フィッシングショー2016

川崎方面に用事で出かけた帰りに、せっかくなので少し足を延ばしてこちらに寄り道。
IMG_1549[1]
6年ぶりくらいにフィッシングショーに行ってきた。


たしか6年ほど前に来たときは、人ごみの中でインフルエンザウィルスを貰った苦い思い出が…。

その時の記憶が蘇って、入場前に会場入り口のコンビニでマスクを買って防御することに。


各ブースで新製品を弄り回す。
IMG_1553[1]
新型スティーズ。
空回しでの巻き感は現行スティーズと変わらないかな。
TWSが付いてどれだけキャストフィーリングが変わったのかは気になるところ。
ま、買えませんが。

アルファスAIR。
IMG_1555[1]
こちらはSS AIRとの比較をスタッフに質問。
どうもソルトに対応する為にスプールエッジに厚みを持たせている分、0.5gほどSS AIRよりスプール重量がアップしているようだが、軽量ルアーの投げやすさは大差無いとの事。
SS AIR持ってるならこれは要らないか…。


ルアーで気になったのは、
IMG_1552[1]
スティーズフロッグJr。
Dポッパーフロッグと何が違うか聞いてみると、ぶっちやけDポッパーフロッグのJr版をスティーズブランドで出しただけとの事。

ハードベイトではシマノブースのコチラ。
IMG_1557[1]
トリプルインパクト107。
名作の復活。これは試してみたいルアーの1つ。
一昔前に出た旧120サイズは今でも1個だけタックルBOXの中に入っているけど、新旧での違いが気になるところ。


最後にジャッカルブースの巨大水槽でロクマルと対面。
IMG_1558[1]
60UP…。死ぬまでに1度でいいから釣ってみたいもんである。


2時間程の散策で終了。
来てみて思ったのは大手釣り具メーカーのブース出展が年々減ってきて、盛り上がりに欠けている点。
今回のように、何かの用事のついででもない限りは今後もあまり行くことも無さそう。

眺めてしまうとどうしても欲しくなるんで、カタログ関係は一切貰わず帰ってきた。


でもフィッシングショーで若干テンションが上がってなんか釣りしたくなってきたな~。
早く暖かくなんないかなぁ~。

盗難対策

マイボート駐艇の悩みのタネにボートパーツの盗難問題がある。
これは保管場所が自宅だろうが、駐艇場だろうが屋外に停めている以上盗難のリスクは付きまとう。
万全を期すならシャッター付きガレージで厳重保管が望ましいが、高額な駐艇料など現実としては難しい問題も。


自分は駐艇場の場合も、自宅に持って帰った場合も、屋外保管には変わりないので結局の所、盗難対策は必要。

今のところ対策としてエレキや船外機のプロップにはマウントロックやロックナットを装着し、漁られやすいストレージに関しては貴重品は必ず持ち帰り、鍵で施錠するようにしているがパワーポールだけは対策していなかった。


パワーポールもボルトで止まっているだけなので外そうと思えば簡単に外せてしまう。
そこでボルトを簡単に緩める事が出来ないように対策をする事に。

対策が必要な場所はジャックプレートのサイドマウント部、アダプタープレートの接合部、本体根元ステーの3箇所。
取り敢えず各アイテムをネットで購入。

まずはジャックプレートのサイドマウント部から。

キサカ・モーターロック トランサムボルト用。(キサカの通販サイトで6588円)
IMG_1531[1]
これは元々は船外機の盗難防止としてトランサムボルトに挟んで使う物だけど、こういった場所にも代用可能。
自分のボートはパワーポールをダブルで付けているので2つ必要。

いざ取り付けしようと試みたが、サイドマウントに使用しているボルト径に対し、ボルトを通す穴が微妙に狭く入らない事が判明。
そこで穴を削って広げるハメに。

サイドマウント部のボルト径をノギスで測ると約12.7mm。
で、この商品は12.7mm「以下」までのボルトに使用可となっている。
従って多少の加工が必要。

頑丈なステンレス製の為、削るのも一苦労。
IMG_1534[1]
取り付け完了。
IMG_1545[1]
パイプレンチで回そうとしても、多少緩んだところから本体が共回りして緩められないようになっているので、サンダーで破壊でもしない限り取り外しは不可能。

続いてアダプタープレートと本体根元ステーにはコチラを代用。

キタコ・ニューボディーガード。(バイクパーツ専用サイトで各2560円)
IMG_1535[1]
これは本来はバイクのマフラーやサスなどの盗難防止用のボルト&ナットで取り外しには付属の専用ソケットが必要。(ボルトタイプに付属してる6角ナットは今回使用しない)
因みボルトタイプとナットタイプはそれぞれ別売。

こちらは通常のボルト&ナットと入れ替えで使用。

アダプタープレート部↓
IMG_1540[1]
IMG_1541[1]
本体根元ステー部↓
IMG_1543[1]
このアイテムもボルトの頭(カラー)を掴んで回そうとしてもカラーが空転するようになってるので簡単には外せない。

解除用のキー&ソケットは無くすと自分が泣きを見るハメになるんで気を付けないとな…。


正直ここまでやったからと言って絶対に大丈夫とは言い切れないが、窃盗犯の心理としては外すのに時間が掛かるものは避ける傾向があるので、抑止力としては期待できると思う。

この手のアイテムは値段がやたらと高く、パワーポール左右で必要な為、合計で23000円弱も掛かってしまった…。
対費用効果としては微妙だが、それでも何も対策しないでいるよりは気持ちも楽。


こんな事にお金を掛けなければならないと思うと虚しくなるが、何の対策も取らず万が一被害にあった場合、悔やんでも悔やみきれない。
特にパワーポールは、本当に苦労してお金を貯めて買っただけに、思い入れも人一倍強いパーツ。

本当に、盗難なんて起こらない事を切に願うばかりだ。










冬季リールメンテ

冬季休業中で釣りネタも無く、更新も停滞気味。
暫くはこんな状態かな…。


現在は冬季恒例のタックルメンテを進行中。

メンテ時のケミカル用品は信頼しているIOSシリーズ。
IMG_1529[1]
どれも1個あたり3000円台と大変高価だが保ちが大変良く、わずかな塗布量で済むので1度買えば3~4年は使える。


今回のメンテ対象は昨年メンテしきれなかった&酷使したスティーズ7台とフロッグ専用SS SV改(8.1ギア仕様)の計8台。
IMG_1524[1]
いつもは簡単なグリスアップと回転の悪い箇所だけベアリング交換していたが、シーズン開幕までまだ時間があるので今回は1台1台を丹精込めてフルメンテ。

そういえば、所有しているスティーズ全てがようやくSV仕様になった。
スプールに投資した金額は考えないようにしよう…。
中古品&酷使で外観は傷だらけだけどまだまだスティーズは手放しませんよ~。


さて、そんなスティーズも今年でデビュー10周年、今季はいよいよフルモデルチェンジする模様。
IMG_1527[1]
いよいよスティーズもTWS化。

ギア比の初期展開が6.3と7.1のみってところが如何にもダイワらしい戦略。

気になるっちゃ気になるが、ぶっちゃけ6.3と7.1ギアは今持ってるのと一緒なんでまだ欲しいまでは行かないかな。
ま、欲しくても買えませんが…。

今後さらなるハイギア展開が予想されるが、個人的には今度こそローギアモデルも作ってもらいたいな。







謹賀新年

新年明けましておめでとう御座います。
2016年も幸多きフィッシングライフを送れますように。。。


さて、新年1発目の更新は新春恒例の買い出しから。

と言っても、毎年恒例にしてた釣り関連アイテムの初買いは今回はナシ。

新年早々、人混みに揉まれながらアウトレットモールへ。
201601012018085fb.jpeg
元旦から凄い人、人、人。💧
駐車場も大混雑でなかなか止められなかったし…。


広いモールをランガンして、各スポット(店)でリアクションバイト。
20160101201810b26.jpeg
久々に釣り用品以外で散財したかも。
まぁ、釣りの事ばっかりではなく、たまにはオシャレもしなきゃね…。


それにしてもアウトレットモールに来るといつもの思うのが、釣り具メーカーだってアウトレット品があってもいいと思うんだけどなぁ…と、結局の所、釣り関連の事から頭が離れない釣りバカ男なのでした。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR