2016 5/1 琵琶湖 (遠征1日目)

遠征初日。

深夜のロングドライブの疲れもそのままに、休む間もなく出撃準備。
気分がハイになって感覚が麻痺してたんでしょうね。


ランチング待ちでスロープは長蛇の列。
スロープ管理のおじいちゃんに料金払ってランチングの列に並ぶ。

ここのスロープは、一度に降ろせるのは2台まで。

こりゃ降ろすまでかなり待つかなぁ…と思ってたけど、思いの外みんな要領よくサクサクとランチングを済ませて自分も10分程度の待ち時間で降ろすことが出来た。

いよいよ出船
P5010147[1]
P5010149[1]
漁港を出てすぐ、一面に広がる広大なロケーションにテンションMAX!

6時半スタート。
水温は朝の時点で16度台と思ってたより低め。

利根川より2~3度低いけど、今時季の琵琶湖ってこんなモン?

何気に水に手を入れるとかなり冷たい。ホントに16度台か?


2年前に来た6月下旬ではフロッグ主体だったため、シャロー9割、沖のウィードエリア1割だったけど、今回の釣行はシャロー5割、沖のウィードエリア5割のプランで組むことに。


手始めに琵琶湖に来たら必ず立ち寄る石積みのマンメイドから釣り開始。

始めてすぐにコツッとアタリが
P5010151[1]
挨拶代わりの可愛い1本目。

琵琶湖の場合、アタリが出ると、それが50UP、もしくはロクマルの可能性なんて事も十分あるので、バイトが出た時のドキドキ感と期待感がハンパじゃない。

ホント夢のあるフィールドだよなぁ。

と、ドキドキワクワクしてたのはここまで。

この後数時間、シャロー主体で探るも一向に反応が無い。

昼前には集中力も途切れ、遠征初日お決まりのグロッキー状態に。(-_-)zzz
P5010154[1]
長距離牽引の後なんでどうしてもね。

30分程度の昼寝でリフレッシュして釣り再開。

時期的に考えてポスト~アフターが大半と思われるが、大半のメスは沖に出てしまったのかな?

と言う事で、午後からは沖のウィードエリアにシフト。
とは言っても、何処を釣ればイイのか全く見当はつかないので、沖で船団を組んでるエリアを観察。

どうも3~4mラインのウィードフラットが狙い目なのか、巻く人もいればスローに誘う人も。

2時間程ウィードエリアを点々と移動しながら見よう見真似でアレコレ試すがバイトは遠い。
利根川では全く縁のない釣り方なんで、釣り方もエリア選択も自信が持てない。

やっぱ、この手の釣りはガイド頼まないと無理だな…と実感。


まだ子バス1本しか釣ってないという事実に焦りを感じ、ウィードエリアから再びマンメイド撃ちに釣りを戻す。

夕刻、赤野井エリアでようやく2本目をキャッチ
P5010158[1]
しかし600g程度のキーパー。

ここで帰港時間(17時30分厳守との事)になり初日は終了。

港内はランチング待ちで大混雑
IMG_1730[1]
GW恐るべし…。


初日は東岸メインで周ったものの全くのノー感じ。

更に代掻きの影響も凄く、ワンド内や流入河川はカフェオレ状態。
この日はまだ沖のウィードエリアも水色は良かったが、濁りが回るのも時間の問題。

片付け時、隣の常連アングラーの方と情報交換。

どうも数日前に冷え込みがあったらしく、水温も20度近かったのが一気に下がったとの事。
道理で水が冷たかった訳だ。


状況が悪化する前に何とかしなければ。
う~ん、どうしたもんか…。


2日目につづく…。













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR