トレーラー車検

昨日の休日出勤の代休を速攻で取った月曜日
釣りに行きたい気持ちをグッとこらえて、今日はボートトレーラーの継続車検を受けに空のトレーラー引っ張ってコチラに。
PC010286[1]
習志野自動車検査登録事務所

利根川から最寄りの陸運局となると野田か習志野になるが、野田はチト遠い。
習志野だと比較的近いが道中メインの成田街道がババ混みするのでどちらにしようか迷ったが、検査場付近まで成田街道を使わずに行けるルートを見つけた(自分が知らなかっただけ?)ので、習志野に向かう事に決定。

交通量は多かったが、45分程度で到着

トレーラー車検はこれまでショップに頼んでいたが、代行費用がバカにならないのと、ユーザー車検に興味があったので初挑戦する事に

事前にインターネットで予約をして、指定の時間に向かう。
自分は朝の通勤時間帯の渋滞を考慮してラウンド2(10時30分~12時)に予約

さて、車検に際して必要となるのはトレーラーの車検証、自賠責保険証、納税通知書、認印の4つ
厳密には定期点検記録簿も必要なようだが、自分は事前に準備したものの今回は必要なかった?みたいで目を通す事無く返却されてしまった。どうやら毎回必要になる物でもないらしい。
PC010287[1]
まずは陸運局の隣にある代書屋で自賠責保険の加入と検査申請用紙&印紙を購入し、申請用紙の項目に車検証の記載内容を記入する。
PC010288[1]
その後陸運局の継続検査窓口にて申請を行い、トレーラーの検査を行う為に検査レーンに向かう。

4つあるレーンのうち2番~4番は一般車両やトラックなどが列を作っていたが、指定された1番レーンは自分だけで待ち時間はゼロ。
で、検査員の指示に従い灯火類とサイドブレーキ(自分のトレーラーはチェーンロック)の確認。

どうもユーザー車検の場合、ここで厳しい検査員に当たるとチクチクと指摘を受け不合格になる場合があるらしいが、自分は特に指摘事項は無く1発合格、拍子抜けするほどあっさりと終了してしまった。
PC010289[1]
合格印をもらった書類を先ほどの窓口に提出すれば完了。
PC010290[1]
最後に新しい車検証と有効期限のステッカーを貰う。これで晴れて1年間、また公道を牽引することが出来る。

今回掛かった費用は、

自動車検査登録印紙-400円
自動車審査証紙-1400円
重量税-4100円
自賠責保険-4630円
申請用紙一式-20円(←後で判ったことだが、陸運局の窓口で貰えるみたい)

合計-10550円

安っ!( ゚Д゚)自分でやるとこんなに安いんだ…。今回、要領も良く分からずで初めてであったが、終わって見ると簡単で時間も40分程度で済んでしまった。

こんなに簡単で費用も浮くならもっと早く自分でやればよかったな。これなら、会社サボって…じゃなかった、代休取ってやる価値あるな。

さて、浮いた費用は「アレ」の軍資金に充てるとするかな。
フフフ…( *´艸`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR