2017 9/24 利根川

遠征疲れで廃人のまま乗り切った週末

疲れもあるし、土曜日は用事が色々とあったんで日曜は休もうかと思ったけど…

来週は釣り行けないんで、疲れた体に鞭打ってでも出撃する事に
P9240985[1]
ゲレンデはかなりの人出

バサクラで来週はスロープ使用自粛の影響?


前日、急遽同船が決まったmuraさんと
P9240986[1]

6時過ぎスタート

水温21~22℃台

前日の雨で悪い水が降りてきてるのか、茨城県側は全体的に水質悪し


2ヶ所目に入ったエリアでバズでHIT

グッドサイズだったんで、慎重にファイトしながら船べりまで寄せて、muraさんに取ってもらおうとしたところであえなくフックOUT(T_T)

この時は、「まぁ、また釣ればいいか」なんて思ってたけど…

これが後でどれ程貴重な魚だったか思い知る訳で…


その後は小移動繰り返しながら下流へ向かうも、ことごとくノー感じ


昼前にmuraさんがセレクトしたエリアでようやく
P9240987[2]
やっとこバスの顔拝めた

その後はパッとしないまま時間が過ぎ…
P9240988[1]
ドップリ日が暮れるまで粘るも、無情のタイムアップ

利根川渋すぎ(-_-)

「居ない」と言うより、「居ても食わない」という感じだったけど、釣る人は釣ってたんだろうか…?

遠征帰り(おまけ)

何度行っても楽しい琵琶湖遠征

何度行ってもキツイ琵琶湖帰り

千葉県まで体力持つかな…


今回は事前のメンテ&点検の甲斐あって、トレーラー絡みのトラブルは皆無

余計な不安を抱えずにトレイル出来た

逆にそれで緊張感が薄れてたのか、帰りは1~2時間置きに睡魔に襲われたけど…


立ち寄ったPAのトイレで

公共のトイレにあるラクガキって大抵は卑猥な内容のものが多いけど
IMG_2723.jpg
これは1発で釣り人だと分かるね(笑)

帰りは渋滞も無くスムーズに行くと思ってたのに
IMG_2725.jpg
事故渋滞の名所で、案の定1時間の足止め

事故車は車数台巻き込んで壁に激突してるし…

カーブが続く下り坂で、こんな雨の中スピード出せばそりゃ事故るわな

手前のPAでトイレと仮眠しといて良かった


そんなこんなで帰って来れたのは深夜の0時過ぎ

駐艇場近くのコンビニに停めて一息つくと強烈な睡魔に襲われ…

次に起きたのは5時前(-_-;)

帰るつもりだったのに、一晩明かしてしまった…


良く寝て疲れも幾分取れたし、せっかくなんで

まさかの琵琶湖→利根川のハシゴ(笑)
P9170974[1]

P9170975[1]
釣りバカにも程がある

魚探付けるのも面倒だったんで水温不明だけど、手を水に付けると結構あったかい

雨の影響で結構な濁りと高めの水位だけど、活性高そう?

サクッと釣ってさっさと上がりますか!

この濁りと、ロケーション
P9170984[1]
やっぱ落ち着くわ~

とか言ってるうちに早くも1本目
P7090304[1]
いきなりナイスサイズ

気温は低くて肌寒いけど、雨パワーが効いてる?

降ってた雨も止んでバイトも遠のいたんでエリアを変えてスローダウン

2本目追加
P9170982[1]
昨日までデカバスのバイトに備えて全神経を集中してたんで、わずかな違和感も見逃しませんぜ!

これで満足したんでスロープに戻り9時終了

メインディッシュの後のデザート的な釣行?


という訳で琵琶湖〜利根川と、すっかり満喫してしまった今回の遠征

週明けは廃人確定だな



2017 9/16 琵琶湖(最終日)

琵琶湖遠征最終日

急遽ゲストを迎えて半日の延長戦


日本列島に近づく台風18号

その影響を受けて秋雨前線が活発化し、1日雨の予報

漁港側から安全を考慮して、今日は12時までに帰港するようにとの事


ゲストは久々の再会となるハッシー
P9160958[1]
実に3年ぶりの再会。元気そうでなにより

そんなハッシーが使う高級タックル
P9160957[1]
カレイド、スティーズ、ステラ…サラリーマンで3児の父の持つタックルか?

とりあえず乗船代として真ん中のロッドに付いてるリールください!(笑)


という訳で、ひろIZM×ボーズでええやん!!in琵琶湖のコラボ釣行スタート!

ファーストエリアで早々にハッシーが1本キャッチ
P9160959[1]

次は俺のターン!とばかりに自分も
P9160961[1]
サイズは伸びず

久々の再会でトークも弾み、時間もあっという間に過ぎていき…

終了2時間前、ハッシーの提案でエリア移動

ここから「B・G・S」(ボーズガイドサービス)の発動!
IMG_2728.jpg
って、バス釣りじゃないんかい!(笑)

船団の中、丁寧にウィードをほじくっていると…
P9160966[1]
P9160963[1]
飽きない程度にポロポロと

ラストはハッシーがナイスサイズキャッチしてタイムアップ
P9160968[1]
うん!なんとなくウィードの釣り方が分かって来たかも

ハッシー!急な誘いだったけど、快く応じてくれてありがとう!

また来る機会があったらよろしくね~(^^)


3日半の釣行でもボートの汚れはこの程度
P9160970[1]
利根川だったら1時間でこれ以上汚れるだろうな…


以上で3日半に及ぶ琵琶湖遠征は終了

ドデカいサイズこそ出なかったけれど、良く釣れたんで楽しい釣行だった

琵琶湖に来たからには、最低でもゴーマルサイズは釣るという裏の目標も達成できたし

まぁ、ロクマルを本気で狙うんなら今回の釣り方じゃダメだけど

次回来ることがあれば、玉砕を恐れずに本気で狙ってみるかな


さて、ここからは関東に向けて長い帰りが待っている

無事帰る事は出来るのか?(←ってブログ書いてる時点で無事だったけどw)


おまけにつづく…


-遠征時のタックル-

スティーズ・17ハリアー
KTFアルファス(ver1)
フロロマイスター16lb
ドライブビーバー3.5 7~11gパンチショット
ドライブスティックFAT4.5

スティーズ・17ハスラー
KTFアルファス(ver1)
フロロマイスター16lb
ドライブビーバー3.5 6gTX、5~7gパンチショット
ドライブシュリンプ4.8 11gパンチショット

スティーズ・ブラックジャック
SS AIR8.1L
フロロマイスター14lb
カバースライド3
シザーコーム3.8 5gパンチショット

ジリオン661MHFB
スティーズ100SH(105SV)
フロロマイスター14lb
ジャンボバズ
02ビート

ブラックレーベル+6101MHFB-G
スティーズSV6.3R
フロロマイスター14lb
スティーズカバーチャター1/4&3/8oz

2017 9/15 琵琶湖(3日目)

3日目

今日は朝から北寄りの風が強め
P9150928[1]
琵琶湖大橋くぐると結構なうねり

波と波の間を縫うように横断しながら、初日に入った東岸の流入河川へ

初日は撃たなかったブッシュカバーで
P9150935[1]
カバーの魚らしい黒々とした1500クラス

その後もブッシュ絡みでポロポロと
P9150937[1]
P9150934[1]
カバーの魚はみんな真っ黒な魚体ばかり

その後、リーズ際でデカバス発見!巻いてたチャターを放つとスイッチが入ってバイトするもスッポ抜け

間髪入れず投げ直すとまたバイト!が、またしてもスッポ抜け

55くらいはあったのに残念!


朝よりも風が強くなって来たのでエリア移動。南湖まで戻る事に


河口部から本湖を見渡すと沢山のウサギさん(白波)が跳ねててイヤな予感が…
P9150946[1]
うわぁ…走りたくね~

帰りは追い波なのでなんとか走る事が出来たものの
P9150949[1]
油断して波のボトムにバウがグッサリと刺さった

怖かった~


南湖戻って来てからは、風裏エリアでパンチショット連発
P9150952[1]
P9150954[1]
P9130912[1]
痩せてるけど、やっと2本目の50アップも

夕刻、ボイル狙いで1本追加して3日目終了
P9150955[1]
画像は割愛するけど、この日は30㎝~51cmでトータル15本キャッチと、一番釣れた1日だった

まぁ、半分はキーパーサイズだったけど


夕飯は前から行ってみたかった所へ

関西方面でしかチェーン展開していないラーメン店
IMG_2712.jpg
IMG_2711.jpg
一番ベーシックな天然塩ラーメン

久々に美味いラーメン食べたかも。関東にも進出して欲しい!


さて、本来なら今日で終了予定だったけど、明日は急遽ゲストを迎える事になり半日延長する事に


最終日につづく…

2017 9/14 琵琶湖(2日目)

2日目のスタートは6時
P9150927[1]
P9140922[1]
まだ薄暗く朝は肌寒いくらいの陽気

秋めいて来て日が出るのも遅くなって来たな~


今日も琵琶湖大橋くぐっって北湖へ

実は昨日、流入河川巡りの最中に見つけたウィードエリアで猛烈な数のベイトと、それを狙うバス(かなりデカい)のボイルシーンを見てしまい気になっていた

20分のドライブの末、目的のスポットへ

幸いまだ誰も来ておらず

今日もベイトてんこ盛り
P9140923[1]
エレキのモーター音に驚いてパニックになったベイトが10匹ぐらいデッキに飛び込んで来た

コレなんて魚だろ?

肝心のデカバスのボイルは起こらず

でもこの一帯に絶対いるはず

しばらく粘ると待望のバイトが
P9140924[1]
が、このサイズ…デカいのは移動しちゃった?

その後は反応も途絶えたので移動

北湖西岸のシャロ―エリアを周るもバスの姿は確認できず

迷走の末、昨日の夕刻に釣れた南湖の流入河川へ
P9140925[1]
P9140926[1]
何度も流し直してキロと1300絞り出すもその後は完全に沈黙

14時、遅い昼休憩を挟んでまったりしてると睡魔が…

20~30分のハズがなんと2時間以上も熟睡してしまい気付けば夕刻に

起きてから30分程ドシャローでバズを投げ倒すも1発も出ず


今日はこれ以上ヤル気が出ず少し早めに帰港

片付けが済んでからは周辺の釣り具店巡り
P9130920[1]
関東とは比較にならないほどの充実ぶり

中古タックルショップですらこの規模
IMG_2710.jpg
各列に人気メーカーのロッドがほぼフルラインナップで陳列

え?ココ中古ショップだよな?どうやってこんなに集めたんだろ?

凄過ぎ…。日本一のバスフィールドのお膝元なだけの事はあって気合の入り方が違うわ…

何もかもが関東とはスケールが違い過ぎて若干カルチャーショック


さて、明日はどうしたもんかな…


3日目につづく…

2017 9/13 琵琶湖(初日)

今年2度目の琵琶湖遠征へ

当初はお盆休みの前半に考えてたけど、車中泊はまだ暑すぎる

宿取ればクーラーの効いた部屋で寝られるけれど、その費用は捻出して貰えず…


会社で有給休暇とは別に、個人取得休暇を毎年3日分貰えるので9月の3連休にくっ付け6連休に

9月も中旬になれば夜間はエアコン要らずの涼しさになるんで、このタイミングで行く事に

火曜日の夜に出発し、金曜日の深夜に帰って来るプランだったけど…


到着は7時
P9130894[1]
今回は仕事を終えてからの出発だったので、途中で小一時間程仮眠を取ったこともあり8時間ちょっと掛かった

手早く準備してランチング

と、その前に
P9130900[1]
ウィードエリア必須のウィードカッター

これが有るのと無いのでは大違い

7時半出港
P9130899[1]
通算5度目の挑戦は如何に…

水温24~26℃台。

初日は南湖と北湖東岸の流入河川を周るプラン

ファーストエリアは春先に来た時に良い思いをさせてくれた北湖東岸の河川へ

上流に向かって流し始めて30分程で待望の1本目
P9130901[1]
バズでキャッチした1400クラス

2本目は葦撃ちで
P9130902[1]
今度は1500g

やっぱりこの河川とは相性イイかも♪

その後ボートで上がれる最奥まで進み、バスの姿を数本確認出来たもののキャッチには至らず別の河川へ移動

そのまま東岸を北上しながら水路や他の河川を周るも何処も濁りとアブク交じりで水質は悪くノー感じ


この後は一気に南湖南端まで下る事に

夕刻前、南湖の流入河川でプチラッシュが
P9130907[1]
P9130911[1]
1300、1700クラスからの~

やっとこ琵琶湖ではマシ?なサイズゲット
P9130915[1]
52㎝2200g

春先に釣った3700クラスよりサイズは劣るけど、引きの強さはこっちの方が上で猛烈な引きをしてくれた

その後は釣れたパターンを続けるも反応無く、漁港ルールに従い17時30分帰港
P9130919[1]

疲労もピークを迎え、20時に就寝…zzz


2日目につづく…

5度目

エレキに物騒なアイテム装着中

釣れ釣れだけどサイズが伸びず…

台風も近づいて来てるし…

無事帰れたら更新します…

電気系統

今週は釣りはOFF


土曜日は駐艇場へ

以前から調子が悪かったフロントGPSの水温センサー

先日、部屋の整理をしてたら数年前に予備で買ってたやつが出て来たので交換する事に
IMG_2621.jpg
ホンデックスの配線の中では一番ダメになりやすいクセに、買えば5000円ぐらいするんだからなぁ…

日差しのキツイ日中は避け、日が傾き出した時間帯から作業開始
IMG_2623.jpg
フロントパネルとオフセット外さないと作業できないんで結構面倒

あ、しまった

どうせなら配線保護用のコルゲートチューブも一緒に替えればよかった…


トレーラーの灯火類も最近接触が悪いのでついでにカプラー掃除も
IMG_2703[1]
今回はソケット穴の掃除だけでは点きがイマイチだったのでスプレーも

牽引するならこういうのマメにやっとかないとね

ビーバー

発売前から話題沸騰?だったNEWワーム
P9050883[1]
近年流行中の水押し強波動ホグ系ワーム

2本のアームをブンブン振るあの動画にやられて3パックも購入

ストレスなくブッシュの中に入っていきそうなボディー形状
P9050893[1]
ストレートフックやナローゲイブタイプのフックとの相性良さそう

どこかで見たことあるアーム形状だな、と思ってたら
P9050896[1]
コレだ(笑)

何か意図はあるんだろうか…?

単体の自重は
P9050885[1]
3.5インチにしては必要十分なウェイト

自重といい、サイズ感といい、どストライク


で、自重といえば…

このメーカーに限った話ではないけど、ワーム購入時にいつも思う事が

プラグ同様、ワームでも単体のウェイトを記載して欲しい

製造上、多少のバラツキはあるだろうけど、おおよそのウェイトを明記してくれるだけでも合わせるリグや使用するタックルなんかでのイメージが掴みやすいんで(一部の商品には説明欄に書いてあったりするけど)

現にバックスライド系ワームなんかはウェイトの記載があるんだし

同じように思ってる人、結構多いのでは?

メーカー様!このブログをご覧になっていたら、ぜひご一考願います!
(↑見てる訳が無いw)

2017 9/3 利根川

他にやる事無いのか?ってくらい毎週来てる利根川

家庭ではやる事はキチンとやっている(ハズ)なので文句は今のところ来ないけども…

趣味も今ではつまらないくらいにバス釣り一辺倒だし…
(っていうか他に回せる金が無い)

多趣味の人を尊敬してる今日この頃

そんなことを考えつつもゲレンデ到着

午前7時のゲレンデ
P9030876[1]
TBC1週間前だけあってトレーラーがズラリ

50艇以上は出てたかな

来た時間が遅いこともあり、スロープからかなり離れた場所で出船準備

しかも草ボーボーだし(-_-)


本日のタックル
P9030878[1]
わずか4セットとルアーケース2個のみ

絞り込めてるといえば聞こえはいいけど…

やる気あるのか?

7時半スタート

水温22~23℃台

釣りしてる間(午前中)はずっと下げでカレント強め

濁り気味でアブクも出てるし水質はあまり良くない

活性が低いのは明白

こうなると自分に出来るのはひたすら止めてバイトを待つかリアクションでスイッチ入れるくらいしか思いつかない

1本目はブッシュカバーにねじ込んで着底後にしばらく止めていたらバイト
P9030879[1]
700くらいのサイズ

釣れはしたけどこんなスロー過ぎる釣りやってられないわと、今度はバズベイトでスイッチ入れてリアクションバイトさせる方にシフト

すると早々に
P9030880[1]
ドバッと派手に出た割にはトレーラーフックギリギリ

この後もバズで何度か出たけど、やっぱり派手に出る割には乗らなかったりすぐにバレたりなんで完全にリアクションで反応してるだけ

でもってバラすのは相変わらず良いサイズだし…

そのうちバイトも遠くなり、集中力も途切れたんで12時前に早上がり

釣りしたくて来てる割にはこの体たらく

まぁ、ガソリンは全然使わないから財布には優しいけど

でもやっぱり…

気合が足りないんだよなぁ…

ジリオンメンテ

2ヵ月前にフロッグ専用機で導入したジリオン9.1

使用頻度の高さから、早くも内部ベアリングに水入りしてゴリ感が
P8300855[1]
晴天時の使用でも、丸1日ガッツリ使い込むとこうなる

まるで水没でもさせたかの様な浸水具合

フロッグで使うような太いPEともなるとラインが拾う水滴の量も多く、使い続けると乾燥が間に合わずスプールやレベルワインドのわずかな隙間からでも内部に浸水してしまう
(ラインに撥水コートすれば幾分緩和されると思うけど…)

ベイトリールの構造上、どうしても避けられない問題なので割り切るしかないワケで…


ターンアラウンド式TWSリールの分解は初めてなんで、ベアリング交換ついでに全バラして、仕組みの勉強も

旧スティーズやアルファスに比べると、パーツ点数も多め

パーツ構成や仕組みはTWS機構を除き、以前メンテしたシマノリールにかなり似ている

浸水の度に交換を余儀なくされるギアシャフトとピニオン周りのベアリング
IMG_2696[1]
ココの浸水を防げるだけでもメンテ楽になるんだけどなぁ…

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR