2016 5/4 琵琶湖 (遠征最終日)

いよいよ遠征最終日。
P5040190[1]
帰りの事を考え、今日は午前中まで。

前日の強風が今朝も残り、早朝からうねりが出て湖面は白波が立っている。


漁協側もこの状況では水難事故が怖いらしくスロープを開放を見合わせている様子。

終いには「別のマリーナから降ろしてくれへんか」なんて言う始末。
まぁ気持ちは分からないでもないが…。

しかし、すでにスロープ解放待ちの列が…。

漁協側も悩んだ挙句、各人の自己責任の下、と言う事で出船が許可された。

ただし、今日は12時でスロープを閉鎖するので、それまでには絶対帰って来るように!との条件付きではあるが。

まぁ、自分は元々早上がりするつもりなんで問題無いけど。

6時30分出船。

漁港を出た時点ですでに劇荒れの様相。
P5040209[1]
風裏までの移動は琵琶スプラッシュ浴びまくり(汗)
P5030180[1]
レインウェアとマスクで守りを固めるも全身ずぶ濡れ。

風と波に揉みくちゃにされながらも何とか風裏エリアに到着。

狙いは石積みのマンメイド。

1流し目は風上から押される形でざっと流すが反応ナシ。
2流し目は風下からジックリと丁寧に撃ってみると、今度はモソッとしたバイト

張り切って合わせると、一気にボートの下に突っ込む。

ボートの周りを1週グルリと回り込むように慎重にロッドで捌きながらリアデッキに移動してハンドランディング
P5030173[1]
2本目の50UP来たぁー!\(^o^)/
52㎝、2140gのナイスな奴。

やっぱりこのスポットはデカいのが回って来るわ。

この後、時間を空けて入りなおすが、反応も無くなり移動。

時間も無くなって来たので、風が弱まったタイミングでプリンス前のウィードエリアをラストエリアに。

が、到着して5分と経たない内に再び爆風に。

もうこれ以上、釣りを続行するのは危険と判断し、帰港する事に。

帰りも当然ずぶ濡れに
P5040205[1]
もう何がナンだか…。


と言う事で、3日半に及ぶ琵琶湖釣行はこれにて終了。

過去2回の遠征では最終日は完デコ食らっていたが、今回は最後に良いサイズを釣る事が出来たので満足。

今回、良型のキャッチに貢献したタックル
P5050218[1]
上から、
ロッド スティーズ・ハスラー
リール スティーズ100SHL(105SVスプール)
ライン フロロ16lb
リグ  クレイジーフラッパー3.6インチ 11g直リグ
フック ストレートフック3/0

ロッド ジリオン701MXB
リール KTFアルファスネオ7.5レフトハンドル
ライン フロロ14lb
リグ  6.5カットテール 1.3gネイルシンカー スナッグレスネコリグ
フック  NSSフック4/0


片付けを終えて11時過ぎに琵琶湖を後に。
ここから再び長時間のロングドライブが待っている。


渋滞のピークは上り線は4日~5日の予測が出ていたので覚悟はしていたが、2~3箇所で15分程度詰まった以外はスムーズに帰る事が出来た。

ただ…、渋滞個所での急な割り込みは、ボートトレーラーを牽引してる身としては勘弁してもらいたい所。

いきなり目の前に入って来られてもすぐには止まれないよ(汗)

後続車にだって突っ込まれるかもしれないし…。

渋滞時の牽引ってマジで疲れる。


今回も海老名SAで2時間ほど仮眠と晩飯休憩
IMG_1743[1]
起きたら辺りはすっかり真っ暗に。

22時過ぎ駐艇場に到着。

最後の力を振り絞ってボートカバーを被せてボートを片付ける。
もう、この時点でフラフラ。

帰りはどうやって帰ってきたのか記憶が無いくらい疲労がピークに。
帰還報告のブログだけUP(←よくUP出来たな)すると、荷物も降ろさず、風呂にも入らずバタンQ。


だんだん遠征するのも辛い年齢になってきたなぁ…。


以上が今回の遠征での内容。

GW中は例年、何処に行っても厳しいことには変わりなく、琵琶湖も例外では無いと言う事は感じていただけたでしょうか?

まぁ、自分の腕が至らないと言うのもありますが。

遠征するたびに感じるのは、琵琶湖だからと言ってイージーにデカいのが釣れると言うことは無くなってきてるのかも。

今回はなんとか良型をキャッチする事が出来たものの、コレがなければ悲惨な釣果になってた訳だし…。

でもやっぱりこのフィールドには他にはない魅力が沢山詰まっているのは事実。

魚からのバイトがこんなにドキドキ、ワクワクするフィールドなんて他には無いですしね。

今後もチャンスがあればチャレンジしたいな。



いつの日かロクマルに出会える時を夢見て…。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR