2017 4/6 琵琶湖 (1日目)

慌ただしかった先月(年度末)の業務を乗り切り、新年度の幕開け。

ひとまず一段落した仕事に見切りを付け、残りの業務は同僚に押し付け。(笑)

溜まりに溜まったフラストレーションを消化すべく水、木、金と有給取得し5連休に。

家族サービスは水曜と土、日に回す約束の下、木、金は自由の身に。

となると、当然釣りに。

利根川も良いけど、せっかくの平日釣行。

ここは思い切って琵琶湖に。

遠征資金は、先月までの休日出勤の手当て分を、小遣いに上乗せして貰い捻出。


過去3度の(1度目はブログ開始前の話)琵琶湖遠征は、GWに2回、アーリーサマーに1回のみ。
春のプリスポーン時期はやったことが無く、モンスター狙いをずっとやってみたかった。


単独遠征だし、寝苦しい季節でも無いんで宿を取るメリットはゼロ。

従って今回も当然車中泊。


と、前置きはこのくらいにして、いざマザーレイクへ。

水曜の夕方に出発し、金曜日の深夜に帰って来る弾丸遠征の始まり。

行きはトイレ休憩のみで、片道530㎞を7時間で走破は最短記録。

到着は翌日の深夜1時。


4時間程の仮眠を取ってから、ボートのセッティング済ませ、6時のスロープ解放と同時にスタート
P4070708[1]
眼前に広がる雄大なロケーション。

通算4度目となる琵琶湖釣行の始まり。

初日は雲の多いローライトコンディションで、時折晴れ間が覗く天候。

水温は12℃~14℃台とわりと高め…、になるのかな?

利根川とさほど変わらないかも。

事前リサーチでは南湖で11℃程との事だったので、ここ数日で上がった?


エリアは南湖メインで北湖はごく一部のシャローエリアと流入河川のみ回るプラン。

平日と言えど、湖上は結構なボートの数。
P4070706[1]
ほとんどのボートは南湖の定番エリア(沖のウィード)で船団を組んでいる。

なんでも、事前に集めた情報では平日で50艇以上、休日は200~250艇以上の大船団となるらしい…。

そんな状態ではまともに本湖を横断するなんて無理…。

平日のみの釣行にして正解だったかも。


一応知識はあるけど、ウィードエリアの釣りに自信を持てない自分はシャローでマイノリティーな釣りを展開。


来るたび必ず立ち寄るマンメイド
P4070707[1]
期待とは裏腹に不発。

リップラップやリーズ、マンメイドストラクチャーにマットカバーなど、シャロー絡みで要所を探っていくが、ノー感じ。

多くの水鳥達が居るだけで、他には全く生命感を感じない…。


昼には迷走状態に
P4050683[1]
一番ダメな展開に突入。

加えてこの水の色
P4050685[1]
いくらなんでも綺麗過ぎ。(汗)

そりゃ、ブラインドのロングキャストにもなるわな。

逆に濁りが入った方が釣れるのもうなずける。


結局初日は完デコ…。

琵琶湖と言えども、やっぱりそんなに簡単じゃないな。


デコったものの、シャローでチラホラと大型がクルーズしてるエリアを幾つか見つけられたので収穫はあったかな。

加えて、翌日は南寄りの風&雨と、絶好のチャンス。

タイミング次第で爆発もありそう。

Xデーは訪れるのか!?


翌日に続く…。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR