2015 10/12 霞ヶ浦水系

今回も霞方面へ。これで3回連続の霞水系釣行。
PA120110[1]
ホームの利根川はどうした?と、言われそうだけど、どうもあの大水以降、利根川に足が伸びずその穴埋めで来ていた霞での釣りが予想以上に面白くてすっかりハマった感が。

そこで、今回はゲストとして大ちゃんを連行して同船釣行。
因みに相方もボートでの霞水系は初。

7時前スタートの段階で水温は18度台。本格的に秋めいて来て朝方はかなり肌寒い。
取り敢えずファーストエリアは前回同様、霞本湖入り口にある牛堀の沖テトラから。
PA030099[1]
全長1キロにも及ぶテトラ帯を2人して端から端まで巻きまくるが、釣れず。

時折自分のルアーに何度かじゃれ付くように当たるが乗せきれず、本命か外道かも確認できず。
結局2時間以上かけても収穫ナシ、移動となる。

この後は北利根川~鰐川~外浪逆浦とリーズやテトラ帯をチェックするもノー感じ。
正午を回っても1本も釣れずで、段々と完デコの予感が…。

今日は16時をタイムリミットで予定してるので、この後あまり時間が無い。ウロウロと動き回らず、常陸利根川をラストエリアにして、要所をチェックして行く事に。


とあるストレッチを流して行くと、護岸に何かが居るような?
PA120113[1]
ん?
PA120119[1]
コレはまさか、あの某生命保険会社のCMに出てくるブラック〇ワン!?
こんな所にまで保険のCMに?(笑)

お互い観察し合っていたが、こちらへの興味を無くすと何処かへ泳いで行ってしまった。


この後、リーズと竹杭でクランクとヘビダンでようやくバイト得るが、どちらも乗せきれず16時タイムアップ。
PA120124[1]
という訳で…
ハイ!3回目にしてとうとう完デコ~(T_T)

いや~厳しい、というかよく判らない1日だった。
廻るスポットでことごとく反応が無く、ようやく掛けても乗せきれず。
全く的外れの事をやっていたとも思えないが、自分の引き出しだけではカバーしきれず、霞水系の難しさを改めて実感。


まぁ、ここも利根川同様、広大なフィールド特有のバスを探し出す醍醐味がある場所だし今後は季節毎に来てみるのもいいかも。

さて、次回からはホームの利根川に戻る予定。
台風以降開催されたTBCの結果を見るかぎりでは本流でもバスは釣れてるようだし、今後は秋の利根川を堪能するとしますかね。


それにしても、油断して日焼け対策しなかったこともあって顔が思いっきりサングラス焼け💦
明日から職場で色々言われそうだなぁ…。








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR