2016 10/15 利根川

穏やかな秋晴れの土曜日。

今シーズンのトーナメントを終えたmuraさんとノンビリ出撃。
PA150521[1]
今回もバックシートからボコスカ釣られそうな予感…。

6時スタート。
ここ最近の冷え込みが影響してるのか、水温は先週(と言うか、つい5日前)の20℃台からガクンと下がって17℃台。

スタート後、スロープから木下辺りまでの上流エリアを探ってみたけど、所々ターンオーバーしている上に、上流からアブク交じりの濁り水が降りて来てかなり水質が悪いので、見切りを付けて中流までUターン。

下流域の様子も気になったけどガソリンをあまり入れてこなかったので、遠出も出来ず。

なので今日は1日、中流域でガマン。


それでもウデのある方には関係なかったようで、(サイズの良い魚を抜粋)
PA150526[1]
PA150522[1]
PA150531[1]
PA150532[1]
朝の予感は的中し、フロント側で3本、バックシート側で6本の計9本も抜かれてしまった(@_@;)

やっぱスゲーわ。

一方、自分の方は、
PA150527[1]
PA150529[1]
1200クラス交えてなんとか5本キャッチ。

一応、ガイド?の面目は保てたかな?


日没どころか月が昇る時間まで2人して没頭
PA150539[1]
もはや夜釣りと言った感じ。


急激な水温低下のせいで魚の活性は全体的に低く、渋い感じはあったけど、終わってみれば船中14本と結構な釣れっぷりで楽しめたかも。

muraさん、お疲れ様でした!


-メインタックル-

(ひろ)
スティーズ・スカイレイパワープラス
KTF PXスーパーフィネス
フロロマイスター10lb
イージーシェイカー4,5インチ2,2gNSSネコ
イージーシェイカー5.5インチ1.8gNSSネコ

(muraさん)
スティーズ・ブリッツ
スティーズ103HL
ワイルドハンチ

2016 10/10 利根川

久々に世間と同じく3連休に。

連休最後の体育の日に出撃
IMG_2026[1]
終日曇天で、気温も殆ど上がらず。
朝から北東の風が吹いて、ウインドブレーカーを着ていてもかなり寒い。


水温20℃台。
水の中もそろそろ秋本番といった感じ。

スタートは秋らしく巻いてみたが、イマイチしっくり来ない。

そこで近くのブッシュを撃ってみると
IMG_2028[1]
キロサイズ。

嬉しいんだけど、なんか複雑な気分。
どうせなら巻きで獲りたいサイズ…。


その後は巻きでもポツポツと反応が
IMG_2031[1]
IMG_2029[1]
でもノンキーばかり。


途中、こんなゲストも
IMG_2032[1]
コイツもそろそろ見納めかな?

最後に巻きで何とか800クラスキャッチして終了
IMG_2037[1]
今日は巻き物メインのタックルで組んだけど、釣果のあったスピナベタックル以外はセッティングがイマイチ。

もう少しタックルバランス煮詰める必要があるかな…。


-タックル-
スティーズ・マシンガンキャストTYPEⅢ
スティーズSV6.3R
フロロマイスター14lb
ハイピッチャー5/8oz
ハイピッチャーMAX1/2oz

ジリオン701MXB
SS AIR8.1L
フロロマイスター12lb
ドライブスティック3.5、ヘビーウェイトネコリグ(3.5g)

2016 9/30 利根川

個人連休3日目の金曜日。

今日は釣りに行く予定では無かったけど、本来予定していた事が日曜日に回ったので急遽出撃する事に。

金曜なのに普段の土曜日くらいの人出に、一瞬曜日を間違えたかと錯覚。
P9300510[1]
20艇以上は出てたかな?


ゲレンデ到着は6時半くらいだったけどボートデッキの掃除と、セッティングにモタついてスタートは7時半…。
要領悪リィ~(-_-)


水温22℃台と、一昨日と変わらず。

一昨日のジメジメ、ムシムシした陽気から一転、今日は気温も上がらず肌寒く、薄着で来た事を後悔。

走ると寒いのでレイウェア着込んで寒さ対策。


釣果の方は…
P9300515[1]
P9300513[1]
P9300512[1]
ポロポロと釣れるものの、こんなサイズ(400~500g)ばかり。

唯一1本だけ空気を読んでくれた奴が居て
P9300514[1]
巻きでなんとかキロサイズ。


その後、1本追加したがノンキーサイズ。
一昨日のように釣り方がハマる事無く16時終了。

釣れてた人は2桁以上釣ってたようだけど、キロを超えるサイズは難しかった様子。


冴えない1日だったなぁ~。
って、冴えないのは自分の腕の方か…。










2016 9/28 利根川

今週は水、木、金と3日間の個人休暇を取り、土日を合わせて5連休に。

予定があるのが木、金で、土曜日はまだ未定。
日曜日はTBCがあり出船出来ないので、現時点で行けるのは水曜だけ。

というわけで、今日は出撃
P9280499[1]
平日なんでガラガラかな?と思ったけど、ポツポツとトレーラーが。

週末のTBCのプラかな?


6時30分スタート。

水温22℃台。
梅雨に逆戻りでもしたかの様なジメジメ、ムシムシとした陽気。


先週の大増水の時に比べればだいぶマシになって来たけど、高めの水位と白濁気味の濁りに加え流れも速い。


ここ最近、反応が良いバズからサーチ開始。

流れの当たるブッシユの際をトレースすると、中から勢いよく飛び出して来てバイト
P9280500[1]
900gくらい。
コンデイションも良く、流れに乗って良く引いた。

その後も同様の場所で再びバズで掛けるが今度はバラシ。


日が高くなってからはシェード狙いにシフトするがイマイチ反応が悪い
P9280501[1]
浮きゴミを丁寧にほじくってもこのサイズ。

その後も良さげなカバーを回っていくが、撃ちたいと思うカバーには、ことごとく先客(鴨)が陣取っている…。
なんでこんなに鴨が多いんだ…?


結局それ以上、カバーを撃つ気にならず。


正午からは雲が出て来てローライトコンディションに。


エリアを移動して再びバズでサーチ開始。するとここからラッシュがおとずれる
P9280504[1]
P9280506[1]
P9280507[1]
サイズこそ700~900ぐらいのキーパークラスだが、面白いぐらいに出るわ出るわの大フィーバーで、2時間ほどで10本もキャッチ。
(サイズ的に似た様なのばっかなんで割愛)

バラシや乗せきれないバイトもかなりあって、バズベイトだけで20バイト以上!

デカいサイズは出なかったけど、バズは使ってて楽しいルアーなんでこれだけ釣れれば満足♪

秋バズを堪能。


トータル12本キャッチで親指もボロボロ
P9280509[1]
撃ちモノの1本以外は全てバズと、久々にバズベイトがハマった1日だった。

-タックル-
スティーズ・マシンガンキャストTYPE2
スティーズ100SH(105SVスプール)
フロロマイスター14lb
ファイヤークラッカー1/2oz

今度は親指の付け根辺りがボロボロになるようなサイズでハマって欲しいな~。

2016 9/24 長門、将監川

台風によって刺激された秋雨前線によって、まとまった雨が降り続き、大増水となった利根川。

明日開催予定だった並木カップも中止に(T_T)

楽しみにしていただけにガッカリ。

とは言え、家でくすぶっていても気分は晴れないので釣りに。


本流は濁流&激濁りで釣りにならないので、今日は長門スロープ利用して長門、将監の支流オンリー
IMG_2008[1]
濃霧で視界不良の中、スタート。

水温は21℃台。


開始まもなくバズで
IMG_2012[1]
IMG_2010[1]
2投連続でバイト。
でも500~600くらいのキーパーサイズ。

やっぱりデカいのはカバーかな?


次に、冠水したブッシュカバーを撃って、撃って、撃ちまくる。

かなり本気モードで攻めるもまったくのノー感じ…。

撃ってダメなら巻いてみろって事で、今度はひたすら巻き物でサーチするも、こちらも全くの無反応。


あまりのバイトの遠さに
IMG_2014[1]
いっそ水門抜けて印旛沼で釣りした方が釣れるんじゃ…?


朝一の連発以降、バイトがないまま時刻は15時。

心折れかけて最後に入ったスポットで
IMG_2016[1]
800クラスキャッチ。
あ~、3本目まで長かった~。

結局釣れたのは全部バズベイト
IMG_2011[1]
-タックル-
ブラックレーベルプラス6101MHFB-G
スティーズSV6.3R
シーガーフロロマイスター14lb
ファイヤークラッカー(ジャッカル)


シビれるくらい渋かった支流釣行。

利根川本流、早く回復してくれ~。

2016 9/18 利根川

来週に迫った並木カップ。

昨年はエントリーしなかったが、今回はオファーが来たので参戦する予定。


関東へ向かって進路を取る台風16号。
もし直撃したら開催自体危ぶまれる状況だが、それでもプラはしときたいので出撃。

単独出撃の予定だったけどmuraさんが誘ってくれ、急遽タンデム釣行に
P9180482[1]
6時スタート。水温は先週と変わらず23℃台だったが、白濁した濁りが取れて水質はかなり向上。

開始1時間程度でまずは自分に
P9180478[1]
痩せてるけどナイスな1200クラス♪珍しく自分が先制。

続いてmuraさんに
P9180481[1]
こちらは800クラス。

この調子で釣れ続くかな?なんて思ったものの、午前中はバラシやショートバイトに苦戦し追加ならず。

雨風で荒れる予報が外れて釣りはしやすかったけど、降ったり止んだりでレインウェアを着たり脱いだり。


午後から入ったスポットでは魚の反応が出だして来て
P9180485[1]
同時ヒットなんて光景も。

この後もポロポロと釣れ、船中9本と数こそ出たが、サイズUPならず17時タイムアップ。
P9180486[1]
P9180484[1]
muraさん、お疲れ様でした。


来週の並木カップ、大丈夫かな?台風逸れてくれ~(>_<)




2016 9/11 利根川

今週も利根川へ
P9110462[1]
朝の準備の段階で既に雨ザーザー…。
今週もゲレンデはガラガラで、ボートも数える程度。


6時スタート。本流は相変わらず白濁した水。

水温確認するとなんと23℃台!いくらなんでも下がり過ぎ💦

こりゃ、今回も本流は無いな…と思い、支流へ。


支流に入ると水温は26℃~27℃台と高めで水質もステインと、本流とは大違い。
ただ、上に向かうにつれ濁りが降りて来て水温も低下していったけど。


雨パワーも手伝って魚は高活性なのか、ボイルも多発。

バズを投入するとすぐに反応が
P9110464[1]
P9110463[1]
500g、700gと連発。

今日はバズか!?と思ったけど、後が続かず。
たまたまタイミングが良かっただけかな?


そこで今度は要所で撃ち系にシフトすると
P9110474[1]
P9110473[1]
P9110472[1]
P9110466[1]
ノンキー、500g、900g、1100gと徐々にサイズUP。
こっちが正解かな?


昼頃になるとエレキのパワーがガクンと下がり魚探の電源がブチブチと切れだすトラブルが。
P9110468[1]
バッテリーのインジケーターが既に真っ赤…。
どうやら先週使って充電し忘れたやつを持って来たみたい…。

いつもはバッテリーは3発だが、この日は横着して2発しか積んでおらず。
バッテリーが上がる前に早上がりするハメに。


自業自得とは言え、このまま帰るのも悔しいんで、スロープに戻る前に最後の悪あがきで立ち寄ったスポットで
P9110476[1]
この日最大の1300g
たまには悪あがきするのもイイみたい(^^)


14時終了。

結局7本キャッチ、上から5本トータルも4500gとなかなかの釣れっぷり。
まぁ、雨パワーのおかげだろうけど。

今日はず~っとレインのフードを被りっぱなしだったので、首から肩に掛けてだるさが…。

明日も体バキバキの予感…。


-タックル-

スティーズ・リべレーター
スティーズSV6.3R
シーガーフロロマイスター14lb
02ビート、ラウドバズ

スティーズ・スカイレイパワープラス
KTFアルファスフィネスver2
シーガーフロロマイスター10lb
ドライブカーリー4.5 NSSネコ1.8g

スティーズ・フランカー
SS AIR8.1L
シーガーフロロマイスター14lb
01ジグ5g+キッカーバグ3.5

2016 9/3 利根川

2日目は利根川へ。

週末に予定されていたTBC第4戦が増水を考慮して中止になった事もあり、ゲレンデは5時の時点で自分1人だけ。
P9030449[1]
この後数艇来たものの、普段の土曜日に比べるとガラガラ状態。


今日は単独で出撃予定だった裏ばすさんを急遽誘ってタンデム釣行。

6時前スタートの時点で本流筋の水温25度台。

一時はスロープが浸かるほどの水位だったが、この日はボートを降ろせるぐらいまでは下がっていた。

それでも平水時と比べれば、まだまだ高めの水位。


厄介なのが白濁した濁りが全域に渡り回ってしまった事と、朝から吹いている北東の強風。

この状況下で本流筋では到底釣れる気がしないので、支流で避難モードのバスを探す事に。

支流に入っても白濁した濁りで厳しいことには変わりなく、なかなか訪れないバイトに二人して心折れかけたけど
IMG_1971[1]
P9030452[1]
やっとの事でキーパーサイズをキャッチ。

ハッキリ言ってノーバイトも覚悟していたので、サイズはともかく嬉しい。

午後からは別の支流に
P9030454[1]
本流よりはマシだけど、こちらも結構な濁り。


流石に今日はサイズUPは無理かな…なんて思ってたら
IMG_1970[1]
P9030456[1]
1130g、1290gと2本のキロクラスが!

2本ともイイ所にキャストが決まった瞬間のバイト。

居る所には居るもんだね~。


この後、支流を奥まで進んだ所で裏ばすさんが締めの1本キャッチして終了!
P9030458[1]
お疲れ様でした!


2日とも早朝からドップリと夕暮れまでやったのでもうクタクタ。

休み明けは体バキバキだな…(@_@;)

2016 9/2 印旛沼

会社の定めた個人休暇取得日数に達していなかった自分。

取得期限が目前に迫った為、やむなく休暇を取る事に。

これも大人の事情ってやつ?

木曜日から思いがけず4連休となったので、予定の無い金、土と釣りに。

2日連チャンで出来るんで、印旛沼と利根川をハシゴ。

金曜日は印旛沼に
P9020440[1]
早朝は濃霧で視界不良。

6時スタート。

先日の台風10号の影響か、印旛沼もかなりの増水。

水温もこの時期なら30度以上あるハズだが、台風による大雨で26度まで低下した模様。

例年凄まじいアオコも台風でほとんど無くなっていた。


増水してるなら、矢板の裏の葦に絶対付いているハズ!と予測し
P9020441[1]
ウエッピング作戦。

しかし不発…。

代わりに反応が良かったのが
P9020447[1]
P9020444[1]
先日買ったラウドバズでトータル5本キャッチ。

ただし、サイズはノンキーからキーパー程度。


今回の印旛はチョット自分には難しすぎたかも…。


翌日の利根川につづく…。

2016 8/21 利根川

台風7号通過後の利根川。

行っても厳しいと分かっていたけど、来週、再来週と行けないので、ダメ元でも出撃。


関東直撃は免れたものの、大雨の影響は避けられずスロープはゴミだらけ
P8210415[1]
かなりの増水と濁り。

大雨の影響もあり、水温は26℃~27℃台と先週より2~3℃低下。


今回は支流には入らず、敢えて本流筋でバスを探す。


スタート後、トップから入ろうかと思ったけど、酸欠で水面パクパクやってるボラやレンギョの群れを見る限り、トップって感じじゃ無さそう。

なので今日はブッシュカバーメイン。

濁りの影響を考慮して、インサイドベンドにあるブッシュカバーに狙いを絞っていく事に。


ブッシュの奥にジグをねじ込んでようやく1本目
P8210416[1]
サイズは800g前後。


ハイウォーターなんで、普段は入れないこんな場所もにも侵入
P8210418[1]
居れば1発だろって感じの場所だけど…、
P8210420[1]
P8210419[1]
釣れるのはこんなサイズばかり…。


15時前、とあるテトラ帯を流していると、テトラの奥でエビが跳ねてボイル発生。

手持ちのタックルで直ぐに投げられるのがフロッグだったので、すかさず投げると、ドカン!と炸裂。

フッキングと同時にテトラの中に入ろうとするのを、ロッドを立ててゴリ巻きで強引に寄せる。

3列並んだテトラの1列目(1番奥)を乗り越えた所で魚体確認、どデカ!50ぐらいある!

2列目クリアし、勢いそのままに3列目を乗り越えた瞬間、フロッグが外れて無念のフックアウト(T_T)/~~~

バレた瞬間、ショックのあまりしばらく放心状態だったし…。


その後は一気にやる気も無くなり15時30分終了。



チッキショ~、次回必ずリベンジしてやる~( `ー´)ノ









2016 8/15 利根川

お盆休み終盤の利根川へ。

気合を入れて、深夜にゲレンデ入り。

ここ数日、夜はエアコン要らずの涼しさなんで車中泊も苦にならず。

早朝は雲が厚く、日の出も拝めず。

4時半ランチングの時点でもこの暗さ。
IMG_1954[1]
水温は28℃~29℃台。

本流はまだ、かろうじて30℃以下をキープ。


スタート後、中流域の要所には目もくれず下流域まで一気に下る。

水位はここ数日高めの状態をキープしているようなので、水が多い時に期待が持てそうなスポットを周っていく。

開始数投で景気よく水面炸裂
IMG_1956[1]
全身オレンジカラーのハイアピールチューンを施したフロッグで950g。

やっぱり全身がオレンジだとダントツで視認しやすい。

出た時にフロッグを持って行ったかどうかの見分けが一瞬で付くから、フッキングのタイミングも掴みやすい。


と、良かったのはここまで。

その後もフロッグで追加を狙うが反応も無く、日が差して来てからは気温も一気に上昇。

南西の風が吹き出してからは巻きにシフトするが、ノンキー1本のバラシのみ。

反応の無さに加えて睡眠不足が重なり、こうなると訪れるのが睡魔との闘い。

結局、抗う事が出来ず11時前にはダウン…zzz。


昼寝から起きると、時刻は何と13時…(汗)
2時間も寝るなんて、お盆休みの疲れがどれだけ溜まってたんだろ…。


釣り再開するも、なんだかかったるくて、やる気も起きず。

14時にはスロープに戻って早上がり。
IMG_1748[2]
ゴメンな~。今日は何もあげる物無いんだよ~。


ゲレンデ泊までして臨んだ割には、なんとも冴えない釣行だったなぁ…。


台風7号の進路が気になる…。

関東直撃したら、また利根川リセットされるな…。

逸れてくれないかな~。



2016 8/12 利根川

お盆休みに入り何かとバタバタしてるけど、合間を縫って出撃
P8120402[1]
先週の濁りも大分落ち着いてきて、釣れそうな水に戻って来た。

6時スタート。
スタート後、対岸で親子フィッシングを楽しむ裏ばすさんに、メンテで預かっていたリールを渡しつつ、情報交換。


会話の中で「トップは表層水温が上がり過ぎて出ないんで、ワーム沈めた方がいいですね~」などと言っておきながら、開始1時間フロッグを投げまくる天邪鬼な自分。(笑)

結果、何発か出たものの、大抵フロッグの後ろでガボッとやったり、スカートつまんで引っ張るだけなどで、1本もキャッチ出来ず(-_-)

これじゃ魚スレさせてるだけだな…って事で、素直にワーム沈めてみると
P8120403[1]
P8120404[1]700g、800gと立て続けにキャッチ。

水面への反応とは逆に沈めてあっさり食ってきた所をみると、濁りが取れて来た事で食いが立っていると判断。
そこで最近気に入っているエリア(出ればいいサイズ)に直行しサイズUPを狙う。

エリア到着後、直ぐに反応が
P8120407[1]
久々に使ったスモラバで1300gキャッチ。
やっぱりここは釣れればサイズが良いわ。


今日はあまりランガンする気になれず、午後からは支流に。

途中、濁りが強くUターンしようかと思ったけど、奥までズンズン進んで水深が浅くなって来た辺りで
P8120410[1]
短時間で3本キャッチしたものの、みんなこのサイズ。


16時、支流を出て午前中に良いサイズが出たエリアに入り直す。

最近使い出したドラクロにクリソツなパチモンGO!
P8120413[1]
すると、今日イチサイズの1400gキャッチ。
P8120411[1]
パチモンでも、問題無く釣れますな!

違う意味では大問題だけど…。

ラスト、スロープに戻る前に寄ったスポットでキーパー追加して終了!
P8120414[1]
トータル8本キャッチで、思いのほか楽しめたかも。

本音を言えば、トップ(特にフロッグ)で出したかったけど。


今日はストレート系より手足がバタバタ動くワームの方が良かったけど、たまたまかな?
P8120415[1]
帰ったらまたリペアしよ。


お盆休み中、もう1回くらい来れるかな?

それまでにゲリラ豪雨で濁ったりしませんように…。

2016 8/6 利根川

梅雨明け後の利根川へ。

梅雨明けから1週間、連日のうだるような暑さと仕事の忙しさでバテ気味。

それでも釣りには行きたいんだから、例えるならデザートは別腹みたいな感じのノリ?


火曜から木曜に掛けてのゲリラ豪雨で利根川はかなりの濁りと増水。

スタート後、本流の様子を軽く見て回ったがテトラやカバーの中までも濁りが入ってしまっているので、こりゃ本流は厳しそうだなって事で支流に。
P8060395[1]


長門の水門をくぐってすぐにお宝(ルアー)発見。

ラッキー♪と思いながら回収すると、ラインも付いており手繰ってみると
P8060394[1]
フロロの16ポンドくらいの太いラインが20m位付いてた(汗)

多分オカッパリだと思うが、このラインの切り方は無いだろ!

ボートの航路上に引っかかってたんで、気づかなければ完璧エンジンのペラに絡んでただろうな。


カバーを撃ち続け、2本キャッチしたものの、
P8060396[1]
2本ともノンキーサイズ。

午前中はほとんど風が吹かず、ジッとしてるだけでも汗がダラダラと出て来る暑さ。
水温も場所によっては33度台なんて所も。

たまらず午後からは本流に。

要所をジックリ探って何とか2本キャッチしたが
P8060399[1]
P8060400[1]
やっぱりこのサイズ。


18時まで頑張るも、結局サイズUPならず終了。

うーん、渋い…。

この濁りが取れないと、自分には手に負えない感じ…。

お盆休み釣行はフィールド変えようかなぁ…。








2016 7/22~7/24 利根川(フレンドCUP)

世間とはズレた休み方をするウチの会社。
金曜日から5連休。

前半の3日は釣り。
IMG_1913[1]
金、土とフレンドCUPのプラに充ててから、本戦に望む形に。

金曜日は中流域~下流域までの要所を、水質を見ながらざっくり探る
P7220363[1]
P7220364[1]
エリアによってはまだ水が悪いところもあるが、水温、水質、共にだいぶ落ち着いて来た感じ。

北東の嫌な風に苦労しつつも何とか感触を掴め、15時終了。


翌日の土曜日は夕方までプラ。
(写真撮り忘れで2日目以降、魚の画像はありません)
P7230373[1]
試行錯誤の末、明日の本戦に期待が持てそうな感触を掴みつつ、17時終了。


でもって迎えた本戦
P7240374[1]
58艇の参加。

スタート後、2時間程度で待望の1本目。

サイズは1200クラスと良いスタートだったが、その後は後が続かず。

この日も北東の嫌な風に加えて水位も低め、さらに前日に期待していたエリアが機能せず大苦戦💦

その後、何とかキーパーサイズが混じったが、結局リミットメイクならず2本でウェイイン。


トーナメント終了後のビンゴ大会で当たった景品は
IMG_1925[1]
………。
釣りの時に付けて笑い取れって事かな…?

魚どころか誰も寄って来なくなるかもな(笑)


昨年は猛暑の中での開催だったけど、今回は梅雨明け前で比較的過ごしやすい中での開催だったんで体は楽だったかな。

結果は振るわずだったけど、久々のトーナメントだったんでいい刺激になったかも。

スタッフ並びに、参加された皆さん、お疲れ様でした。

2016 7/17 利根川

世間的には3連休中日の日曜日。

自分(会社)は普通の土日休みだが。

来週開催のフレンドCUPで同船のオファーが来たので、今日はそのプラ。

連休の真ん中だけあって、早朝からゲレンデはたくさんのトレーラーが。

混み合う前に手早く準備済ませ、さっさとランチング。


え~、この度ボートを乗り換えました(笑)
P7170355[1]
と言うのは冗談で、OECさんのボートのランチング手伝い。
しっかし、スゲー装備だなコレ…。


金曜日の大雨の影響で、増水&濁り。
水温も若干低下して25度台。

ここ1ヵ月くらい好調だったエリアを周るが、ことごとく無反応…。

水が入れ替わって、完全にリセットされた感じ。
はぁ~、またイチから探し直しかぁ~…。


水質がマシなエリア求めて下流まで下った所でようやく、
P7170358[1]
P7170356[1]
ポポンとキロ連発。
やっぱり水がキーかな?

この後、水の入れ替わりを期待して中流域まで戻ってみたが、相変わらず水質は悪いままで、反応も得られず14時前に早上がりする事に。


う~ん、雲行きが怪しくなって来たかも…。来週、大丈夫かな…。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR