ひろIZM

5thシーズン

2018/10/13

ブレーキ力UP

「肘」と「釣果」、二重の意味でウデが悪い今日この頃

あ、釣果は前からだわw

早く治ってくれ~


さて

2~3か月ほど前から試していたマニアックなチューニングネタでも


ベイトフィネスのみならず1/4oz以上、3/8oz以下の微妙なウェイトのルアーにも抜群のレスポンスを発揮するAIR機
IMG_0979.jpg
必要最小限のラインキャパで済む点も〇

ピッチングでの低弾道性能に関しては申し分ないんだけど、元々弱めのブレーキセッティングのため上記のようにべイトフィネスよりも少しウェイトのあるルアーでスキッピングや初速の付いた鋭いキャストをした時にブレーキが不足気味

以前スティーズに海外製のチューニングスプール入れた時も同様の悩みがあり、パワーマグチューンによるマグネット強化で対策した事があったけど、AIR機はメーカーによるマグネット強化のチューニングなんて行っていない

そこで磁力を強化出来ないのであれば、逆に「磁力を受ける側」を強化すればいいのでは?と閃き
IMG_0977.jpg
旧スティーズのSVスプールのインダクトローターを入手

左がAIRで右がSVのインダクトローター
IMG_0953.png
厚みが違う分、より磁力の影響を受けやすくなるって寸法

でもって移植
IMG_0972.jpg
ローターの厚みが増した分、若干スプールの自重(0.8g)は増えるけど、それでもSVスプールよりかは全然軽いんで問題なし

結果、全体的に2割くらいブレーキ力がアップした感じで、ブレーキダイヤルを弱めてもバックラッシュしなくなり断然扱いやすくなった
IMG_1032.jpg
特に7~9g台のプラグにおいてのアキュラシーと飛びは気持ち良過ぎ♪

あとはこれが釣果に繋がってくれれば…


FC2Ad

まとめ