デッキ構想

まだ台風の影響が残ってるのか、今日も爆風で釣りに行けない…。
仕方なくボート整備。

さて、ボートデッキを眺める事3分、前々から気に入らない形状のオフセットマウント
IMG_0770.jpg

気に入らない理由は、オフセットトレイ前部のスロープ形状。フロント全体がスロープ形状の為、ペダルが前寄りに付けられない。
06006-777100.jpg
この為、ペダルの踏む位置(エレキ操船時の立ち位置)が後ろ寄りなのだ。
ペダルをもっとバウ寄りに出来ればキャスト時にエレキのヘッドに気を遣わなくて済むのでキャストしやすくなる。
ということでネットを駆使し、様々な形状のオフセットトレイを探していたが、意外な所から理想の形状のトレイが出て来た。
IMG_0762.jpg
これはサウザー450のオフセットマウント。この形状ならケーブルを逃がすスロープ部分が最小限だし、トレイ前側が垂直なので、ペダルもかなり前までずらして付けられそう。
そこで450乗りの大ちゃんにサイズを調べてもらい、素敵な図面(笑)を送ってもらう。
IMG_0760.jpg
この寸法なら、自分のボートの現在空けてあるオフセットの穴にフロント凸部のスロープ部分のみデッキをカットするだけで
付けられ、ペダルの位置もかなり前寄りに持って来れそうな感じ…。
ただ、通常販売している395用のトレイと違い、450のトレイは一般販売してないので、単品で注文しても販売してくれるかが疑問。
取り敢えず注文できるかはショップからの回答待ち。

ひとまず寸法通りに枠を囲んでみることに、
IMG_0779.jpg
思った通り、かなりバウ寄りまで持っていける。
しかし、トレイ後ろ側の元穴が残るので、処理を考えなくては…。
などと思っていたら、同じ考えを持っていた勇者が実行に移した模様。
IMG_0769.jpg
大ちゃん…、思い切ったね…(;'∀') 高価な450艇のデッキを切るのは、さぞ勇気が要ったことでしょう!。
しかしコレは凄い!これだけ前にポジションを取れれば、キャスト時もエレキの存在が気にならなくなるだろうし、デッキ後方が広く取れるから、15フィートクラスとは思えないデッキの広さになるんだろうな。
こちらもやはり、元穴の処理に悪戦苦闘する事だろう。

バウ寄りのポジションでエレキを操船することになるので、落水のリスクは高まるので、注意しないとね(゚д゚)!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR