2015 7/11 印旛沼

いつもの利根川から、今日は気分を変えて印旛沼へ。
IMG_1055[1]
来るのは結構久しぶり、と言うか今年初印旛かも。
去年も2回くらい来たけどあまりパッとしなかった印象が。

7時スタート。水温は23度台。普段来ないので、これが今時期の適水温なのかどうかは分からないが、アーリーサマーらしい釣り方で探ってみる事に。

今日のプランは新川オンリー。これまで新川は途中までしか行ったことが無いので、今日はボートで行けるドンツキまで行く事に。

スタート後、新川に入って300mほど進んだガマエリアから釣り開始。ルアーは当然フロッグから。

延々続くガマをしらみつぶしに探っても効率が悪いので、ガマ+複合の条件を備えるスポットに絞って探る。
すると開始5投で景気よくバイト
IMG_1057[1]
キロ位のアフター。これで今日はデコらないで済んだぞ(笑)

その後、フロッグ+バズのコンビネーションで探るが反応なし、先へと進む。
IMG_1058[1]
阿宗橋を越えたあたりから水温が上昇、25度台に。

下流まで進んだ所でアシ撃ちを開始するとバイト連発するが、
IMG_1060[1]
IMG_1059[1]
良さげな所に打ち込めば大概バイトしてくるが、釣れども釣れどもみんなノンキーサイズ。相変わらず新川の下流はアベレージが小さい。

昼頃にようやくボートで行ける最下流まで到達。ここまで来たのは初めて。
IMG_1061[1]
手前に見える特徴的な橋(ゆらゆら橋って言うらしい)の先が排水機場となっており、ボートで行けるのはここまで。

バイトも遠のき、正午を回る頃には暑さで頭がクラクラ(@_@;)シェードを探して一旦休憩…zzz。

20~30分程度の仮眠のはずが、気づけば1時間半も経っていた💦暑さでかなりバテてたみたい…。

アベレージの小さい新川の下流域は見切る事に。最下流からデッドスローでプレーニング出来る阿宗橋まで戻るのはかなりかったるかった。

阿宗橋まで戻って来た所で釣り再開。
16時を回る頃には、程良く風が吹き出して釣れそうな感じ。そこでウエッピングを試してみるとガマの奥でコン、と鈍いアタリが、。

フッキングすると乗った感じに。でもガマの奥なので魚体が確認出来ないし、重たくてなかなか引きずり出せない。
ホントにバス?と疑いつつもロッドを立ててゴリ巻きするとガマの中からようやく出て来てバスと確認、しかもデカい。
IMG_1065[1]
ガマから引きずり出した1700クラス。
それにしてもすごい体高。はじめ、50UPかと思ったほど(計測47cm、1720g)
やっと印旛らしいバスをキャッチ、これで気分良く帰れる。


久々に来た割には良い釣り出来たかな?
たまには違うフィールドに行って釣るのも楽しいかもね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR