起きしなくても3文どころか4文も得があった釣行であった(笑)

さて、次の釣行はG.Wかな。

撃沈

今週も利根川へ。早朝はモヤがかかって神秘的な雰囲気
IMG_0989[1]
IMG_0990[1]
先週まで14度台あった水温は、寒の戻りと週中頃に降った冷たい雨&雪の影響は避けられず、ガタ落ちして10度台に…

濁りも入っており今日はカバーかな…と思い長門川に入ってブッシュを撃ちまくる作戦であったが、
IMG_0991[1]
どうやら将監川のボート店で複数の大会が開かれているらしくボートが多すぎなので早々に退散💦

今度は根木名川へ移動し、隣にある支流に期待を込めて入ったものの、
IMG_0993[1]
なんと入ってすぐの所で川を塞ぐように刺し網が!
この奥に行きたいのに…。オイオイ、酷いだろ!これは<(`^´)>

トリムアップして強引に進んでやろうかと一瞬考えたが、ボートはクリア出来てもパワーポールが確実に引っ掛かるので断念せざるを得なかった。ぐぬぬ…。

仕方なく移動。その後下流域で色々試すが、バイトは遠い

釣れないときは飯を食うに限る!という事で船上ラーメンタイム
IMG_0995[1]
時期的にコイツの出番も終わりかな

休憩を済ませ釣り再開、連杭をスピナベで探ると待望のバイト!やっときたぁ~!サイズもまあまあじゃん!と思いながら寄せて来るも、ボート手前で「フッ」と重みが消えて軽くなった

バレた…と思いつつも、ん?なんか変?、ルアーの重みも無いような?
IMG_0996[1]
アームが折れてヘッド側が無くなってる…。魚に可哀想なことしてしまったな…ゴメンよ~m(__)m
ってか、このスピナベ、まだキロクラスのバス2本しか釣ってないのに。アーム弱すぎなんじゃないの?ハズレ品つかまされた?

気を取り直して次のバイトを待つがノー感じ。時刻は14時過ぎ、この後夕暮れまで粘るか迷ったが、翌日の仕事に疲れを残したくはないので後ろ髪引かれる思いでスロープに戻る

結局、ガタ落ちした水温に太刀打ちできず完敗。なまじ魚を掛けてるだけにノーバイトよりも悔しさが…
クソ~次回リベンジだ!

あっ!折れたスピナベ買い直さなきゃ!



降雪

4月に入りいよいよ春本番かと思いきや、一転して真冬に戻ったかの様な寒さに。早朝は、あまりの寒さで雪でも降るんじゃないかと思っていたらホントに降って来た!

滅多に見る事が出来ない桜と雪の貴重なコラボレーション。
P4080474[1]
IMG_0984[1]
通勤時間帯に直面した、なんとも言えない不思議な光景に思わず車を止めて撮影。

千葉県の平野部でこんな光景を拝めるとは思わなかった。
なんか得した気分♪

でも…この降雪で確実に利根川の水温下がったよなぁ…
今週予定してたけど、どうしようかな…

爆風釣行

会社サボって平日の利根川へ(笑)
IMG_0968[1]
と言うのは冗談で、今日は代休を取得。

週末に控えたTBCのプラの為か、平日にも関わらず既に7~8艇は出撃した後だった

準備を済ませ7時スタート

曇天に加え、南の暖かい風が朝から吹いており春爆の予感。

強風で釣りずらいものの、今回も暖かい南風が当たる茨城側のエリアを中心に回る事に。

最初に入ったゴロタのスポットで早々にバイト!やたらとグイグイ引くのでデカいかも?と思いながら寄せてきたら…模様が違う「奴」だった…。

しばらく周辺をチェックするも反応無く、移動する事に。久々に下流域へ向かう
IMG_0971[1]
つぎのエリアに到着。強風が吹き付ける茨城側のショアラインは濁っているが、それでもこんな時は暖かい風の当たるシャローエリアにデカいのが差してるハズ!、と読んで濁りが比較的薄い所を探しながらひたすらチェックしていく事に

流し始めて20分程した所でリーズと木杭の絡むとあるスポットでガツンとバイト!
IMG_0976[1]
ハイピッチャーMAXに食ってきたナイスな奴♪
今年、最初で最後になるかも!?のグッドサイズ。かなり浅い所に居たね~

連発を期待して流していくが、この後一段と風が強まって白波が立ち始めてきた
IMG_0978[1]
ダメだこりゃ…(汗)

本流はすでにザバザバで釣りにならず、仕方なく13時には早上がり。春爆ならずで消化不良な感もあるけど安全第一だしね。

ま、一応良いサイズが釣れたんで今日はヨシとしておこう…。
うぅ~、ラフウォーターを長時間走ったせいで体がイタイ~(>_<)

スズキ船外機

今月のBasserで目に付いた成田プロの記事。
IMG_8214[1]
スズキの新型4ストロークエンジンについて書かれており、馬力こそ違うもののスズキ船外機のオーナーとしては共感を得る記事であった。

そこで自分もこのエンジンについてインプレでも。
エンジン乗せ換えを考えている人の参考になれば幸いかと…。

SUZUKI DF90A。2009年にフルモデルチェンジされた現行モデル
image_001.jpg
2012年の11月に乗せ換え。その前はマーキュリーのキャブ仕様の2スト75馬力が載せられていた

今のボートを中古で買った時、1年ぐらい乗ってから4ストのエンジンに乗せ換えするつもりであったが、このエンジンがあまりにもストレスの塊(エンジンが掛からない、うるさい、2ストオイルの入手が面倒、燃費最悪…etc)で我慢出来ず、予定より半年も早く乗せ換えを決行する事になった

4ストに乗せ換えるにあたり、始めはマーキュリーの60馬力あたりを考えていたが、せっかく80万以上出しても前よりスピードが遅くなるのもなんだかなぁ…と思いショップに色々相談した所、60馬力の金額にあと数万程度の上乗せ金額で(メーカーが特別割引してくれたおかげで)スズキのDF90Aが積めるという事で、清水の舞台から飛び降りる覚悟で乗せ換えを敢行。

エンジン重量が2スト138㎏→4スト160㎏とバッテリー1発分の増加だっったが、イーグルはガソリンタンクがシートの下に配置されてる関係上、後方に重心が集中し過ぎないおかげもあって船体バランスは問題ナシ
(※船体の耐久試験も含んだ臨時検査もキチンと合格済みなので船検もOK)

さて、前置きが長くなったがここからはインプレでも

自分が気に入っているポイントは4点


1つ目は、何と言っても燃費。
スズキの現行型の4ストは一部を除いて好燃費に貢献するリーンバーン機構を採用している。このおかげで従来の4ストより更に1割ほど燃費が良くなるとの事
image_007.jpg
実際、4500回転弱(55~58キロ位の巡航スピード)で走っている時の燃費は素晴らしくて、北総スロープ~根木名川の区間、約10.5キロの距離を往復(計21キロ)した時のガソリン使用量はわずか7リッターと驚異的な数値。

90馬力というソコソコの馬力の事を考えればこれはスゴイ。これが以前の2ストなら15リッターは使ったであろう。
しかも2ストオイルを必要としないのでランニングコスト的に、以前と比べ実質1/3ぐらいと言える。
1回の給油も以前はスタンドまでわざわざ牽引して入れに行っていたが、今では20ℓの携行缶1つで済むので非常にラク。

普段、馬力の割にちんたら走っているのはガソリン代をケチってる為デスw
(※燃費についてはボートの条件等で大きく変わるのであくまで参考で)



2つ目は静粛性。
これも従来の4ストに比べると静かでエンジンの振動も少ない。ヤマハの4ストも静かだが、これを上回る静粛性で、上記の巡航程度のスピードなら同船者と大声で話さなくても会話が成立するレベル。


3つ目は信頼性。(耐久性とも言える)
スズキの4ストはエンジントラブルが極めて少ない事で有名だが、その評判どうり乗せ換えから2年以上経過する現在でも、トラブルは1度も無い。
船外機のトラブルって車のエンジンとは比べものにならないくらい高い割合で発生する。そのくせ修理となればかなりの時間を費やすことになるので、その間ボートに乗れないのは痛い。車のように代車の貸し出しもなく、基本、車両保険のようなものもボートには無いので修理代は当然自腹となるので、場合によってはウン十万円という金額も…。見積もり金額見ただけで卒倒しますよね。
こういった不安要素が少ないのもスズキエンジンの魅力。
琵琶湖でガイド業を営む方々の間で好まれる理由もうなずける


4つ目はエンジン重量。
スズキの現行型の4ストは他社の同馬力帯と比べると軽いラインナップの物が多い。(最近出たマーキュリーの新型4ストも同重量になったが)
オーバーパワーのエンジンにした場合なら尚更、この重量差分が効いてくる
その重量差分をパワーポールなどに回せることのできるメリットはデカい
IMG_0951[1]

※重量について追加の記述を。
2スト時代はガソリンをタンクに50~60リッターほど常時入れていたが、燃費が良すぎることもあり、今では普段、35リッター前後(満タン時の半分)しかタンク内に入れていないのでその分船体重量の軽量化にも貢献している

以上が自分が感じた事である。あくまで15ftのイーグルに90馬力という、ちょっとだけヤンチャ仕様での感想なので参考になるかどうかは分からないが…。

因みにトップスピードはパワーポール2本付いてる状態で、23ピッチのペラで6200rpm回ってMAX79キロ(無風ベタ凪で)
P2010366[1]
流れや風を味方に付ければ80キロ台も出るが…。

推奨回転は5800rpmなので正直、まだエンジンが回り過ぎな感もある。おそらくパワーポール外してペラを25ピッチにすれば83~85キロくらいは狙えそうだが、プレーニングも遅く、釣りに不向きなセッティングとなるので、トータルバランスを考えて現在のセッティングに落ち着いている

又、オーバーパワーにすれば、それだけ高度な操船技術も要求され、その分危険も伴うので調子に乗ってかっ飛ばしてるといつか痛い目に合う。それを理解した上で自己責任の下、周りに迷惑を掛けないように心掛けたいものである
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR