期待大

沖田プロの動画を見て購買意欲をそそられた一品
IMG_1961[1]
これは買っちゃうね
IMG_1963[1]
単体でこの自重なんで、トレーラーワーム無しでも投げ易そう。


コチラはだいぶ前から探していたもの

1口サイズの3.1インチ
IMG_1962[1]
ネット通販なら簡単に手に入るけど、手数料払うのもナンなんで二の足踏んでいた。


早く使いたい~

2016 8/21 利根川

台風7号通過後の利根川。

行っても厳しいと分かっていたけど、来週、再来週と行けないので、ダメ元でも出撃。


関東直撃は免れたものの、大雨の影響は避けられずスロープはゴミだらけ
P8210415[1]
かなりの増水と濁り。

大雨の影響もあり、水温は26℃~27℃台と先週より2~3℃低下。


今回は支流には入らず、敢えて本流筋でバスを探す。


スタート後、トップから入ろうかと思ったけど、酸欠で水面パクパクやってるボラやレンギョの群れを見る限り、トップって感じじゃ無さそう。

なので今日はブッシュカバーメイン。

濁りの影響を考慮して、インサイドベンドにあるブッシュカバーに狙いを絞っていく事に。


ブッシュの奥にジグをねじ込んでようやく1本目
P8210416[1]
サイズは800g前後。


ハイウォーターなんで、普段は入れないこんな場所もにも侵入
P8210418[1]
居れば1発だろって感じの場所だけど…、
P8210420[1]
P8210419[1]
釣れるのはこんなサイズばかり…。


15時前、とあるテトラ帯を流していると、テトラの奥でエビが跳ねてボイル発生。

手持ちのタックルで直ぐに投げられるのがフロッグだったので、すかさず投げると、ドカン!と炸裂。

フッキングと同時にテトラの中に入ろうとするのを、ロッドを立ててゴリ巻きで強引に寄せる。

3列並んだテトラの1列目(1番奥)を乗り越えた所で魚体確認、どデカ!50ぐらいある!

2列目クリアし、勢いそのままに3列目を乗り越えた瞬間、フロッグが外れて無念のフックアウト(T_T)/~~~

バレた瞬間、ショックのあまりしばらく放心状態だったし…。


その後は一気にやる気も無くなり15時30分終了。



チッキショ~、次回必ずリベンジしてやる~( `ー´)ノ









2016 8/15 利根川

お盆休み終盤の利根川へ。

気合を入れて、深夜にゲレンデ入り。

ここ数日、夜はエアコン要らずの涼しさなんで車中泊も苦にならず。

早朝は雲が厚く、日の出も拝めず。

4時半ランチングの時点でもこの暗さ。
IMG_1954[1]
水温は28℃~29℃台。

本流はまだ、かろうじて30℃以下をキープ。


スタート後、中流域の要所には目もくれず下流域まで一気に下る。

水位はここ数日高めの状態をキープしているようなので、水が多い時に期待が持てそうなスポットを周っていく。

開始数投で景気よく水面炸裂
IMG_1956[1]
全身オレンジカラーのハイアピールチューンを施したフロッグで950g。

やっぱり全身がオレンジだとダントツで視認しやすい。

出た時にフロッグを持って行ったかどうかの見分けが一瞬で付くから、フッキングのタイミングも掴みやすい。


と、良かったのはここまで。

その後もフロッグで追加を狙うが反応も無く、日が差して来てからは気温も一気に上昇。

南西の風が吹き出してからは巻きにシフトするが、ノンキー1本のバラシのみ。

反応の無さに加えて睡眠不足が重なり、こうなると訪れるのが睡魔との闘い。

結局、抗う事が出来ず11時前にはダウン…zzz。


昼寝から起きると、時刻は何と13時…(汗)
2時間も寝るなんて、お盆休みの疲れがどれだけ溜まってたんだろ…。


釣り再開するも、なんだかかったるくて、やる気も起きず。

14時にはスロープに戻って早上がり。
IMG_1748[2]
ゴメンな~。今日は何もあげる物無いんだよ~。


ゲレンデ泊までして臨んだ割には、なんとも冴えない釣行だったなぁ…。


台風7号の進路が気になる…。

関東直撃したら、また利根川リセットされるな…。

逸れてくれないかな~。



2016 8/12 利根川

お盆休みに入り何かとバタバタしてるけど、合間を縫って出撃
P8120402[1]
先週の濁りも大分落ち着いてきて、釣れそうな水に戻って来た。

6時スタート。
スタート後、対岸で親子フィッシングを楽しむ裏ばすさんに、メンテで預かっていたリールを渡しつつ、情報交換。


会話の中で「トップは表層水温が上がり過ぎて出ないんで、ワーム沈めた方がいいですね~」などと言っておきながら、開始1時間フロッグを投げまくる天邪鬼な自分。(笑)

結果、何発か出たものの、大抵フロッグの後ろでガボッとやったり、スカートつまんで引っ張るだけなどで、1本もキャッチ出来ず(-_-)

これじゃ魚スレさせてるだけだな…って事で、素直にワーム沈めてみると
P8120403[1]
P8120404[1]700g、800gと立て続けにキャッチ。

水面への反応とは逆に沈めてあっさり食ってきた所をみると、濁りが取れて来た事で食いが立っていると判断。
そこで最近気に入っているエリア(出ればいいサイズ)に直行しサイズUPを狙う。

エリア到着後、直ぐに反応が
P8120407[1]
久々に使ったスモラバで1300gキャッチ。
やっぱりここは釣れればサイズが良いわ。


今日はあまりランガンする気になれず、午後からは支流に。

途中、濁りが強くUターンしようかと思ったけど、奥までズンズン進んで水深が浅くなって来た辺りで
P8120410[1]
短時間で3本キャッチしたものの、みんなこのサイズ。


16時、支流を出て午前中に良いサイズが出たエリアに入り直す。

最近使い出したドラクロにクリソツなパチモンGO!
P8120413[1]
すると、今日イチサイズの1400gキャッチ。
P8120411[1]
パチモンでも、問題無く釣れますな!

違う意味では大問題だけど…。

ラスト、スロープに戻る前に寄ったスポットでキーパー追加して終了!
P8120414[1]
トータル8本キャッチで、思いのほか楽しめたかも。

本音を言えば、トップ(特にフロッグ)で出したかったけど。


今日はストレート系より手足がバタバタ動くワームの方が良かったけど、たまたまかな?
P8120415[1]
帰ったらまたリペアしよ。


お盆休み中、もう1回くらい来れるかな?

それまでにゲリラ豪雨で濁ったりしませんように…。

スペース拡大

夏場に重宝してる17ℓタイプのクーラーBOX
IMG_1944[1]
夏場は入れる保冷材も大きくなるし、飲食物も多くなるのでこれぐらいのサイズは欲しい所だけど、やっぱりサイズが大き目。

ボートのサイズが小さいので、置くスペースも限られる。

一人の時は助手席の足元に置けばいいけれど、同船時は置くことが出来ないので、コンソール側のフットスロットルの横に置いていたが、取り出す時に引っ張り出さねばならず、かなり面倒だった。
IMG_1941[1]
P4260446[1]
二回り小さい9ℓタイプはシートの真ん中に置けるんで、出来れば17ℓもこの場所に置きたい所。

そこでシート間のスペースを広げてみる事に
IMG_1942[1]
固定してるステーを外し、両サイドのシートを目一杯壁に寄せてスペースを広げる。

結構キツめだけど何とか置くことが出来た
IMG_1943[1]
座面のショルダーが少し潰れるけど、座る分には問題なし。

これで同船時でも取り出しが快適になりそう♪。

2016 8/6 利根川

梅雨明け後の利根川へ。

梅雨明けから1週間、連日のうだるような暑さと仕事の忙しさでバテ気味。

それでも釣りには行きたいんだから、例えるならデザートは別腹みたいな感じのノリ?


火曜から木曜に掛けてのゲリラ豪雨で利根川はかなりの濁りと増水。

スタート後、本流の様子を軽く見て回ったがテトラやカバーの中までも濁りが入ってしまっているので、こりゃ本流は厳しそうだなって事で支流に。
P8060395[1]


長門の水門をくぐってすぐにお宝(ルアー)発見。

ラッキー♪と思いながら回収すると、ラインも付いており手繰ってみると
P8060394[1]
フロロの16ポンドくらいの太いラインが20m位付いてた(汗)

多分オカッパリだと思うが、このラインの切り方は無いだろ!

ボートの航路上に引っかかってたんで、気づかなければ完璧エンジンのペラに絡んでただろうな。


カバーを撃ち続け、2本キャッチしたものの、
P8060396[1]
2本ともノンキーサイズ。

午前中はほとんど風が吹かず、ジッとしてるだけでも汗がダラダラと出て来る暑さ。
水温も場所によっては33度台なんて所も。

たまらず午後からは本流に。

要所をジックリ探って何とか2本キャッチしたが
P8060399[1]
P8060400[1]
やっぱりこのサイズ。


18時まで頑張るも、結局サイズUPならず終了。

うーん、渋い…。

この濁りが取れないと、自分には手に負えない感じ…。

お盆休み釣行はフィールド変えようかなぁ…。








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR