ひろIZM

5thシーズン

2018/07/21

気遣い

ウルトレックスに付けている盗難防止ノブ
IMG_0895.jpg
抑止力程度の代物だろうけど、まぁ、付けといて損は無いかな

でも…

ウルトレックスはエレキ本体とマウントを、このボルト1本で留めてる構造なんだけど、1つ問題が

純正のボルト同様、捻じ込み長が短くて、実際ボルトが効いてる部分が先端(色が変わってる部分)の4~5山分だけ
IMG_0892.jpg
本来なら、ボルトがブラケットを貫通するぐらいの締め込みが理想だけど、これだと中途半端な掛かり具合の為、緩む原因に

実際、ウルトレックスを導入してからまだ2か月足らずだというのに、既に2回も緩んでいた
(エレキ操船中にブラケットがグラグラしてるのに気づいて発覚)

これがもし緩んでいる事に気づかずに走行中に本体が外れ、吹っ飛んできたらと思うとゾッとする話

でも、マウント構造が同じフォルトレックスでは、こんな症状聞いた事無いし…

ウルトレックス特有の症状なのか?

とにかく予防策練る事に

盗難防止ノブに付いてるグレーの樹脂カラー(長さ36mm)だと長いので
IMG_0893.jpg
工具箱漁って使ってないソケット(長さ26mm)を見つけたのでそれをカラー代わりに

緩み留めのワッシャーも、標準のノルトロックワッシャーがイマイチ信用できないんで(実際、2回も緩んだ訳だし)、スプリングワッシャーに変更
IMG_0894.jpg

M8のスプリングワッシャーをカラーの上下に1枚ずつ挟んでガッチリ固定
IMG_0896.jpg
1枚目の画像と比べ、カラーが短くなった分、ボルトもブラケットを貫通してしっかりと効いている感じ

これなら余程の事が無い限り緩む事はあるまい


もう1つはエレキを降ろす際、自分なりに気を遣っている事を

マウントロープを引っ張ってエレキを降ろす際、従来のエレキと同様の引っ張り方だと
P7161353[1]
このように、ケーブルにロープが干渉して負荷が掛かってしまう

コレ、絶対にケーブルに良くないハズ…

そこで
P7161352[1]
このように出っ張り部分にロープを当てがいながら引っ張ってケーブルに干渉しないように工夫

こういった気遣いは、きっと無駄にはならないハズ

余計なトラブルを未然に防いで、ストレスなく釣りをしたいもんですな

FC2Ad

まとめ