2015 10/3 霞ケ浦水系

気持ちの良い秋晴れの10月初旬。前回に引き続き今回も霞方面へプチ遠征。
PA030089[1]
前回来てからというもの、(前回は常陸利根川オンリーだったけど)霞水系のスケールの大きさに惹かれつつあるかも…。

常陸利根川の水位が平水に戻ったようで、水門も最初から開いており移動もスムーズ
PA030090[1]
この水門を抜けて霞方面に向かう時にテンション上がるんだよな~。


今日は風も弱い予報なので、スタートは霞本湖方面から。
PA030091[1]
ボートで霞ヶ浦での釣りは初めて。いや~広い!
PA030099[1]
本湖入り口にある大規模な沖テトラから釣り開始。

クランクで流してすぐにバイト
PA030098[1]
ファーストフィッシュは霞名物。早速洗礼を浴びる。

定番エリアのようで、次々とボートが入って来る。時折ヒットシーンを目撃するが、どうも巻物で釣れている様子。

広大なテトラの端から端まで2時間ほど掛けて探るが、バスからの反応は無し、日もすっかり高くなり移動する事に。
南岸のリーズや石積み堤防をチェックしながら和田岬まで北上するがノー感じ。

この後、本湖をそのまま北上しようか考えたが、自分の小さなボートでは移動に時間が掛かり過ぎるのと、荒れた場合帰って来れなくなるので止める事に。
やっぱり霞みたいなBIGレイクは大型のバスボートが欲しくなるよな~。


休憩を挟んで午後からは北浦方面へ
PA030105[1]
沖にある杭にクランクを通すとゴミのようなアタリが。
PA030103[1]
ようやくバスをキャッチ。しかしサイズが…。

リーズエリアに移動して撃ち系にシフト
PA030106[1]
多少サイズUPするも後が続かず…。

この後は帰りの時間を考え常陸利根川をラストエリアにするが、今日はやたらとウェイクボードが多くてショアラインは引き波で荒れまくり…。
結局追加ならずで終了。
PA030107[1]
近年、霞水系は釣れ出して来たと言われているが、だからといってチョット来たぐらいで釣れるほど甘くはないな…。
でも利根川とは違う魅力や面白さがこのフィールドにはあるのも確か。そんなに遠いフィールドでもないし、もう少し通ってみるのもアリかもね。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR