復活

モーターガイドのデジタルコンバージョンキットが到着
P8290041[1]
作業前にマニュアル確認
P8290042[1]
全部英語で訳ワカメ!(笑)
ま~仕組みは分かってるんで見る必要ないケド。

いざ、デジタルチューン開始。
(※具体的な作業内容やコツのいる作業などは端折っているので詳しく知りたい方はネットでググれば沢山の方々が挑戦してるのでそちらを参考に…。)

P8290044[1]
まずはヘッドとモーター部をバラシてアナログパーツを撤去。
P8290056[1]
不要になったアナログパーツ達。長い間ご苦労様。

続いてデジタルパーツを組み込み。まずは…、
P8290046[1]
P8290047[1]
アンプ(SEモジュール)とコムキャップ(スケグみたいなやつ)に放熱目的でグリスを塗る(コレ大事!)
忘れると速攻でアンプが焼けて泣きを見る事に。
このパーツだけがコンバージョンキットの中で恐ろしく高額で、コレ1個だけで3.5万とキット全体の6割以上を占め、モーターガイドのパーツの中ではマウントに次いで高い部品。

因みにこの放熱用グリスはキットに含まれていないので、別途パソコン専門店などで買う必要が有る。

P8290052[1]
コムキャップにSEモジュールと基盤(ブラシカード)を組み込み電源ケーブルと信号線を取り付け後、シャフトに配線を引き込む

モーターコアとコムキャップを元に戻してモーター側の作業は完了。

次はペダル部分。
P8290051[1]
こちらは古いトグルスイッチとポテンションメーターとマイクロスイッチをデジタル用に交換するだけなので至って簡単。

ペダル側から伸びる3色のケーブルをケーブルジャケットの中を通してヘッド側に引き入れる

ヘッド内でペダル側の配線とモーター側の配線を接続させる。
P8290057[1]
配線焼け等のトラブルやメンテナンスを考え一応、配線は長めに残して置く事に。
ま、トラブルが出ない事を祈るが…。

ヘッドカバーを戻して完成!
最後にバッテリーを接続して動作確認。正常に動くのを確認して作業完了!
P8290059[1]
これでデジタル仕様のTR54Vに変身♪

作業時間は3~4時間ってトコ。
ショップに頼むと工賃だけで2万前後するようなので、かなり修理金額が節約出来た。

仕組みが理解できればそんなに難しい作業では無いのだが、慣れない作業なんで時間が掛かった。
いや~疲れた。

さて、直しはしたが、今度いつ使う時がくるのだろうか…?

あっ!魚探の配線してないわ。
また今度にしよう…。







検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR