2015 6/28 利根川

日曜早朝のゲレンデ。
IMG_1035[1]
ゲレンデはTBC1週間前のプラをする選手のトレーラーが沢山。

今日はmuraさんと同船。muraさんはエレキがトラブってボートが出せない様子。そこで自分のボートで出撃する事に。
TBCにエントリーしているmuraさんはプラで下見。自分はエントリーしてないのでノンビリモードで。

スタート後上流側にバウを向け探っていくが反応ナシ。前回の釣行同様、水位が高く濁りも相変わらず。途中、「模様違いの奴」がmuraさんのクランクにヒットするが早朝は魚の反応はそれっきり。早々に上流側を見切る

移動後、下流側のブッシュエリアを探っている途中、エレキのペラが立木にハマったので外すためにエレキを上げようとハンドルを引っ張った瞬間、
IMG_1037[1]
Gフォースハンドルの根本部分が割れてワイヤーがスッポ抜けるトラブル発生。危なく後ろにズッコケそうになった💦
予想外の展開。現場で応急処置も出来ないので、今日はハンドル無しでワイヤー部分を掴んでエレキの上げ下ろしをするハメに…。なんてこった(>_<)

その後2人で色々と試すが釣れないまま時間だけが過ぎる。

日もすっかり高くなった10時過ぎ、自分のテキサスに待望のバイト
IMG_1038[1]
800前後のまあまあサイズ。でも後が続かない…

移動を繰り返しながら佐原方面へ。正午を過ぎる頃には天候が急変、空が暗くなり北風ビュービューで今にも雨が降り出しそうな天候に。
結局雨こそ降らなかったものの、北寄りの冷たい強風の影響で気温が一気に低下。
たまらず風裏となるエリアに逃げ込むが、この渋い状況では魚の反応も乏しくキーパーに満たないマメ1本のみ。

下流にも見切りを付け、中流域まで戻るが強風で本流はかなりの荒れ模様。
次のエリアに到着する頃には波しぶきを被りまくって2人そろってズブ濡れに。
あまりの寒さにロンT1枚では居られず、レインウエアを着込む

エリアを変えて延々撃って行くとmuraさんも数本キャッチ。
IMG_1041[1]
うーん…今日は魚の活性が渋すぎる((+_+))

今日はもうダメか…と諦めかけたが、
IMG_1042[1]
IMG_1043[1]
IMG_1044[1]
IMG_1045[1]
16時過ぎ、時合にハマって自分にプチラッシユが訪れ短時間でキーパー2本(画像割愛)、700クラス2本、キロ2本と計6本キャッチ。さっきまでの状況が嘘の様。

その後、muraさんが最後に意地を見せ、この日最大であろう1500クラスを掛けるが、カバーから引きずり出す所で無念のフックアウト(>_<)
ここで残念ながらタイムアップ!スロープに帰還。

結果から言えば5本リミットで4キロ越えとなかなかのスコア。
今日の状況から見れば頑張った方だが、欲を言えば水面系の釣り(主にフロッグ)で獲りたかったなぁ…


今日はお疲れ様でした。muraさん、来週頑張ってくださ~い✋














80A

今年2度目のバッテリー買い替え
P6210593[1]
タックル売却で懐がまだ温かいので奮発。105A×2発→80A×2発に買い替え。これで自分の所有する5発中、3発が80Aに。

年明けに試しに1発導入した80Aのバッテリーが105Aに比べ3.6㎏も軽い事もあり、ボート積み込み時に結構楽になり、「これはイイ!」と言う事でマイボートに使用している3発を全て80Aにする事にした

で、実際に使用してみた所、80A×2発で24Vエレキ、エンジン(始動とトリム操作)、パワーポール×2を10時間使用の結果、バッテリーのインジケーターは、片方(エレキ-側、エンジン)は緑で、もう片方(エレキ+側、パワーポール×2)側は黒といった感じで、思っていたよりも保つ印象。
因みに残りの1発はGPS魚探2台とビルジ&ライブウェル用。

バッテリーが新品なのもあるが、これなら丸1日位なら余程エレキを高速で回し続けたり、パワーポールを頻繁に動作したりしない限りは問題なさそう。

一応、2DAY釣行時やエレキオンリーのフィールドでの使用を考え105×2発は残して置くことに。

あと、ボート後方にあるバッテリーストレージの重量が105A(24.3㎏)×2=48.6㎏から80A(20.7㎏)×2=41.4㎏で約7㎏も軽くなったお陰もあって、ボートの立ち上がりも若干早くなったのは嬉しいポイント。

あとは長期使用によるパワーダウンで105Aよりはバッテリーの買い替えサイクルは早くなるかもしれないけど、そこは経年観察で判断かな。





2015 6/22 利根川

5連休の3日目、平日釣行へ。

世間は平日なので、ゲレンデはガラガラと思いきや、12~13艇と結構来ている模様。

7時前スタート。水温は前回と余り変わらず22度前後で水位は午前中は平水時より30~40cm高めで午後は逆に30~40cm低めといった塩梅。
P6220594[1]
春先からスロープより下流ばっかりだったので、気分を変えて上流側へ。

釣り開始2投目にフロッグでヒットするが、ディスタンスを取ってのフッキングで掛かりが甘くジャンプ1発でサヨナラ(T_T)/~~~
結構イイサイズっぽかったなぁ(-_-)

気を取り直してバズベイトにチェンジしてテトラ帯を流すとズバーン!とバズベイトにしては派手なストライク
P6220595[1]
一瞬デカいかも?と思ったけど派手な出方の割には800g程度と、大したサイズじゃなかった。
P6220596[1]
手長エビ食ったばっかなのに欲張りな奴w

午前中はトップで押せるかも?と思ったけどそう甘くも無く、このあと晴天無風と辛い状況に。

昼前に空模様が怪しくなり、恵みの雨を期待したけど…
P6220597[1]
結局降らずこの後数時間、辛い時間だけが過ぎる。

夕刻にようやくフロッグでリベンジ
P6220598[1]
やっぱりサイズは上がらず。今日はダメだったなぁ…

やっぱ前回はマグレ!
この先あんな釣果に恵まれる事はあるんだろうか…?

2015 6/20 利根川

会社の個人有休取得計画の一環で今日から5連休。
去年は琵琶湖遠征に当てたが、今年は諸々の事情で今回は遠征はナシ。

5連休とは言っても色々と用事があるので毎日釣りばかり出来る程暇ではないが、取り敢えず初日は行っときたいので利根川へ。
P6200554[1]
いつもの9時、10時といった腑抜けたスタート時間とは違い今日は気合を入れて4時起き。6時には利根川に浮くことが出来た。
今回は支流には入らず本流のみのプラン

スタートの段階では水温21度台。週の後半に降った冷たい雨の影響で水温が下がり濁りも結構入った様子。
連杭が隠れるほど増水しており、前回同様に普段は浅くて撃たないようなスポットをランガン。しかし全くのノー感じ。

撃っても巻いても全然反応が無く、そのまま5時間経過…。
あまりの反応の無さに集中力も途切れ、昼には睡魔に襲われ御覧の有様…zzz
P6200556[1]
小一時間ほど仮眠でリフレッシュして釣り再開。丁度近くにオーバーハングがあったのでフロッグを叩き込むとすぐさまバイト
P6200555[1]
900前後のサイズ。よく判らんが午前中とは状況が変わった?
この1発で釣りの流れが変わり、ここから確変モードに突入

その後はフロッグで過去に釣果のあった実績場を巡る事に。すると…
P6200558[1]
P6200575[1]
P6200561[1]
フロッグの釣りが正解だったかの如く各スポットで面白いように600、1400、1100クラスをキャッチ。
午前中のあの反応の無さは一体…?あまりにも見当違いな釣りをしてたのかな?

勢いが出て来たところで最下流方面に向かう
P6200559[1]
東関道を越え小見川辺りまで下るが、早朝からの河口堰を開けて水を抜いていた影響で一気に減水が進みショアラインは干上がっており、せっかくのロングドライブも意味なし…。スロープから40キロも下ってきたのに…(-_-)

仕方なく中流域まで戻るが、早朝は増水で隠れていたのが信じられないくらいの減水っぷり。
P6200577[1]
ここまで連杭が露出したのを見るのは初めて。水位落とし過ぎなのでは?

しかしここはプラス思考で考える事に。これだけ杭が出れば普段よりもトップに出やすい状況かも…‼
と言う事で流木が引っ掛かった場所にフロッグを通すと案の定バイト!
P6200580[1]
強烈な引きで上がってきたのは、長さの割にウェイトのある見事な体高の1500フィッシュ。

日没までやる予定だったけど、これでもう今日はお腹いっぱい!満足♪
気分よくスロープに戻る。

午前中はあまりの反応の無さにデコるかも…、と思ったけど蓋を開けてみれば5本で5キロ越えと自分には出来過ぎの結果。
全てフロッグの釣果で今回はミスなしとパーフェクトなおまけ付き。普段がショボイ釣果なんでたまにはこんなご褒美があってもいいんじゃない?

ボート陸揚げ後、余ったパンを鴨トリオにあげて戯れていたら…
P6200589[1]
コイツらのウ○コを思いっ切り踏ん付け、ウン(運)が良かったというオチまで付いた釣行なのでした(笑)

購入費用捻出

もうすぐボーナスの出る時期。
景気よくパア~と使いたいが、今年はパワーポールを付けた事や車の車検などがある為、ボーナス散財は自重。そもそも散財なんて出来る身分ではないが…。(-_-)

それでも欲しいタックルはある訳で…。そこで金策に励むべく、ダイワのタックルに入れ替えてから数年、せっかく買ったにも関わらず使用頻度が少なくホコリを被っていたロッドやリールを思い切って一斉処分。

ロッド5本、リール3台を売却の結果、結構な金額になったので以前からネットで中古市場を巡って探していたリールを1台追加
P6180539[1]
SS SV103。ギア比5.3の右巻きローギアモデル。
巻き抵抗の強いプラグ全般用に欲しかった1台

ようやく納得の行く中古価格で程度の良い物を見つけたので購入

現在のダイワのラインナップだと、ローギア設定があるリールはリョウガ、ジリオン、タトゥーラなど重いリールばかりで、150g台での軽量ローギアリールはある意味貴重と言える

形がスティーズベースのボディなのも良い。

SS SVはドノーマルだとチープ感が否めないので、余っていたパーツとSLPドレスアップキットを組み込む予定
P6180553[1]
bass-infinity_19237614.jpg
カーボンハンドルとドラグノブは余っていたパーツなのでタダ同然。これにリール本体+ドレスアップキット入れても2.5万程度。通常これらのパーツをリール含めて、まともに新品購入すると5万以上の高額リールになってしまうので、かなりリーズナブルなチューン内容。

貧乏人?の強い味方、中古市場。たまにはドーンと新品で高額タックルを買ってみたいものである…。






フックホルダー

ルアーをロッドに掛ける時、プラグ関係ならガイドのフレーム部分にトレブルフックを掛けられるが、ワームリグの場合はそうもいかない。
針先を出せばフレームに掛けられるが、何度も繰り返しているとすぐにワームがボロボロになってしまう

そこで今まではリールのドラグ部分とメカニカルブレーキダイヤルとの間に挟み込んでいた
P6130529[1]
しかしこの方法だとドラグやメカニカルブレーキにラインが食い込む可能性があったり、シンカーがガチャガチャとリールに当たりリールにキズを付けたりと言ったケースも。

そこで今更ながらワームロッドに関しては、フックホルダーを導入する事に
P6130500[1]
何種類かのタイプがある中からチョイスしたのはダイワ製のフックキーパー。
P6130507[1]
右側のハンガー部はプラグのフックを掛けられるが、プラグに関してはこれまで通りガイドフレームに掛けるので、この部分は不要
P6130509[1]
そこで不要部分をカット。
P6130519[1]
見た目もスッキリ

取り付け場所的にラインが弛んだりするとホルダーに絡む可能性があるが、ひとまずコレで様子見かな?

それにしてもバスロッドもトラウトロッドみたいに最初から小さなフックハンガーを付けてくれればいいのになぁ。

2015/ 6/7 利根川

だんだん釣行時のタイトルが思い浮かばなくなって来たので、今後は日付けにする事に。

たまには早起きして早朝から釣りしようかと思ったけど、二度寝でやっぱり寝坊をかまして、いつもの10時スタート
P6070492[1]
もう自分の中では朝マズメなんてフレーズは無くなりつつあるな…。

すっかり太陽も高い位置に。この時間からのスタートなんでシェード狙いでオーバーハングのあるスポットをランガン

開始30分程でまずは1本目
P5300482[1]
最近調子の良いポッパー(ワンズバグ)で。

金曜日の雨で増水しているので、普段は浅くて撃たないようなスポットを探っていく事に
P5300483[1]
2本目はフロッグで。奥に見えるブッシュに無理やりねじ込むと、ワンアクションでバイトしてきた。

その後トップに反応が無くなったので大きくエリアを変える

リーズエリアでテキサスに釣り方をシフト
P6070493[1]
2時間程ひたすら撃ってようやくキャッチ
900g位のサイズ。結局撃ち系の釣りではこの1本しか獲れず

夕刻、今まで気になっていたが1度もやったことが無いスポットに入ってフロッグで探ると、久々にドカンと派手なストライクが
P6070494[1]
フロッグでは良型ほどバラシてばっかりだったので嬉しい1本。そこで久々に自撮りw

この後何度かフロッグで反応させるが乗せられず。でも、いいスポット見つけたかも♪

18時を過ぎる頃には肌寒くなって来たのでスロープに戻る事に
P6070499[1]
いよいよバスフィッシングのハイシーズンに突入。いい加減、早起き出来るようにならなきゃなぁ…

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR