ケロケロ

シトシト雨の利根川へ。
P5160470[1]
いつもの如く寝坊してゲレンデ到着は10時過ぎ。ゲレンデは翌日に控えたTBCのプラをする選手のトレーラーで埋め尽くされていた

小雨交じりでジメジメ、ムシムシした天候だが、風も弱くトップをやるには最高のコンディション。
前回釣行時は不発に終わったフロッグゲーム。この天候を味方に付けて今回こそフロッグで釣ってやる!とばかりに鼻息荒くしてアプローチ開始。

ブッシュ際をタイトにドッグウォークさせるとブッシュから出て来たバスがフロッグにアタック
P5160471[1]
700クラスのキーパーサイズだが嬉しい1本。ようやく今年初のフロッグフィッシュをキャッチする事が出来た。

調子が出て来たのか、その後もフロッグで再びキャッチ
P5160473[1]
しかしサイズは伸びず。

正午過ぎ、トップへの反応が無くなって来たのでテキサスにシフトするが、
P5160474[1]
やはりサイズは変わらず。

再びフロッグに戻し流していくとモフッと消し込む様な地味なバイト。タイミング良くフッキングが決まると1500くらいはありそうな良いサイズ!しかし2度目のジャンプで無念のバラシ…(-_-)
フッキングのタイミングはバッチリだったのに~(T_T)

この1発で火が付き、ここから2時間、憑りつかれたようにフロッグをキャストし続け…
P5160476[1]
執念で1200クラスをキャッチ。バラしたサイズには及ばないが取り敢えずフロッグでまともなサイズをキャッチ出来たので満足♪スロープに戻る。

今回は前回からの反省で、「出るけど乗らない」対策として一工夫して臨んだ。

時期的にまだスローにアプローチしないとバイトしきれない状況。そこでフロッグの動かし方をハイシーズンと比べ、かなりスローに。移動距離を極力抑えて細かく首振りでネチネチ焦らす感じに。
また、浮力が強いと吸い込み切れない感じなので、フロッグ内に溜まった水を若干残して浮力を殺して吸い込みやすくした。
こうするとアクションにキレが無くなるが、今時期の派手なアクションを嫌うバスには丁度良かったかも

本格的なフロッグシーズンと呼ぶにはまだ早いけど、やっぱりフロッグゲームはエキサイティングで楽しい!




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR