2016 5/3 琵琶湖 (遠征3日目)

遠征も3日目。

そろそろこの環境にも体が慣れ出して来た頃。

スロープ解放時間が今日はチョットだけ早く、5時30分にはスタート
P5030167[1]
前日のラストに1本まあまあサイズ(関東だったらグッドサイズ)を釣ったものの、デカバス求めてわざわざ関東から来てるんだから、せめて50クラスは釣りたい所。

今日は終日、南寄りの強風予報
IMG_1731[1]
南湖と言えども、5~6mも風が出れば湖面はザブザブ。

驚いたのは、こんなザブザブでも自分のボートより小さいレンタルの2馬力艇やアルミ、ゴムボなんかが平気で沖に出て釣りをしてる事。流されないようにアンカー止めはしてるようだけど。

こっちのアングラー達はこれぐらいの波なんて普通なんだろうか。


風裏のシャローエリアから釣り開始。


昨日の夏日のような陽気も手伝ってか、シャローの水温は早朝でも20度台と高水温。

ここではスローな展開で探る事に。


最初に入ったマンメイドを撃ち始めた3投目、プン!とラインが跳ねるようなアタリが。

ラインがスーッと走ったのを確認し、一呼吸おいてから親のカタキの如くフッキングを入れると一気に魚が走り出す。

ここ最近では味わったことの無いトルクフルな引き。
コレ絶対デカい!

走られまくった挙句、エレキに一瞬巻かれかけたが、慌てずにロッドでさばいて、船べりまで引き寄せ無事ネットイン
P5030171[1]
キャッチしたのは54㎝、2450gのナイスサイズ!

ふぅ~、やっと50UP出た~。
長かった~。

因みにコイツが今回の遠征での最大サイズ。

ロクマルクラスには遠く及ばないサイズだけど、正直この1本だけでも琵琶湖に来て良かったと思えた。


その後、同スポットにて1本追加
P5030174[1]
今度はキーパーサイズ。


正午過ぎには雲が出て来てローライトコンディションに。
P5030181[1]
風が多少収まったタイミングで西岸へ。

大津港の岸壁に到着後、突然の噴水ショーが。
P5030183[1]
これでバスの活性上がんないかな。


と、思っていたらホントに来た(笑)
P5030176[1]
しかし、このサイズ。
最大サイズからの~最小サイズ。


15時過ぎには再び強風が吹き荒れる。
風速10m以上はあるんじゃないかと思うような南風の中、うねりの影響が少ない赤野井一文字エリアをラストに決める。

ローライトと南風でシャローに差してこないか期待しつつ水深1,5mラインに生えるウイードフラットの上を巻き倒すが反応無し。

流石に風が吹き過ぎかも。

16時前には空が暗くなりだしてきて今にも降り出しそうな気配。
少し早めにスロープに戻り3日目は終了。


3日目にしてようやく50クラスを釣る事が出来て一安心。

今回の遠征も、いよいよ明日で終わり。
ラストを締めくくるバスを釣る事は出来るのか?


最終日につづく…。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR