2016 4/23 利根川

今日は超久々にカトさんをゲストに迎えて同船釣行
IMG_1711[1]
一緒に同船するのは何年ぶりだろうか。

ガッツリとホコリが溜まったカトさんのタックル
IMG_1706[1]
その溜まり具合から長期間釣りに行っていない様子が伺える。

7時半スタート。

ブランクのあるカトさんに釣りの感覚を取り戻してもらうべく手始めに対岸から釣り開始。

すると開始1投目から、カトさんがまさかの根掛かり(汗)
今日大丈夫かなぁ…。


それでも徐々にキャストの感覚を取り戻して行くカトさん。

小ぶりながらも2本キャッチ
IMG_1712[1]
IMG_1715[1]
バス持ちしたの何年振り?

自分もなんとか1本キャッチ
IMG_1713[1]
今日はガイドに徹したという事にしとて下さい…。

う~ん、厳しい。
ミッド~ポストの時期はやっぱりムズイ…。


カトさん、お疲れ様でした
IMG_1714[1]
続きは夢の中でイイ釣りして下さい…。zzz







近距離重視

始めに。

先日の、熊本の地震で亡くなられた方々に深くお悔やみ申し上げます。
又、被災された方々の1日も早い復興をお祈り致します。
微力ながら、募金活動等、自分に出来る応援をしていこうと思ってます。



さて…、

本日予定していた釣行も、この荒天で断念。

春は天気も魚も気まぐれで読めない。って魚の方は1年中読めてないか…。


今年は暖冬の影響もあり、季節の進行が早め。

いつもはG.W明けぐらいから引っ張り出すフロッグを少し早目にスタンバイ。
IMG_1701[1]
今時期でも暖かい日は、支流の水温が20度近くになる場所もあるので、タイミングが合えば可能性は十分にありそう。

ホコリを被っていたフロッグタックルもキレイに掃除。

今季は短めのロッドをメインで
IMG_1698[1]
スティーズ・リべレーター。

昨年、何度か使って見たが抜群のアキュラシー精度とアクションの付けやすさでメチャクチャ扱いやすい。
レングスも6.3ftと短めで葦際をショートピッチでテンポよく探る時に威力を発揮。


反則的な軽さ。
IMG_1704[1]

P8090020[1]
昨年キロクラスを何本か抜きあげでキャッチしたが耐久性も問題ナシ。
フッキングも良好。


あ~フロッグタックル弄ってたら釣りたくなって来た~。

早くフロッグで釣りて~。






出費

愛車のハザードスイッチ内の照明が球切れ。

IMG_1695[1]
夜間に車線変更で譲ってもらった時などに使うのに、暗い車内ではハザードスイッチの場所が分からず、運転中にスイッチの場所を探すのは危険。

事故ってからでは遅いので早急に修理を依頼。

球切れなんで、1000~2000円程度で直るだろと、ディーラーに持ち込み修理内容知って唖然。

なんとスイッチ自体にヒューズが埋め込まれた一体型の為、スイッチ丸ごとのASSY交換とか。
IMG_1696[1]
結果、想像してた金額の倍以上の出費…。

これはイタイ(>_<)

だいたい利根川に1回分くらいの釣行金額(車&ボートのガソリン代+朝食&昼食代)と同等の出費。

先日、ウェアに散財した所にまさかの追い打ち…。

あ~これで1回分、釣り行けなくなるな~(T_T)

2015 4/9 利根川~常陸利根川

桜も満開の春本番、4月1発目の釣行。
IMG_1685[1]
久々に霞水系(常陸利根川メインだが)に行こうか迷ったが、利根川下流の様子も見たかったので、スタートはゲレンデから。


利根川下流域をチェックしつつ、下流の水門抜けて常陸利根川で釣りをするという欲張りプラン。


スタート後、寄り道せずに一気に下流域まで下り佐原~東関道までの要所をチェック。

水温は下流で15度台。水質は田植えの準備と、ここ数日の雨の影響もあるのか結構な濁り。
主にテトラ中心に小一時間ほど流すがノー感じ。

下流域のチェックを早々に切り上げ、小見川閘門を抜け常陸利根川へ。
IMG_1688[1]
IMG_1686[1]
ゲレンデからここまで片道約50㎞弱…。
IMG_1690[1]
水門操作して常陸利根川へ。
常陸利根川も水温は変わらず15度台。水質は利根川とさほど変わらず。


常陸利根川に入ってすぐに異変が。
どうも河口堰を全開にしているようで、エレキ中速でも逆らえないほどのガン流れ(汗)

右往左往しながら流れが弱くのを待つが、一向に弱まる気配無し。

このまま釣りしてもバッテリーが持たないと判断し、流れが弱くなる外浪逆浦まで北上する事に。


南風でザブザブの中、風裏で辛抱強く探ると待望のバイト
IMG_1691[1]
700クラスのキーパーキャッチ。

この後更に風が強まり、いよいよ釣りが困難になって来た。

このまま風裏探して霞本湖方面か、北浦方面まで行こうか考えたが、帰りのガソリンを考えるとここまでが限界。
尻尾を巻く形で利根川に戻る事に。

利根川に戻って来てからは夕刻までアレコレ試すがパッとせず17時終了。


ボートを揚げて今日1日のGPSの積算距離を確認するとトータル155㎞。
その内、エレキの移動は多く見積もっても5㎞ぐらい。(実際もっと少ないと思うが)

つまり、残り150㎞はエンジンでの移動距離って事になる。
一体どれほどのガソリンを消費したのか…。


前回の釣行後に満タンにしたので、再び満タンに戻す。

恐る恐るレシートを確認すると…、
IMG_1693[1]
今日1日で約40リッターの消費…(汗)。4スト乗せ換えてから1日でここまで消費したのは初めてかも。
(因みに今日は4500回転でスピードはMAX55キロのエコ走行)
まぁ、高馬力のバスボートからすれば普通の数字なんだろうけど。

なんて価値(金額的に)のある1尾だろうか。(苦笑)


でも、150㎞走って40リッターの消費なら、燃費からしたらかなり良いのでは?

車の満タン法がボートに当てはまるかわからないが、この方法で計算すると、
150÷40.48=3.7055…。

エコ走行とは言え、リッターあたり3.7㎞って船外機の燃費からすれば相当良いハズ。

スズキの現行型リーンバーンエンジンがここまで燃費が良いとは思わなかった。
小遣い制バサーにとってこれは非常にありがたい。


しかし、今回のプランはやっぱり無理があったかも…。
次回からは素直に霞方面のスロープを利用しよう。

ウェア新調

会社帰りにアウトレットモールへ
IMG_1679[1]
今回の目的は普段着ではなく、釣り用にアウトドアブランドのウェアを物色。


アウトドアブランドはモンベルやコロンビア、マーモットなんかが手頃な価格帯(モノにもよる)でもデザイン性の良いモノを揃えられるので気に入っている。

ノースやパタゴニアなんかも興味があるが、やはり値段が高過ぎて手が出ない。
(特にフリース。1着にアノ値段は出せない…)


時期的にはまだ早いが、主にハイシーズン用のウェアを新調。
と言うか、夏場に欲しくなっても大抵売り切れているので、今の内に抑えておく。

昨年まで、夏場はOSPのフーデットロングスリーブTシャツを着ていたが、人気商品故に釣り場で周囲とカブる。
img_pink.jpg
だからと言って炎天下の中、もはや半袖など着ようとは思わない。

そこで似た様なアイテムを探していたら手ごろな価格であったので即バイト。


モンベル・クールパーカー
IMG_1683[1]
デザインもシンプルで野暮ったく無い所が自分好み。
IMG_1684[1]
機能性も良さげ。これなら夏場の強い味方になってくれそう。

ついでにフットウェアも

コロンビア・ベントスリップⅡ。
IMG_1682[1]
昨年も1足(グレー×レッド)買ったが、あまりにも気に入った為、カラーローテしたくてもう1足追加。
最近フェイバリットの青系をセレクト。

夏場の釣りでの履物は絶対にコレ!これを履いたらもうEVAサンダルには戻れません!


いや~、たまにこうやってパァ~っと散財するのも気持ちがいいもんだな~(笑)


って、月末に金欠で泣きを見るのが目に見えてるけど…(汗)



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR