ひろIZM

5thシーズン

2017/12/26

TYPEⅡ

導入と同時にシーズンOFFを迎えたスピニングタックル

釣果は来年に持ち越しか…

使い始めてまだ間もないけど、リールの感想でも

これまでダイワのバス用スピニングリールと言えば、フロロ使用時のトラブル軽減目的でスプールのテーパー角度をキツくした逆テーパー
IMG_0205.png

それに対し、17スティーズTYPEⅠ、Ⅱのスプールはストレートテーパー
IMG_0203[1]
その代わりに、スプールリングの1段下に小さなテーパーを設ける事でトラブルの軽減を狙っている模様

スプール自体のテーパーはストレートなんで、理論上では逆テーパーよりも飛距離は出るハズ

この辺はシマノのAR-Cスプールと狙いが似てるかな

フロロマイスターの6ポンドと太めのラインを巻いてるけど、飛距離に不満は無いし、今のところバサッとラインが出るようなトラブルも無い

ベールアームはイグジスト同様に継ぎ目の無いワンピースベール
IMG_0202[1]
剛性アップへの寄与だけでなく、ベールを戻した時のライントラブルにも貢献

2500番クラス最軽量の自重
IMG_0148[1]
IMG_0151[1]
ラインを巻いて、ZPIの軽量リールスタンドを付けた状態でも180g前半の軽さ

軽量ベイトリールばかり使ってたので、この自重がどれだけ軽いのかは実感は湧かないけど、スピニングは重心がリールシートの下に来るので、ココが軽くなるのは操作性に大きく関わって来るハズ

自分が感じたイイ部分はこんな所かな

次に残念だった部分も2つほど

まずは巻き心地

イグジストと同じフルベアリング仕様(12BB)で、更にマグシールドレスと来たものだからさぞ軽く滑らかなのかと期待してたけど、そこはやっぱりハイギアの宿命か、巻き心地はそれなり

17セオリーのノーマルギアと比べても明らかに巻きは重め

ただ、巻き感度は良いのでリップレスミノーやプロップベイトの様な巻き抵抗の無いルアーなんかにはリトリーブ中の変化を捉えやすい


もう一つはドラグ音

正直コレが一番萎えた部分で、「チキチキチキ」とハッキリ言ってかなり安っぽい音

17セオリーの方が「キンキンキン」と金属的で甲高く響くので、音だけならこっちの方がよっぽどいい

まだ魚を掛けてないので何とも言えないけど、このドラグ音でテンション上がるかなぁ…

とまぁ、最初の印象はこんな感じ

購入時は17セオリーと最後まで迷ったけど、底モノ専用で考えてたんでハイギアの中で一番軽い自重って事でスティーズに

せっかく本気で導入を考えて選んだタックルなんで、来年はしっかりと使い込んでモノに出来るようにならないとな

FC2Ad

まとめ