お色直し

ベイトフィネス専用機として使っているKTFチューンのアルファスとPX。

タックルセッティングの傍ら、リールメンテの方もボチボチ始める事に。

せっかくバラすのなら、ついでにカラーパーツの組み込みも
P1110607[1]
アルファスとPXは共通で使えるパーツが多い。

サクッとメンテを終え、お色直しも完了。

マグダイヤルとダイヤルリングはスティーズ系(SS SV、AIRも含む)を流用。
P1150608[1]
ただしアルファスやPXはスティーズ系とはダイヤルのポジションが違うので、

PX、アルファス左巻き、右巻き共に→スティーズ系左用ダイヤルで組む必要がある。

クラッチレバーもスティーズ系(スティーズ用はロゴが入ってるので、SSAIR用を使用)の物に変更
P1150609[1]
スティーズ系の方が若干レバーの面積が広いので、クラッチを切った時の感触が良い。

一番やりたかったレベルワインドとメカニカルノブはアルファスAIRの物にチェンジ
P1150614[1]
メカニカルノブも赤(7.2ギア用)があるけど、メカニカルベースが赤い所に更に赤いノブを持ってくるとクドくなるので、敢えて黒をチョイス。

費用も1台辺り4000円弱と、サードパーティーのカラーパーツをゴテゴテ組むよりも安いかも。

リールの性能がUPする訳ではないけど、使っていてテンションはUPするのである意味有効なチューンかも?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR