ブツブツ

不運にもコイツに刺されて体中に湿疹が(涙)
yjimageT2R7WW03.jpg
これまで毛虫には何度か刺されて、その度に部分的にブツブツが出来ていたが、今回は上半身全体と広範囲に渡って出来てしまい過去最悪と言える位のやられっぷり。

その痒さたるや尋常では無く、ピーク時はのたうち回りたくなるくらいの痒み。

ただ、毛虫の居そうな所に最近は近付いた覚えも無いし、何時、何処でやられたのか全く不明…。
洗濯して干してた衣類にでも付いてたのか…?


これまでは刺されても市販のステロイド系軟膏で対処出来ていたが、今回の症状は強烈で市販の物では全く効かないので病院で処方してもらうハメに…。
P9290088[1]
新緑の季節ならまだしも、こんな時季外れにやられるなんて全くツイてない…
とにかく痒くて仕事も集中出来ないので、業務に支障が出る前に早く治ってくれ~(>_<)

2015 9/21 常陸利根川

世間は5連休の中日のようだがウチの会社は3連休…。
なので自分は今日がシルバーウィーク最終日。体を休めようかと思ったけど部屋でゴロゴロしててもロクなことがないので釣りに。

今日は河岸を変えて、常陸利根川へ。道中、利根川を見たが本流は白濁しており、とても釣りする気にならない状態。
そもそもあんな大水の後で、本流にバス居るんだろうか…?

お世話になるマリーナに到着
P9210073[1]
来るのは初めて。ビジターだけど、ここのマリーナのオーナーはとても親切で好印象。

オーナーの丁寧な説明を聞いていざランチング
P9210074[1]
いつもゲレンデの緩やかなスロープに慣れているので、横利根川の急なスロープは結構怖い💦

開門操作して常陸利根川へGO
P9210075[1]
P9210078[1]
因みに常陸利根川にボートを浮かべたのは2回目。
1回目はボートの納艇時で下流にあるマリーナから。その時は操船レクチャーのみだったんで釣りをするのは今回が初めて。

こちらも多少濁りはあるけど、利根川に比べれば全然マシ。
水温は23度台。増水しているようだが、普段来ないだけにどれくらい水位が上昇してるのかよく判らない。


連休中との事もあってか、結構な数のバスボートが浮いており、皆ショアライン沿いのリーズやテトラを撃ったり巻いたりしている様子。ここは利根川の様なブッシュカバーはほぼ皆無。

自分もリーズ際を撃ったり巻いたりしながら下流方面へ下るが、反応ナシ。

移動を繰り返し最下流の河口堰まで下った所でやっと反応が、
P9210079[1]
ようやく1本キャッチ。サイズは小さいが、ほぼ初めてのフィールドなので嬉しい1本。


スタートが遅かった(11時スタート)事もあり、この時点ですでに15時。帰りの時間を考えるとあまり長居は出来ないので、上流方面に一気に戻る。

途中、気になるストレッチがあったので立ち寄ってみると突然ボイル発生
P9210080[1]
P9210081[1]
上手くタイミングを合わせられたみたいでフロッグとスピナベで連発。でもやっぱりサイズUPならず。

17時、暗くなり始めて来たので帰りの水門の開門時間を考え、これにて終了。

サイズはともかく、ほぼ初めてのフィールドで魚を触れたので取り敢えず満足。
機会があればまた来てみるかな。


2015 9/19 長門、将監川

利根川の大水から10日、未だ大量の泥がゲレンデを覆い復旧の目途が立たない。
そこで今回は長門川にあるもう一つの北総スロープを使うことに。

長門スロープはトレーラー1台だけとガラガラ。
ほとんど貸し切り?と思ってたらmuraさんがボート引っ張って来た。どうやらmuraさんもここのスロープを利用する様子。

談笑しながら準備をしていると、北総の社長が様子を見に。
挨拶すると、社長がおもむろに「ここのスロープ利用料金の払い方分かる?」と。

自分&muraさん、「?」

「えっ???自分達、ゲレンデ会員なんですけど無料なんじゃ?」と聞くと、

「いや、無料になるのは駐艇会員だけ。ゲレンデ会員だけの場合、ここの利用は1000円」との事。

知らなかった…。ゲレンデ会員のみでも無料で利用できるんだと思い込んでた…。

まぁ、自分は駐艇会員なので良いケド。

で、どうやって駐艇会員との見分け方をするのか尋ねると、トレーラーのナンバーで確認するとの事。ナルホド…。



さて、準備を済ませ、いざランチング。
P9190062[1]
ここのスロープから自分のボートを降ろしたのは初めて。
ゲレンデのスロープほど大きくは無いケド、こっちのスロープも降ろしやすい。

8時スタート、水温は22度台と前日と前々日の雨の影響で幾分下がった様子。
P9190063[1]
長門川は普段、プレッシャーが高いのであまり入らない支流。なので、メインで釣りするのは久しぶり。


しかし水質はかなり悪い様子。汚いアブク交じりの濁り水でフィールドコンディションは最悪…。
一路、支流の旧長門川へ。

両岸の大半がブッシュカバーなのでしみじみと打って行く。

とあるブッシュの張り出しにライトテキサスを撃つと、ブッシュの中から出て来てバイト。
P9190064[1]
キロクラスをキャッチ、開始2時間でようやく1本。今日は素直にカバー撃ちした方がいいかな…?

その後反応も無くなり、次なる魚求めて長門川をウロウロ。
利根川に繋がる水門も、
P9190067[1]
相変わらず閉じたまま。と言う事で今日のフィールドは長門、将監の支流オンリー。

昼から将監川に移動
P9190068[1]
が、こちらのほうが、長門川よりも水質が悪い…。

それでもガマンして撃ってるとイイ事もあるようで、
P9190065[1]
2本目をキャッチ。1本目と同じタックル&ワームで。

その後は反応も無いので奥将監に。
P9190070[1]
増水しているのでトンネルをくぐる時はパワーポールを少し下げないと、くぐれなかった。

奥将監でもやる事は同じ、とにかくブッシュカバーを撃ちまくる。しかし反応も無く、日も暮れて来たので終了する事に。

やっぱり大水の後だけあって厳しかった。

それにしても、今日は使ったワームはたったの1個。支流オンリーの為、移動は終始デッドスローだったこともあってガソリンもほとんど使わず非常にエコな釣行だった(笑)


帰りにゲレンデの様子を見にいくと、
P9190071[1]
P9190072[1]
スロープ周辺の泥は取り除かれていたが、駐車スペース側がまだ厚い泥の層に覆われており、復旧までしばらくかかりそうな感じ。

泥が乾かない事には作業に取りかかれないそうなので、連休中の利用は厳しそうだな…。










衝撃

台風18号のもたらした豪雨。

一晩明けて、驚愕の光景が
camera003_1.jpg
camera002_1.jpg
唖然…。

スロープ周辺(須賀)の水位も
IMG_1118[1]
16時の段階で平水時のおよそ15倍以上と、今まで見たことも無いような水位。
今後、更に水位が上がる模様。


これ以上の被害が出ない事を祈るばかり…。
被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます…。


魚が戻ってくるまで一体どれだけの時間が掛かるのだろうか…。

2015 9/5  利根川

この所、諸事情でゴタゴタしており、釣りに行けるタイミングを逃していたが、時間を作る事が出来たので3週間ぶりに出撃。
IMG_1110[1]
いつもの如く昼前から。丁度、翌日に控えたTBCの前日プラを終える方々と入れ替わるタイミングでのスタート。

水温は25度台と、徐々に水の中は秋めいて来てる感じ。となれば、そろそろ巻きの展開で釣れ出して来る時期。

今日はあまりガツガツせずに1本でいいから良型が出たら帰ろうっと、なんて思いながら釣り開始。

で、最初に入った3連水門のとあるスポットで、
IMG_1112[1]
あっさり1600クラスゲット。開始3分の出来事。
痩せていてコンディションはイマイチだけど良く引いて元気な魚。
ルアーはチャターベイト。やっぱり巻きの展開かな?


しかし…。良型出たら帰るって言ったけど、イキナリですか?それとも、もう帰れっ!てコト?(笑)

流石に開始3分で帰るのもナンなんで、もうしばらく釣りを続行。


………が、この後、夕刻まで巻きの展開メインで通すが反応ナシ。どうやら最初の1本はたまたまタイミングが良かっただけの模様。
午後からはフィールドは貸し切り状態だったんだけどなぁ…。

ま、取り敢えず1本でも良いサイズ出たんだから今日はこれで満足しとこう。


工事中の長豊橋の様子。
IMG_1114[1]
なんかLEGOブロックみたい…。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR