カッチカチ

マグダイヤルのクリック機能
P4050414[1]
購入時は軽い力でカチカチとダイヤルをクリック出来るが軽い力で動かせる分、何かの拍子でダイヤルが不意に動いてしまい、設定値が変わってしまい易い事が

パーミング時にうっかりダイヤル部に触れた時、ボートデッキに並べたタックルどうしがぶつかり合った時、ラフウォーター走行時の衝撃等、実際にダイヤルが勝手に動いてしまうケースがあったりする

キャストの度にマグブレーキの状態などイチイチ確認しないので、設定が変わっている事に気付かずキャストして、飛ばなくなったりバックラッシュしたりなんて事も

そこでダイヤルの動きを硬くして回りにくく調整する事に
P4050415[1]
マグダイヤル内部にあるクリック時の音出しパーツ(リーフスプリング)。コイツを調整する事で硬くしたり緩くしたりすることが出来る

標準の状態
P4050430[1]

これを…
P4050424[1]
一旦、内側に曲げて先端を鋭角にする

その後ペンチで先端を押さえながら外側に曲げる
P4050422[1]
P4050427[1]
画像だと分かりにくいが、これで先端が鋭角になった分、ダイヤル内側のギザギザの山にリーフスプリングが当たる抵抗が強くなり、硬くすることが出来る。

硬すぎても緩すぎてもダメなので調整は結構シビア。何度も繰り返して曲げていると金属疲労で折れてしまうので調整は注意が必要。(1度折った)

自分のベイトリールのほとんどはSVスプールやAIRスプールなどエアブレーキとなっているので、キャスト時もピッチング時も一旦ブレーキを決めてしまえばそんなにブレーキを弄ることがない。その為、自分の意思とは関係なく設定が変わるのは嫌なので結構固めに調整して不意に動いたりしないようにしている。


これでクリック時は「カッチカチやぞ」(死語)というわけであるw

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR