再利用

時季的にスローな釣りメインの為、ワームの消費量がハンパ無い。

バイトが多い日なんかは1日でワーム1~2パック使うことも。

ある意味贅沢な悩み。

でも小遣い制バサーにとっては1パック800~900円前後もするワームをポンポン買ってなんかいられない。
IMG_1813[1]
裂けたりした場合はライターで炙ればくっ付けられるが、問題なのがフックの刺し穴。

ワームの中まではライターでは炙れない。

オフセットフックをメインで使用していた時は1~2匹釣れても再利用出来ていたが、リバーブ付きのストレートフックがメインの今は1度ズレただけでNG。
IMG_1824[1]
ワームをホールドするリバーブ部分が針穴を大きく広げてしまうので、ガバガバになり再利用が難しくなる。

ツメやテールなどのパーツがもげて無くなったワームと違って、針穴が広がっただけのワームならアクションにはほとんど影響しないので、フックの刺し穴さえ塞げばまた使用できる。

なんとか再利用出来ないものかとネットでググってみると、セメダインで補修している方がチラホラ居る。

自分も見習って模倣で補修することに。

セメダインスーパーX(G)
IMG_1814[1]
ホームセンターで498円で購入。

ワームに付着した水分を取って乾かしたら、針穴につま楊枝で溶剤を塗り込む
IMG_1818[1] - コピー
あとは塗った部分を軽く揉んで馴染ませ、丸1日放置させれば補修完了。

このセメダインのいいところは、乾燥しても適度な弾力で硬くなりすぎないうえに無臭なので溶剤特有のイヤな臭いがワームに付かない。

更に、高価なワーム接着剤よりも安価な上、大抵どこのホームセンターにも置いてあるので入手が容易。

実際、補修したワームでも問題無く釣れている。
P5280242[1]
釣っては直しの繰り返しで1~2回は再利用。

これだけ直せば十分に元も取れる
IMG_1862[1]
どれも1個あたりの単価は120円前後するので、結構バカにならない。

使えるお金に限りのある低所得バサーの涙ぐましい努力?






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR