2015 9/19 長門、将監川

利根川の大水から10日、未だ大量の泥がゲレンデを覆い復旧の目途が立たない。
そこで今回は長門川にあるもう一つの北総スロープを使うことに。

長門スロープはトレーラー1台だけとガラガラ。
ほとんど貸し切り?と思ってたらmuraさんがボート引っ張って来た。どうやらmuraさんもここのスロープを利用する様子。

談笑しながら準備をしていると、北総の社長が様子を見に。
挨拶すると、社長がおもむろに「ここのスロープ利用料金の払い方分かる?」と。

自分&muraさん、「?」

「えっ???自分達、ゲレンデ会員なんですけど無料なんじゃ?」と聞くと、

「いや、無料になるのは駐艇会員だけ。ゲレンデ会員だけの場合、ここの利用は1000円」との事。

知らなかった…。ゲレンデ会員のみでも無料で利用できるんだと思い込んでた…。

まぁ、自分は駐艇会員なので良いケド。

で、どうやって駐艇会員との見分け方をするのか尋ねると、トレーラーのナンバーで確認するとの事。ナルホド…。



さて、準備を済ませ、いざランチング。
P9190062[1]
ここのスロープから自分のボートを降ろしたのは初めて。
ゲレンデのスロープほど大きくは無いケド、こっちのスロープも降ろしやすい。

8時スタート、水温は22度台と前日と前々日の雨の影響で幾分下がった様子。
P9190063[1]
長門川は普段、プレッシャーが高いのであまり入らない支流。なので、メインで釣りするのは久しぶり。


しかし水質はかなり悪い様子。汚いアブク交じりの濁り水でフィールドコンディションは最悪…。
一路、支流の旧長門川へ。

両岸の大半がブッシュカバーなのでしみじみと打って行く。

とあるブッシュの張り出しにライトテキサスを撃つと、ブッシュの中から出て来てバイト。
P9190064[1]
キロクラスをキャッチ、開始2時間でようやく1本。今日は素直にカバー撃ちした方がいいかな…?

その後反応も無くなり、次なる魚求めて長門川をウロウロ。
利根川に繋がる水門も、
P9190067[1]
相変わらず閉じたまま。と言う事で今日のフィールドは長門、将監の支流オンリー。

昼から将監川に移動
P9190068[1]
が、こちらのほうが、長門川よりも水質が悪い…。

それでもガマンして撃ってるとイイ事もあるようで、
P9190065[1]
2本目をキャッチ。1本目と同じタックル&ワームで。

その後は反応も無いので奥将監に。
P9190070[1]
増水しているのでトンネルをくぐる時はパワーポールを少し下げないと、くぐれなかった。

奥将監でもやる事は同じ、とにかくブッシュカバーを撃ちまくる。しかし反応も無く、日も暮れて来たので終了する事に。

やっぱり大水の後だけあって厳しかった。

それにしても、今日は使ったワームはたったの1個。支流オンリーの為、移動は終始デッドスローだったこともあってガソリンもほとんど使わず非常にエコな釣行だった(笑)


帰りにゲレンデの様子を見にいくと、
P9190071[1]
P9190072[1]
スロープ周辺の泥は取り除かれていたが、駐車スペース側がまだ厚い泥の層に覆われており、復旧までしばらくかかりそうな感じ。

泥が乾かない事には作業に取りかかれないそうなので、連休中の利用は厳しそうだな…。










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR