興味津々

先月、スマホ(iPhone5s)の分割ローンがようやく終わった。

携帯をスマホに変えてからは端末はiPhone一筋だけども、最近はアンドロイドにも興味が。

今すぐ変えたいって訳ではないけど、最近の端末ってどんなのあるのかな~?と、興味半分でHP覗いたらこんなの発見。
IMG_1898[1]
ソニーのアンドロイド端末、XperiaのPRにこの方が!
結構前から載ってたみたい。

釣り人(しかもバサー!)を起用した点は素直に嬉しい(^^)
IMG_1899[1]
流石の人選。バサーとしては誇らしいね。
PR対象が釣り具からスマホに変わっても全く違和感が無い!(^^)!


釣り人目線からのナイスなスマホ活用術。


ヤバイ…結構グラッと来たかも…。


CM用のショートバージョン作って是非とも地上波で流して頂きたい!



2016 6/26 利根川

おそらく早起き出来まいと踏んで、深夜にゲレンデ入り。

4時起床
P6260284[1]
眠い目擦って準備済ませ、4時半スタート。


先週買った期待のフロッグで、
P6260285[1]
P6260286[1]
良型のバラシが2回あったものの、午前中になんとか2本キャッチ。


なかなかイイ感じ。
もう少し使い込んで見ないと分からないけど1軍フロッグになりそうな感じ。


さて、今日はボートの方に交換する箇所があるので、一旦スロープへ

以前からガタツキが気になっていたエレキのマウント。
ボートの向きを変えるたびにガッチャンガッチャンと不快な音でストレスだったので思い切って新品にチェンジ。
P6260287[1]
通常、6万以上と高額な21ゲーターだが、運よく新古品を安く手に入れる事が出来た。

古いマウントを取り外す
P6260288[1]
バウの先端側のネジを外すのがかなり大変だった💦

アシストダンパーも移植となるので、穴開け
P6260292[1]
失敗は許されない。新品のマウントなんで穴開けもドキドキ。

必要なパーツを全て移植して、マウントを固定し完成
P6260295[1]
これでようやく不快なガタツキから解放された。


昼食挟んで14時前に再び釣り再開。


夕刻、再び良いサイズをバラすが、その後意地でなんとか1本追加し終了
P6260297[1]
今回は全てフロッグ。


先日の雨で水温低下と濁りが入り渋い状況だったけど、場所と釣り方次第ではなんとか拾っていける感じ。

ただ今回は良型のバラシが3回あったので、タックルバランスやフッキング動作を含めて見直す必要があるかな。

うーん、やっぱりこの釣りは奥が深い…。
カエルの道は1日にしてならず、だな。







トレーラー修理

先日トレーラートラブルで修理を依頼したものの、預けたショップが他にも沢山のお客を抱えており、てんてこ舞い状態。

その為、自分のトレーラー修理も順番待ち状態で、早くとも2~3週間先になりそうとの事。

ハイシーズンに突入した今、流石にそこまで待てない。

幸いスナガに部品の在庫があるようなので、直ぐに取り寄せは出来る模様。

そこで部品の取り寄せだけお願いして、自分で修理を行う事に。

ま、修理と言っても、ボルトを緩めてステーを取り換えるだけなんで、作業としてはいたって簡単。
ただ、ボートが乗っていると作業出来ないので、ボートを降ろす必要がある。

北総スロープまで行ってボートを降ろすか迷ったが、もう今にもフレーム同士を繋げているステーがもげそう…。

安全を考え、ショップ近くの有料スロープで降ろすことに
P6250276[1]
水の郷さわら。

インフォメーションコーナーには
P6250281[1]
Bassrが置いてある!(^^)!
バサクラの会場ってのもあるけど、こういうのは釣り人として好感が持てるね。

いざ修理開始
P6250278[1]
交換用のステー。
こんな金属片が1個2500円って…。


いざやってみると、フレームが重いのなんので、かなりの重労働💦
P6250279[1]
ボルトを通す穴にうまく嵌らず苦戦したが、何とか交換出来た。
作業時間は1時間程度。


で、コレが交換前のステー
P6250280[1]
亀裂が入ってホントに限界寸前って感じ。手遅れになる前で良かった…ε-(´∀`*)ホッ
発見が遅れていたらと思うとゾッとする。


せっかくボートも降ろしたことだし、ついでに釣りも少々。

午後から家庭の用事があるので、小一時間程度の散策だったが…
P6250282[1]
まぁ、釣れね。

粘りたかったが、ここで用事をすっぽかすと明日釣りさせてもらえなくなるので、ガマン、ガマン。

この後ゲレンデにボートを置きに行って帰宅。

明日早起き出来るかな~。

2016 6/19 利根川

今週も早朝より出撃
IMG_1871[1]
今日は裏ばすさんがゲスト。

早朝の準備時、トレーラーにヤバめのトラブル発覚
IMG_1870[1]
IMG_1867[2]
メインフレーム同士を繋ぐステーが割れてリアフレームが陥没。
ヘタすれば船体脱落の危険が。

釣りが終わったら修理に出さなきゃな…。
ハァ…またお金かかるなぁ…


不安要素を抱えつつ、5時スタート。

水温は先週とほとんど変わらず24~25度台。

開始数投でまずは自分が1本目キャッチ
IMG_1872[2]
翌月アタマのTBCを意識した方が多いので、(自分はエントリーしてないが)詳細はご容赦を。←(トーナメント終了に付き、公開します)

少し間を置いて今度は裏ばすさんが1本目をキャッチ
IMG_1873[1]
お互い、目的の釣りでキャッチし一安心。

その後は裏ばすさんの方にバイトが集中
IMG_1875[1]
IMG_1876[1]
乗せきれないバイトに苦戦しつつも、15時までやって自分は2本、裏ばすさん3本。
IMG_1878[1]
船中5本だがどれもキロ前後と粒ぞろい。

船中5本、全てフロッグでの釣果。

結構充実した内容だったので、お互いエンジョイ出来たかも。
IMG_1879[1]
裏ばすさん、お疲れさまでした!


その後、トレーラー修理でショップへ。
IMG_1880[1]
ついでに誘惑に負けてルアー購入。

特にフロッグには期待してるけど果たして…。


要注意

左舷側のシート手前に付いているロッドラック
IMG_1856[1]
単独釣行時は使うことは無いけど、同船時は相手のタックルを置く場合も。
IMG_1857[1]
タックルを7~8セット持ち込む人はココに2~3タックル置くことになる。


同船者の荷物がバッカンやクーラーBOXと言った大きいサイズの場合は、後部のバッテリーストレージに入れる事になるのだが、ストレージを開ける時に気を付けないと、
IMG_1858[1]
ストレージを開ける際ロッドティップが干渉する。

画像では45度の角度で止めているが、実際に荷物を取り出す時は90度まで開ける事になるので、開いた拍子にロッドティップがポキッっと逝く可能性が…。

同船されるときは十分注意してくださ~い。

風向き表示

釣行時に欠かせない天気予報アプリ。

ウェザーニュース。

バージョンアップでもしたのか、地域別での風向き表示が漢字から矢印に。
IMG_1865[1]
ハッキリ言って見づらいし、分かりづらい…。

ダメでしょコレ…。(-_-;)

レビューでも不評のようだし。

元に戻してよ~。

再利用

時季的にスローな釣りメインの為、ワームの消費量がハンパ無い。

バイトが多い日なんかは1日でワーム1~2パック使うことも。

ある意味贅沢な悩み。

でも小遣い制バサーにとっては1パック800~900円前後もするワームをポンポン買ってなんかいられない。
IMG_1813[1]
裂けたりした場合はライターで炙ればくっ付けられるが、問題なのがフックの刺し穴。

ワームの中まではライターでは炙れない。

オフセットフックをメインで使用していた時は1~2匹釣れても再利用出来ていたが、リバーブ付きのストレートフックがメインの今は1度ズレただけでNG。
IMG_1824[1]
ワームをホールドするリバーブ部分が針穴を大きく広げてしまうので、ガバガバになり再利用が難しくなる。

ツメやテールなどのパーツがもげて無くなったワームと違って、針穴が広がっただけのワームならアクションにはほとんど影響しないので、フックの刺し穴さえ塞げばまた使用できる。

なんとか再利用出来ないものかとネットでググってみると、セメダインで補修している方がチラホラ居る。

自分も見習って模倣で補修することに。

セメダインスーパーX(G)
IMG_1814[1]
ホームセンターで498円で購入。

ワームに付着した水分を取って乾かしたら、針穴につま楊枝で溶剤を塗り込む
IMG_1818[1] - コピー
あとは塗った部分を軽く揉んで馴染ませ、丸1日放置させれば補修完了。

このセメダインのいいところは、乾燥しても適度な弾力で硬くなりすぎないうえに無臭なので溶剤特有のイヤな臭いがワームに付かない。

更に、高価なワーム接着剤よりも安価な上、大抵どこのホームセンターにも置いてあるので入手が容易。

実際、補修したワームでも問題無く釣れている。
P5280242[1]
釣っては直しの繰り返しで1~2回は再利用。

これだけ直せば十分に元も取れる
IMG_1862[1]
どれも1個あたりの単価は120円前後するので、結構バカにならない。

使えるお金に限りのある低所得バサーの涙ぐましい努力?






2016 6/12 利根川

2DAY釣行2日目の日曜日は利根川へ
IMG_1840[1]
予報では終日曇天のハズが、早朝から太陽が顔を出していて、予報と違うじゃん!とブー垂れつつ、とっとと準備済ませて出船。

水温24度台。
トップへのモチベーションは低下気味だが、それでも期待感捨てきれず、今日も懲りずにフロッグから。

アフター回復系のバスがフィーディングしそうなスポットを周っていく。

するとオーバーハングの中で単発のボイルが。

すかさず中にフロッグを叩き込むと控えめに水面割って出た!
IMG_1844[1]
フッキングのタイミングもバッチリ決まって1本目キャッチ。
やっとトップ(フロッグ)で出た~。

サイズはキロくらい。

1本目キャッチ後、今日も出撃していた裏ばすさんと談笑、なんでも巻きでも反応を得ているとの事。

モノは試しと言う事で、自分もクランクを投げてみる事に。すると、イキナリ反応が
IMG_1849[1]
って、お前じゃねー!

キャットらしからぬ引きだったので、魚体見るまで完全にバスだと思ったよ…(汗)


昨日の印旛沼で子バス乱獲したタックル
IMG_1845[1]
今日はこのタックルの実力も検証

日が上がってきたので、今度は上記のタックルでブッシュの際にフォールさせるとギューンとワームがブッシュに引っ張り込まれる

フッキングと同時にブッシュに巻かれかけたが、中から強引に引っ張り出すと正体はコイツ
IMG_1850[1]
70クラスのライギョ。でっかぁ~。
このサイズを引っ張り出せるなら、カバーロッドとして十分使える。


気を取り直して、近くにあるブッシュ際に再びフロッグを投入すると、ワンツーアクションで今度は派手にガボッと出た!
IMG_1853[1]
コイツもキロ前後のサイズ。

ここまでの2本(バス)ですっかり気分はフロッグモードに。
そこで過去に実績があったスポットを周る事に。

周り初めて数か所目で再びボイル発生、間髪入れずにフロッグで撃つとバイト。
が、フッキングが甘くジャンプ1発でサヨナラ(T_T)/~~
またキロぐらいのバスだった。(T_T)

でもって再びオーバーハング狙いにシフトすると4度目のバイトが
IMG_1854[1]
今度はバラさずキャッチ。またまたキロサイズ。

なんだかフロッグに出る魚は粒ぞろいのサイズばかり!

その後もしばらくフロッグを押し通すが、反応も無くなったのでフロッグ場見切って別のエリアへ

気になる場所ではスローダウンの釣りも試すが、
IMG_1860[1]
サイズダウン。


フロッグ以外の反応を確かめる為バズベイトにチェンジし、ショアラインと平行に引いてくると消し込むようにバイト。
が、またもやジャンプ1発でバラシ…。おそらく今日1番のサイズ(1200~1300gぐらい)

その後もムキになってバズを引き倒すが、バイトは無くなり17時終了。


トップへの反応は存外良く、5発出て3本キャッチとまずまず。
タラレバだけど、全部キャッチ出来てれば5本で5キロ超えてたな…。


関東も先日梅雨入り発表したので、今後も状況は上向いて行くハズ。

次回の釣行が楽しみ。










2016 6/11 印旛沼

今週は有休使って3連休。

家事都合で1日潰れるものの、今回は久々の2DAY釣行。
初日は印旛沼、翌日は利根川の2本立て。


まず土曜日は、久しぶりとなる印旛沼へ
IMG_1827[1]
もう、アオコが出始めてる。

スタート後、新川へ。

モーニングバイト期待してトップ(主にフロッグ)で出そうな葦やガマを流すが、全く反応ナシ。

最近は投げても投げても一向に水面を割ってくれないので、トップのモチベーションが低下気味。

で、スローダウンすると直ぐに反応が
IMG_1828[1]
挨拶代わりのノンキー。

下流方面へ下りながら流して行くと、飽きない程度に反応はあるが、
IMG_1832[1]
釣れども釣れどもこのサイズで、ノンキーの金太郎飴状態。

たまにキーパーサイズが混じるが、
IMG_1831[1]
それでもサイズは500g前後。

狙うスポットを葦からオーバーハングに変えると
IMG_1834[1]
ようやくキロサイズキャッチ。

この後、新川のドンツキ手前でUターン。

途中昼寝を挟んで、戻りながらな流して行くが反応ナシ。


16時、本湖に戻って来たところで、もう上がるかまだ続けるか考える。

でも折角こういうフィールドに来たんだしフリッピングの練習でもするかなと、葦のストレッチへ。

水深30~40cmくらいの葦の外側と内側とを交互にフリップしていくと葦の外側でスコーン!と明確なバイト。

フッキングするとギラッと翻って魚体確認、デカっ!

が、こんな時に限ってランディングネットはストレージの中(汗)

ファイトしながらストレージからネットを出そうか一瞬迷ったがモタモタしてる内にバレそう。

ネットを出すのを諦め、バックシートに飛び移ってハンドランディング体勢へ。

魚体を掴むと同時にフックが口から外れた。アブネ〜ε-(´∀`; )
IMG_1835[1]
50cm、1970gのナイスな印旛フィッシュ\(^o^)/
これぞ印旛バスって感じの体高のある見事な魚体。

-タックル-
ロッド ジリオン701MXB
リール KTFアルファスフィネスVer2
ライン シーガーフロロマイスター14lb
リグ ドライブクロー4インチ3.5gテキサス
フック がまかつWORM310 3/0


フリップの練習がてら撃ったものの、普通なら見落とすかスルーしそうなショボい葦の張り出し。

デカいサイズでも存外、こういう場所に付くんだなぁ。
この1本は勉強になったな~。


ということで、初日の印旛沼は気分良く終了(^ ^)
明日の利根川もイイ釣り出来るとイイな~。


翌日の利根川につづく…。











2016 6/05 利根川

今日は大ちゃんの450艇に乗せて貰ってタンデム釣行
P6050267[1] - コピー
P6050269[1] - コピー
カッコいいボートは乗せて貰うだけでテンション上がるね~♪


朝から雨と、ローライトな天気に期待してフロッグでサーチするも、一向に出る気配は無く…。

6月だと言うのに南風が吹いてもなんだか肌寒い。
今年は季節の進行が早めと思っていたけど、ここにきてチョット足踏み状態。

まー、出ないモンはしょうがないので、早々に見切って先週良かったエリアへ。


到着早々に1本目キャッチ(画像取り忘れた)
サイズは500gぐらい(今回は人のボートで、スケール積んでないのでアバウトです)

それから少し進んだところでまた反応が
P6050272[1]
今度はまあまあサイズ(900前後?)

最近は背景から場所バレしないように配慮してるものの、分かる人にはバレバレなようで…。
熟知してる人には敵いませんな(;^_^A

その後も反応は続き、
P6050270[1] - コピー
P6050273[1]
ポポンと短時間で2本追加するもサイズUPならず。

釣れるものの、先週に比べると雲泥の差。
ま、そんな毎回毎回、良い釣り出来る訳ないか。


雨が上がり日が差しだすと一気にバイトも遠くなり停滞ムード
P6050274[1]
パラダイス求めて下流域を数ヶ所回るが得るもの無く…。

中流域まで戻って来た所で立て続けに2本キャッチ(内1本はノンキーで割愛)するもサイズUPならず、17時終了
P6050275[1]
船中6本とまずまずの釣果…と、言いたい所だが、サイズが伸び悩み消化不良感は否めず。


うーん。いい加減スローな釣りは飽きて来たかも…。

そろそろ巻きやトップでバンバン反応して下さいよ~、利根バスさ~ん。

如意棒

棒タイプの回収器がとうとう殉職。
IMG_1812[1]
それに代わるモノとして新たにコレを

ハイドアップのcblm
IMG_1811[1]
C(コール)b(バック)l(ルアー)m(マシーン)の略らしい。

ヘッド単体で2138円と結構なお値段。

使用者のインプレを見る限り、評判は上々の様子。


タモの柄にこのヘッドをねじ込んで使用。
IMG_1819[1]
柄は中古ショップで5mタイプを3000円台で購入

如意棒みたくギューンと一気に伸びる
IMG_1821[1]
柄がカーボン素材なんであまり無理は出来ないだろうけど、アルミのシャフトよりも軽くて曲がりに強いんで操作性はこっちの方が上かな。

取り敢えず、プラグ5個も回収出来れば元は取れるんで、それまでは頑張ってもらうとしよう。






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR