お試しメンテ

メンテ依頼で預かったシマノリール
PA170542[1]
07メタニウムMG

今なお愛され続ける名機。

タックルを今のダイワに入れ替える前に使ってたリールなんで感慨深いな~。

巻いて見ると、かなりのごろつき感。


自分でリールメンテを行い出したのはダイワに入れ替えてからなんで、当然シマノリールのメンテは初めて。

メンテスキル向上の人柱になってもらいましょう!


取り敢えず展開図で仕組みを確認。
image1.png
ベアリングの配置場所(番号)が色分けされているので分かりやすい♪

しかもパーツリストには、ベアリングサイズが明記されている(^.^)
image2 (005)
メンテを行う者にとっては有り難い親切表示。

こういう所はダイワも見習って欲しいもんだ。
(ダイワはサイズを調べるのが面倒くさい)

中身を拝見。
image3.jpg
ノーメンテの割にはキレイな方。

取り敢えずパーツ全バラして洗浄から。
image5 (002)
シマノはパーツ点数が多いな。

ごろつき感の主な要因はグリス切れによるドライブ&ピニオンギアの摩耗。

交換となると結構金額が掛かってしまうので、今回はパス。
image4.jpg
代わりに劣化している内部ベアリングを交換

各パーツの仕組みを理解しながら組み上げ、オイル&グリスアップして完了
image6.jpg
シマノはハンドルとレベルワインドの組み上げがパズルチック


うん!
仕組みはバッチリ理解したんて、次回から(需要あるのか?)はもっとスムーズに作業出来そう。


メンテ前に比べ、ごろつき感は大分マシにはなったけど、やはりギアノイズは消せず。

ギア交換すれば改善されると思うけど、オーナーの意向で今回はここまで。

まぁ、撃ちモノで使う分には問題ないでしょう。


これでまたボコスカとバス釣っちゃって下さ〜い^_^



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR