デジタル

先月に故障でお蔵入りしたレンタルボート用エレキ。
P8270038[1]
モーターガイドTR54Vのアナログモデル。

2000年の製造らしく、もう15年前の代物。故障の原因は配線のショートが原因でアナログ基盤にダメージを与えた様子。
P8220035[1]
モーターが回るには回るが、ハイバイパス以外の動作を受け付けず使い物にならない。

バス釣りは利根川メインなので、普段からあまり使用機会は無いが、気分転換で高滝湖や亀山、片倉ダムなどに行きたい時もある。なので、レンタルボートの釣りを今後もやりたければ、選択肢は3つ。

①新品で買い替え

②中古で探す

③故障したエレキをデジタル仕様で修理

因みにエレキオンリーのフィールドでの使用が前提なので、50ポンド以上のパワーと無段階変速のモデルが最低条件。


①の場合は、現行ではX3シリーズにモデルチェンジしたが、55lbで無段階変速の物となると11万ほどする。
ozatoya_4996578967202.jpg
また、問題なのが価格だけでは無く、今までのモデルと違いX3シリーズからはシャフトのサイズが違うようで、今使っているマウントカットしたリトルゲーターが使えなくなる。

②の場合は、中古で探すのだが、12VのFW54VやTR54Vですらオークションや中古ショップを見ても相場は高め。
程度も外観で判断するしかなく、買ってすぐに故障するリスクも。修理代金で新品が買える金額にもなりかねず本末転倒になる可能性もある。

③の場合、アナログ基盤などとっくの昔に廃盤なのでデジタル用パーツに交換する必要が。87900137.jpg
モーターガイドからデジタルコンバージョンキットなる物が出ているので、それを使えばデジタル仕様として復活させられるが、このキットが税込で¥64800とかなり高額。


色々考えたが、持ち運び時の苦労や狭いレンタルボートでバウデッキのスペースを取る事から、マウントが大きくなるX3シリーズは却下。(そもそも小遣い制バサーに11万もポンと出せる訳が無いw)
IMG_0751.jpg
やっぱり収納や持ち運びのラクなショートマウントを1度でも使ってしまうと、重く、かさばる標準サイズのバウデッキ&マウントを今更使う気にはなれないし、何よりせっかくカットしたショートマウントが勿体無い。

中古品にしても故障のリスクと金額が見合わない事からこちらも却下。となれば残るのは③の修理のみ。やはりこれが一番現実的。

パーツ代が高額な上に、ショップに依頼するとプラスで掛かる工賃がバカにならないので、自力で修理交換を行う。

パーツは注文済みなので、届き次第作業の予定。
はたしてうまく行くだろうか…?














検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR