ハンドルとスイッチ

今日はクソ暑い中、ボートパーツの取り付け。
P7250008[1]
Gフォースハンドルとパワーポールのフットスイッチ。

どちらもそんなに高額なパーツではないが、人気商品のようで、欲しいと思った時には在庫切れで中々買えなかったが、先日ネットで調べたらハーツマリンさんの所に両方とも在庫が有り、即注文。両方とも同じショップで買えたので手間が掛からずラッキーだった。

Gフォースハンドルはエレキのマウントカラーと統一したかったのでブラックをチョイス。今回のハンドルは割れた初期型とは違い強化品に対策されており、剛性感があってかなり丈夫な感じ。
余程の事が無い限り割れる心配は無いと思う。

いざ取り付け開始。
標準だとワイヤーが長めで使いづらいので自分の使いやすい長さにカット
P7250009[1]
P7250010[1]
ツアーシリーズは取り付けが簡単で説明書が無くても5分もあれば取り付け可能。

続いてフットスイッチ。
まず、取り付け前にポンプに操作プログラムを同期させて動作確認。
P7250012[1]
取り付け場所は悩んだが、両方の足で操作するのでどちらの足でも踏みやすさを考えオフセットトレー上部の両サイドに。ここならエレキ操作時もギリギリ邪魔にならないし、見た目のバランスも良い。

ハンドリモコンがあるのでフットスイッチは当初は必要ないかな…と思っていたけど、釣りをしながらポールの上げ下げをする機会が割とあり、その場合、両手が塞がった状態から片手でハンドリモコンを操作したり、いざ操作しようと思ったらライフジャケットにぶら下げたハンドリモコンが裏返しになってたりと煩わしい事が結構あった為、導入した。

取り付け後、実際に足で操作してみた感想としては、かなりイイ感じ。
スイッチが大きく踏みやすい上にUP、DOWN共に見やすいのでハンドリモコンの時の様な押し間違えも無さそう。

しばらく使い込んで体に馴染ませなきゃな。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR