SS AIR感想

先日購入したSS AIR8.1L
IMG_0188.jpg
先日行われた交流戦で実戦投入したので、その感想でも。
機種の比較の為、こちらも用意して投げ比べてみた。
IMG_0184.jpg
画像左のT3AIR8.6Lにはスティーズ・ハーミットを、右のSS AIR8.1Lにはスティーズ・ハリアーFスペックをそれぞれ付けてみた。
2台とも、ラインはフロロ8ポンドを30mほど巻いてみた。
ブレーキセッティングは、T3AIRがオールラウンドモードで、マグダイヤル9、
SS AIRはマグダイアル4.5。メカニカルは、フリーから1クリック締めた状態で、このブレーキ値が、自分の場合、キャスティング&ピッチングでストレスなく投げることが出来る基準のセッティング。

投げてみたルアー達。
IMG_0186.jpg
後日、デジタルスケールで測ってみると、画像上から順に、「海爆シャッド」2.5g(メバル用)、「ドライブスティック3インチ」3.1g、
「との」3.8g(管釣り用)、「スモラバ&BFシュリンプ2.8(トータルで4.5g)、「ドライブクローラー4.5インチ0.8gネコリグ」5.5gという重量であった。

で、結果だが、個人的にはリールの違いによる性能差はほとんど感じられなかった。
どちらのリール共、単純に投げるだけなら、上記のルアー全て投げる事は出来るのだが、
正確なキャスティングをするなら、やはりそれなりのウェイトは必要ななってくる。
オーバーヘッドや、サイドキャストなら、3.5g位からが投げ易い印象。
ピッチングで正確にピンスポットに打ち込むなら4g位からが、やり易かった。
厳密には、Tウイングシステムや、ブレーキを細かく調整できるマグフォース3D、8.6ギアの超ハイスピード回収を備えたT3AIRの方に分がありそうだが、実釣面では体感出来る程の差は感じられなかった。
どちらも似たようなキャスト感覚で、回収スピードも若干の差はあるにせよ、体感的には同じようなものである。
ベイトフィネスで打ち込み系の釣りに使うのなら、3万円台そこそこで5万円台のT3AIRに迫る性能なので、
とてもアリだと思う。
リールも非常に軽く、握りこみやすい形状なので、使用感も良好であった。
IMG_0126.jpg
小さいながら、入魂も完了。

………。試合中にこんな事してないで、魚釣って来い!というツッコミは無しで。(笑)
以上、自分なりのインプレでした。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR