自主練習

タックルのセッティングも一段落したので、今度はキャストの練習をしにフィールドへ
IMG_2236.jpg
9時半到着の時点ではまだ晴れているけど、午後から雨の予報…。


キャスティングの練習なんていつでも出来ると思われがちだけど、シーズンインしてからでは魚を釣りたい欲求の方が勝り、練習に集中できないもの。


タックルセッティングを行っていた時から、ピッチングがヘタになったな…と、思っていたので、今日はピッチングの精度向上がテーマ。

バスフィッシングに限った事ではないが、ハッキリ言って釣りというものは「場所」が一番大事。

けど、せっかくいい場所でもアプローチがダメでは話にならない。

庭で空き缶立てて練習したって精度の向上には繋がらないので、実際にフィールドでボートを操船しながら行う。


ピッチング用の撃ち物タックル3本積んで10時スタート。

練習で狙うのはこんなスポット
IMG_2245.jpg
目標はブッシュの奥に見える連杭。

これを、ピッチングによるスキッピングで、
「垂れさがる枝にラインが極力掛からないように」奥の杭まで打ち込む。


一見すると「そんなの無理じゃね?」とか思うけど、やってみると意外と出来たりするもの。

上手く行くと、枝の1本も掛からずにスパーン!と吸い込まれるように奥まで入っていく。

これが出来るか出来ないかだけでもキャッチ率は大きく違ってくる。

余計な枝を1本でも多く躱せれば、それだけルアーのフォール姿勢がより自然なものになるし、フッキングパワーも伝わりやすくなる。更にラインブレイクのリスクだって減らせる。

因みにパワーポールの使用は禁止。どんなシチュエーションでも固定出来るとは限らないからね。

あくまでもエレキでボートを操船しながら撃つ。

ルアーは、軽めのジグや、高比重ワームのノーシンカーと言ったスキップさせやすいリグ。


10回撃って、6~7回の成功率。

確率的には悪くないけど、これで「上手くね?」と、勘違いしてはいけない。

むしろ3~4回のキャストミスの方が問題で、こういう場所でのキャストミスは即、スポットを潰す事に繋がる。

さすがに100%の成功率とまでは行かなくても、もっと確率を上げたいところ。
IMG_2237.jpg
今まで行ってたタックルセッティングは、こういうスポットに低弾道でストレスなく撃ち込む為のセッティングを煮詰めていた。


段々調子が出て来たかな~と、思った矢先、ロッドティップで水面をバシッと叩いて、
IMG_2248.jpg
ハイ!終了~。

図に乗って油断するのが自分の悪い癖。

キャスト技術向上の前にメンタルから見直さないとダメなようです…。


こうした反復練習を重ねていると改めて釣りもスポーツの一種だな、と思い知らされる。


季節が進めば枝も伸び、葉っぱに覆われて更に狙いづらくなる。

一朝一夕でどうにかなるレベルの話ではないので、もっと練習を重ねないとな…。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR