2015 11/28 利根川

11月最後の週末、利根川へ。

ウィンターシーズン(12月〜2月)はバス釣りはしないつもりなので、今日が今年最後の釣行。
201511281755150e4.jpeg
早朝はグッと冷え込んで、ボートカバーにはうっすら霜が。

準備していると、車内がなにやらバタバタと騒がしい。
20151128175515b31.jpeg
開けっ放しにしてたリアゲートから鳥が侵入した模様。

驚かさないよう、そっと捕まえて車外へ。
20151128175514069.jpeg
去り際にダッシュボードに「置き土産」を2発食らう。
コレで朝からウン(運)が付いた?


8時スタート。水温は先週から一気に4度も下がり11度台。
週半ばに降った雨の影響もあってか若干の濁りが。


先週に反応が良かった上流域のブッシュエリアに直行しブッシュ撃ちをすると、早々に反応が。
201511281741473b3.jpeg
今シーズンの最後にふさわしいクオリティフィッシュをキャッチ!
体高のある1720gのナイスコンディション。
今年全く出番の無かったハスラーが最後にイイ仕事してくれたね〜(^ ^)


正直、この1本でもうお腹いっぱいだけど時刻はまだ9時になったばかり。
帰るには早いので釣りを続行。


先週同様、ウッドカバー周りで反応が良い様子。そこで似たようなシチュエーションを探して探って行くが後が続かず。
一旦時間を空けることに。


お昼になったので一旦休憩。
20151128175515cca.jpeg
寒い時はやっぱりコレ!ボートの上ですするラーメンは格別の美味さ(^ ^)


時間を空けて夕刻、再び上流のブッシュエリアに入り直すと、
20151128205220e27.jpeg
今度は700クラスをキャッチ。
サイズは落ちたけどこれで満足、スロープに戻り16時終了。
最後にデコらなくて良かった〜(^ ^)


と言う訳で、これにて今シーズンは終了。
少し早いけど、良い釣り納めになったんで良かったかな。
20151128221909311.jpeg


来シーズンは3月から始動予定。
それまで暫くは釣りの妄想を膨らませながら、大人しくしておきます。。。



2015 11/22 利根川

異例の暖かさが続いた11月。
例年だと11月下旬ともなれば冷え込みで水温も下降の一途をたどるが、この暖かさのおかげでこの時季にしては高めの水温。


午後から用事で早上がりする為、短時間勝負。
IMG_1319[1]
9時スタートの段階で水温は15度台。水質も段々と透明度が上がって来ている様子。


中流域のテトラ帯から釣り開始。
今日は終始ローライトの予報なので、巻きでサーチしていくがバイトもチェイスも無し。

途中、根木名側にも入ったけどコチラも魚からの反応ナシ。


気分を変える為上流エリアに移動。


流れが当たる岸際のブッシュを撃つとグン!と引っ張り込まれるバイトが。
IMG_1320[1]
険しいブッシュと格闘しながら何とか引っ張り出してようやく1本目をキャッチ。600gぐらいのキーパー。

そのまま近くのブッシュを撃つとまたバイト。
IMG_1322[1]
今度はキロサイズをキャッチ。

段々調子が出て来た所だが、用事が有るので残念ながらここでタイムアップ。
後ろ髪を引かれる思いでスロープに戻って14時終了。


短時間だったけど2本キャッチ出来たし今日は満足。
来週からは冷え込んで厳しくなりそうだな…。

トレーラー車検2015

先日の船検に続き、今回はボートトレーラーの継続車検でコチラまで
IMG_1316[1]
習志野自動車検査登録事務所。

ユーザー車検は昨年に続き今回で2度目。

前回と流れは同じなので、手順は割愛。


書類関係の手続きを終えて、いざ検査レーンへ。
今回もスムーズに行くかと思っていたが、指摘事項が2点。
IMG_1308[1]
IMG_1307[1]
最大積載量の数字が消えているのと、反射板の色でチェックが。


最大積載量の数字については、マジックで塗りつぶせばいいのだが、問題は反射板。
なんとサイドフレームの反射板の色が黄色ではダメらしく、オレンジ色でないとNGとの事。


マジかよ~!?前回はコレで通ったじゃねーかよ~‼と、思ったが、ダメなものはダメとの事。指摘を受けた以上、直さねばならず仕方なく一旦退却。
IMG_1312[1]
不合格の通知を受け取りしばし悩む。


うーん、困った…。オレンジの反射板なんて持ってないぞ…。
せっかく来たのに出直しなんてやだなぁ…と、思った所でふと思い出した💡


そう言えば車検場の隣の代書屋に工具類が売ってたな…。
もしかしたらこういったパーツも置いてるかも?

と言う事で隣の代書屋で部品を物色すると、ビンゴ!オレンジの反射板を発見!
しかもラスト2個。危なかった~(゚Д゚;)

早速購入してトレーラーの両サイドに張り付ける。
IMG_1309[1]
危なく出直す羽目になる所だった…。2個756円の出費だったけど、出直す事を考えれば安いもんだ。


再び検査レーンにへ行き、今度は合格!
IMG_1315[1]
車検証とシールを貰い、これで今回も終了。

( ´Д`)=3 フゥ~、一時は焦ったけど、これでまた1年、公道を牽引出来る。

しっかし、船検といい、トレーラー車検といい、ボートの維持ってホントめんどくさい…。
よっぽど好きじゃないとこんな事やってられないわな。


船検

今日は会社の定休日。

このところの気温の落差に体が付いていけず風邪を引いてしまい体調不良なのだが、マイボートの船検の期限が来月に迫ったので、JCI(日本小型船舶検査機構)に船舶検査に行ってきた。

正直、体力的キツイけど師走にバタバタしたくない。体にムチ打ってでも面倒事は早めに片付ける事に。


船検を自分で受けるのは今回が初めて。
トレーラー車検同様、ショップに頼むと代行手数料がバカにならないので費用節約が目的。

本当は検査員に出張検査して貰った方が断然楽なのだが、自分のスケジュールの都合が合わず断念…。
仕方なく支部まで持ち込み検査をしに行く事に。


因みに持ち込み検査の場合は、事前に検査日と時間を予約をしてからでないと受け付けてくれないので注意が必要。
又、検査日までにあらかじめ手数料を郵便局で支払い、払い込み証明書を用意しておくことも大事。


まずはボートをピックアップする為、駐艇場へ。
移動工程としては、自宅→駐艇場→JCI→駐艇場→自宅の順に移動せねばならず実に面倒臭い。


駐艇場からJCI千葉までは下道で行っても距離にしておよそ40㎞弱とさほど遠くはないのだが、千葉市街に近づくにつれて道路が混雑。予約していた時間には間に合いそうに無いので、支部に遅れる旨を連絡。
IMG_1298[1]
JCI千葉のある千葉みなと周辺のオフィス街をバスボートを引っ張っていく様は場違い感が半端なかった…。

予定より40分ほど遅れて到着。
IMG_1300[1]

さすがにボートを連結したまま駐車出来るスペースは無いので、急いで切り離し。
IMG_1301[1]
IMG_1299[1]
この日は自分以外に持ち込み検査をしている人はおらず駐車スペースはガラガラだったけど、何台も持ち込みが重なった場合は駐車するのも大変そう…。


ひとまず2階の受付で申請書、手数料払い込み証明書、船舶検査証書、船検手帳の4つを提出してからボートに戻って船検を受ける準備。
ボートデッキに法廷備品を並べて待つことに。


しばらく待っていると検査員の方が来た。
検査員の方も風邪を引いているようで自分と2人、マスクしてモゴモゴ言いながら検査開始(笑)

検査でチェックを受けた法廷備品は以下の5つ。

定員分の救命胴衣。(自分のボートは3つ)
消化バケツ。
係留ロープ×2個。
救命浮環。
信号紅炎。(携帯電話で代用)

信号紅炎の代わりに携帯電話でもOKだが、海などが航行区域となる場合は通話可能証明書も必要になるそうだが、バスボートの場合は淡水域(湖川限定)なので不要。
携帯のキャリアを訊かれたがドコモ、au、ソフトバンク(自分はソフトバンク)の3大キャリアなら特に問題無し。
ほかのキャリアの場合は問い合わせた方がいいかも。

検査時間は雑談しながらだったので20分ぐらい掛かったかな?
と言うか、雑談時間の方が長かった(笑)

予想と違ったのはエンジンの始動テストが無かった事。最近いつ頃始動したかだけ訊かれただけだった。
結局ボートを検査スペース側に移動せずに、最初に止めた駐車スペース内で全ての検査を行って終了となった。雨降らなくて良かった~。

IMG_1302[1]
最後に新しい検査証書、船検手帳、検査標章(ステッカー)を受け取って終了。
ついでに粗品(タオル)も貰った。


あと、自分の場合、こんなステッカーも。
IMG_1303[1]
どうやらオーバーパワーのボートはコレをメーター類の近くに貼る必要があるみたい…。

さすがにコレはチョット…。

次回の船検の時にだけ貼っておくことにしよう。(笑)








アイデア

ボート走行時などの冷たい風からの防寒でパーカーのフードを被る時があるが、ただ被っただけでは風圧で脱げてしまうので、パーカーの紐でフードを絞って縛るのだが、フードを取る時にはほどいて、被る時にはまた結んで、と繰り返すのは結構面倒だったりするもの。


先日釣りビジョンで放送された成田プロの霞水系のロケでナイスアイデアと思った1コマ
IMG_1275[1]
洗濯バサミ!

これならイチイチ紐を縛ったりほどいたりせずとも、洗濯バサミを外すか挟むかだけで済むので非常に楽チン

チョット考えれば思いつきそうなモノだが、アタマの硬い自分には考えも付かなかったアイデア。
もう少し柔軟な思考を養わなければ…。

で、早速マネしてみた。
IMG_1264[1]
やっぱり楽チン。
ボート走行時の風圧でも外れる事は無かったので問題ナシ(見た目はともかく)


他にもフードの付いている物ならウインドブレーカーでもレインウェアでも同様に役立つ。


しかし…
自分の画像だけ見ると農作業中のおばさんみたいだな…。

被写体が違うだけでこうも変わって見えるなんて…。

2015 10/31、11/1 利根川

今週は珍しく2DAY釣行。
2回に分けて更新するほどの内容でもないので纏めて。

女子会旅行で出かけた我が家のお代官様と、一人寂しく取り残された自分(笑)。
コレは行くっきゃない!という事で土日は釣りダァー✊と内心ほくそ笑んで利根川へ。
IMG_1245[1]
サクサク準備済ませて7時スタート。金曜日までは暑い位の陽気だったのに週末になった途端、謀ったかのように寒くなった(-_-)

水温17度台。時期的にも巻き巻きだー!とばかりに巻き物メインで3時間、ノー感じ…。

佐原エリアまで下った所で巻き疲れた為、底物にチェンジするとようやく反応が。
IMG_1249[1]
IMG_1247[1]
でもサイズが…。

夕方まで粘ったけどダメダメで終了((+_+))
IMG_1250[1]
天使の梯子(薄明光線)に導かれるようにスロープに戻って1日目終了。


でもって2日目。
IMG_1257[1]
先日とはうって変わって暖かい陽気。

準備しようとボートカバーめくると、手のひらサイズの大物と突然のご対面。
IMG_1256[1]
朝から「ウォー!」と絶叫。蜘蛛は大嫌いなんだよ…(+_+)

8時スタート。今日は上流側から釣り下ることに。

今日はなんだか水も濁り気味で、流れも無くトロッとした水質。
昨日上流で降ったの?と思いつつも、水の良い場所を求めてランガン。


途中、中流域の連杭エリアで杭の根本をヘコヘコとネコリグをやるとヌッと重みが。
待望のバイトに張り切ってアワせると、連杭の中に突っ込まれそうになったので、強引に寄せてこようとしたのが災いして身切れしてフックアウト(T_T)デカかったのにぃ~。
あぁ~と、天を仰いで膝ががっくり折れた…。針先に身切れの際についた肉片だけが虚しく残ってたし…。


再び気を取り直して探るけど2度目は無く移動。
気付けば昨日と同じく佐原エリアまで。
IMG_1260[1]
北風が吹く予報に反して穏やかなものだが、流れも無く、水も濁っており昨日以上のタフコンディション。
結局バイトもないまま時間だけが過ぎ、唯一、中流域でバイトがあった連杭エリアまで戻る。

連杭エリアで大ちゃんと遭遇
IMG_1266[1]
久々に450乗ってるトコ見たわ~。


お互い全然釣れないので夕暮れまで談笑、一緒にスロープに戻る事に
IMG_1267[1]
あれっ?乗ってるボート違くない!?

というのは冗談で、久々に450乗ってみたくなったので、スロープまでボートチェンジしてもらった(笑)
IMG_1269[1]
かなり久々に運転したけど、パワーポール2本付いてるのにプレーニング早っ!
自分のボートとは立ち上がりスピードが全然違う。

しっかし相変わらず450はカッコイイよな~( ;∀;)

という訳で2日目もこれにて終了。
久々の2DAY釣行は体に堪えたな~。



あれっ?結局のところ魚は?


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR