ローギアスティーズ

今季からウィンターシーズンの釣りは休業にしたため、オフ日はヒマで仕方ない。
元々キレイ好きな性格の為、年末の大掃除も大して時間も掛からず終了。

年末年始の休みも大晦日と三が日しか予定はないので今はヒマ。
なのでメンテも兼ねて久々にタックル弄りでも。

巻き物にメインで使用している右巻きスティーズ。
20151229221019959.jpeg
この軽さに加えて巻き心地も軽く滑らかで非の打ち所がないリール。

このスティーズシリーズはデビューからギア比が6.3、7.1、8.1と徐々にハイギアのバリエーションが増えたが、何故かローギアの展開が無い。

近年は左巻き&ハイギアに人気が集中しているので、ローギアモデルなんて売れないかもしれないが、SS SVやジリオン、タトゥーラなどは最初からローギア設定があるのだからスティーズだって有っても良いように思うのだが…。


以前、SS SVのギア比5.3のローギアモデルを一台購入したが、最近になってもう一台軽量ローギアリールが欲しくなった。
だからと言ってもう一台SS SVを買うのも芸が無い。と言うか、今となってはリールをポンポン買える身分でも無いので、手持ちのスティーズ(100H)をなんとかローギア仕様に出来ないか、無い知恵絞って考えて見る。

過去、TD-Z103MLにスティーズ100SHLの7.1ギアでハイギアチューンをしたことがあるが、これって裏を返せばTD-Zのギアもスティーズに互換性がある事になる。
右巻きと左巻きではチューニングの勝手が違うかもしれないが、成功すれば儲けもの。そこでTD-Zのギアを使いローギアチューンを行ってみる。

先ずは肝心のギア入手から。

TD-Z自体が廃盤になってから随分経つので流石にメーカーにもストックも無いかと思われたが、
20151229221020ed7.jpeg
今だに取り寄せ出来たのは驚き。
取り寄せたのは、TD-Z103Pの5.1ギア。


いざローギアチューン開始。

始めはギア交換ぐらいサクっと行くと思っていたが問題発生。

ドライブギアを付けた所までは良かったが、何とピニオンギアがスティーズ用のクラッチプレートだと狭くて嵌らない。
20151229221016ca6.jpeg
よく見るとスティーズ100H用(左)に対してTD-Z103P(右)の方がピニオンギアが太い。

せっかくギア注文したのにこれでは無駄になってしまう…。

そこで、同じくローギアモデルのSS SV103(ギア比5.3)のクラッチプレートが合わないかダメ元で確かめてみる。
20151229221017d80.jpeg
左がスティーズ用、右がSS SV103用でよく見るとSS SVの方がピニオンギアを入れるスペースが広い。


合わせて見るとビンゴ!今度は上手く嵌ってくれた!
201512300107582d5.jpeg
ここまで来れば成功したも同然、あとはグリスアップして元通り組み上げて終了。

これでようやくギア比5.1のローギアスティーズの完成。
20151229221015855.jpeg
スティーズの軽量ジュラルミンギアからTD-Zの重いブラスギアにしたんで自重は8.4gアップしてしまったが、これでも十分軽いので問題無し。

ギアが変わっても巻き心地は相変わらず軽く滑らか♪
投資金額はパーツ3点で2500円弱と大変リーズナブル。
来春使うのが楽しみ♪



さて、今年のブログ更新も今日で最後。
今年も一年、訪問して下さった方々、誠に有難う御座いましたm(_ _)m

近年、自分を取り巻く環境の変化に伴い更新回数も激減してしまいましたが、来年も細々とではありますが続けていければと思っています。


それでは皆さん、良いお年を…。



試乗会

先日メンテナンスに預けてた愛艇の整備が完了したとの事でケイズへ引き取りに。
2015122019294952e.jpeg
3年使ったインペラとプラグ。
20151220194236ab9.jpeg
どちらもあと1〜2シーズンイケそうな気もしたけど、トラブルの後では遅いのでここはケチらず交換。

用事も済んだし帰ろうかと思っていたが、有り難い事にケイズのメカ長が「水の郷さわら」で行われている新型イーグルの試乗会に連れて行ってくれると言うので、完全予約制の試乗会だけど急きょ飛び入りで参加可能に。

やっぱ、イーグルオーナーとしては気になるからね〜。

会場に到着。
20151220192943bf2.jpeg
新型の発表会とあってか、結構な人数が集まってたな〜。

NEWボートとご対面。
2015122019294630f.jpeg
スナガEAGLE205。
搭載エンジンはヤマハSHO250。

20.5フィートと国産では唯一のフルサイズバスボート。
カッコイイなぁ〜( ´ ▽ ` )

個性的なコンソール
20151220193110e13.jpeg
ダースベイダーのマスクみたい…(^^)

メーターパネル側は、
20151220193109a48.jpeg
HDS12インチなどの大型魚探も余裕で入るスペースとの事

広大なフロントデッキ。
20151220192947ce5.jpeg
ご覧の通り、大人が真っ直ぐに寝てもまだ余裕のあるスペース。

いざ、試乗へ。
20151220200934921.jpeg
さすがにドライビングまではさせて貰えないけど、それでも20フィートクラスのボートに乗せて貰うのは初めてなんでワクワク。

凄いトルク&加速感!
201512202023551e5.jpeg
驚いたのは立ち上がりの早さ。
大人3人乗船+ガソリン満タン+リアにバッテリー3発の条件でも、静止状態から加速まで2秒とかからずにプレーニング。これは凄い。

高速旋回も危なげなくスムーズ。
2015122020320733b.jpeg
圧倒的なパフォーマンスに感動。
コレはヤバイ…。

ボートのセッティングこれからなので、トップスピードは現時点では110キロ程との事。
セッティングが完了したらどれだけ出るんだろ…。

今日は風も無く水面もベタ凪だったので、絶好の試乗会日和だったけど、それでもシングルコンソールはこの時期は罰ゲームのような寒さだった…。

いや〜楽しかった〜。
20151220223307620.jpeg
コレで535万円(税抜き)かぁ…。

まー、諸費用やら、オプションやら足して行けば乗り出しまでに600万以上はするだろうけど、
同クラスの海外のバスボートに比べれば大分価格は抑えられてるんだろうな。

あと、新しいデザインのトレーラーも見たかったけれど、カスミブランチから船で直接来たようなので、実物を見れなかったのは残念だったかな。


よし、決めた!買うぞ‼︎
宝クジが当たったらね…( ^ω^ )


定期メンテナンス

12月に入り、今シーズンの釣りも終了。

今年も大きなトラブル無く頑張ってくれたボート。毎年12月はエンジン&ギアオイル交換の時期なので、ショップにボートを持って行く事に。

ショップに預ける前にやるべき事が。
20151206224830b11.jpeg
船検で新しく交付されたステッカー。今回は貼る位置を少し変える為、古いステッカーを剥がす事に。

これがなかなか大変な作業で一気に剥がそうとするとすぐに千切れてしまいキレイに剥がれない為、ジワジワと引っ張りながら慎重に剥がす。

かなり根気と集中力のいる作業。釣りの時もこれくらいの根気と集中が出来れば釣果も上がるかも?
20151206224832b3c.jpeg
なんとか剥がし終えて新しいステッカーを貼って完了。


その後、ボートを預けにショップへ。
201512062248296ff.jpeg
エンジン載せ替えから早いもので3年。
今回はオイル交換の他にプラグとインペラの交換も一緒に行う。

トラブルレスなスズキのエンジンとは言え定期メンテは大切だからね〜。


さて、これで今年の釣り関連の用事は全て終了。
来シーズンまでブログネタ、どうしようかなぁ…。







検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR