2015 4/9 利根川~常陸利根川

桜も満開の春本番、4月1発目の釣行。
IMG_1685[1]
久々に霞水系(常陸利根川メインだが)に行こうか迷ったが、利根川下流の様子も見たかったので、スタートはゲレンデから。


利根川下流域をチェックしつつ、下流の水門抜けて常陸利根川で釣りをするという欲張りプラン。


スタート後、寄り道せずに一気に下流域まで下り佐原~東関道までの要所をチェック。

水温は下流で15度台。水質は田植えの準備と、ここ数日の雨の影響もあるのか結構な濁り。
主にテトラ中心に小一時間ほど流すがノー感じ。

下流域のチェックを早々に切り上げ、小見川閘門を抜け常陸利根川へ。
IMG_1688[1]
IMG_1686[1]
ゲレンデからここまで片道約50㎞弱…。
IMG_1690[1]
水門操作して常陸利根川へ。
常陸利根川も水温は変わらず15度台。水質は利根川とさほど変わらず。


常陸利根川に入ってすぐに異変が。
どうも河口堰を全開にしているようで、エレキ中速でも逆らえないほどのガン流れ(汗)

右往左往しながら流れが弱くのを待つが、一向に弱まる気配無し。

このまま釣りしてもバッテリーが持たないと判断し、流れが弱くなる外浪逆浦まで北上する事に。


南風でザブザブの中、風裏で辛抱強く探ると待望のバイト
IMG_1691[1]
700クラスのキーパーキャッチ。

この後更に風が強まり、いよいよ釣りが困難になって来た。

このまま風裏探して霞本湖方面か、北浦方面まで行こうか考えたが、帰りのガソリンを考えるとここまでが限界。
尻尾を巻く形で利根川に戻る事に。

利根川に戻って来てからは夕刻までアレコレ試すがパッとせず17時終了。


ボートを揚げて今日1日のGPSの積算距離を確認するとトータル155㎞。
その内、エレキの移動は多く見積もっても5㎞ぐらい。(実際もっと少ないと思うが)

つまり、残り150㎞はエンジンでの移動距離って事になる。
一体どれほどのガソリンを消費したのか…。


前回の釣行後に満タンにしたので、再び満タンに戻す。

恐る恐るレシートを確認すると…、
IMG_1693[1]
今日1日で約40リッターの消費…(汗)。4スト乗せ換えてから1日でここまで消費したのは初めてかも。
(因みに今日は4500回転でスピードはMAX55キロのエコ走行)
まぁ、高馬力のバスボートからすれば普通の数字なんだろうけど。

なんて価値(金額的に)のある1尾だろうか。(苦笑)


でも、150㎞走って40リッターの消費なら、燃費からしたらかなり良いのでは?

車の満タン法がボートに当てはまるかわからないが、この方法で計算すると、
150÷40.48=3.7055…。

エコ走行とは言え、リッターあたり3.7㎞って船外機の燃費からすれば相当良いハズ。

スズキの現行型リーンバーンエンジンがここまで燃費が良いとは思わなかった。
小遣い制バサーにとってこれは非常にありがたい。


しかし、今回のプランはやっぱり無理があったかも…。
次回からは素直に霞方面のスロープを利用しよう。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR