バックウォッシュ対策

少し前の話になるが、ジャックプレートの上部にバックウォッシュ対策として、ホールショットプレートを自作した。
PC280313[1]
これまでランチング時、ボートを降ろす際にバックギアに入れてエンジンを吹かすと水圧でジャックの空洞内からドバッと大量の水が逆噴射して来て毎回バックシートが水浸しとなっていた。そこで上蓋をして水をせき止める目的でDIY開始。

始めは手持ちの1.5㎜のアルミ板で試作したが、上がってくる水の勢いが想像以上に強く、あっと言う間にプレートが曲がってしまったので、倍の厚みとなる3㎜で作成

取り付けもジャック内部のステーを利用して簡単にボルト留め出来たのでネジ穴加工の手間も不要。

効果はテキメンではランチング時や急停止時などでもバックウォッシュを食らわなくなったのでリヤストレージ内部に水が溜まる事が無くなったのでビルジポンプで排出する手間も省けた

さて、ボートいじりはこれで一旦終了、釣りブログらしくそろそろバス釣って記事にしないとな~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR